陣馬形山(1445m) 南ア・中アの展望台

◆ 山行記録

山行概要

山行日 2002年11月10日(日)
仙丈ケ岳 @陣馬形山
天気 晴れ、微風
コース概要 陣馬形山登山口---陣馬形山(往復)
装備 9kg(日帰りハイキング)
食料 行動食(1食)+水(1リットル)
同行者 家内とその友人
企画 里山の紅葉と新雪のアルプス展望

行動記録

【11月10日(日) 晴れ、6℃】

岡崎(700) === 足助サークルK(755,805) === 飯田IC(935) === 座光寺PA(940,950) === 松川IC(1000) === 陣馬形山登山口(1035,1050) --- 陣馬形牧場(1210) --- 陣馬形山(1225,1350) --- 陣馬形牧場(1405) --- 陣馬形山登山口(1455,1505) === 清流苑(1535,1645) === 松川IC(1650) === 飯田IC(1700) === そば「末広庵」(1720,1745) === 岡崎(2000)

陣馬形山 行程図
この画像は国土地理院発行の数値地図25000飯田を使用して編集しました。

◆ 山行資料

各種機関 (役場、医療、警察、消防、交通)

飯田市役所 0265-22-4511 健和会病院 0265-23-3115
中川村役場 0265-88-3001 輝山会記念病院 0265-26-8111
飯田警察署 0265-22-0110 飯田市立病院 0265-21-1255
飯田広域消防本部 0265-23-0119 松川温泉清流苑 0264-36-2000

◆ 日誌と写真

行動日誌

【11月10日(日) 晴れ、6℃】

 Aコープ美里店の手前カーブのところに登山者用の駐車場がある。案内図によるとここから手取沢に沿って舗装された里道を登る(山頂まで6km、約3時間)ことを勧めている。しかし、我々は予定通り林道陣馬形線まで車で上がる。細道を風三郎神社の石碑まで上がり、ここを左折し登山口の近くの駐車余地に車を止める。

登山者用PKGの案内図 拡大

林道陣馬形線登山口PKG(林道脇に止める)
  登山道は良く整備され歩き易い。また道標も真新しく安心感がある。モミジの紅葉、カラマツの黄葉、そしてアカマツ、ヒノキの緑が彩りを成し、里山の秋を楽しみながら登って行く。

モミジの紅葉

カラマツの黄葉
 カラマツ林の登山道は優しい黄金色の光に包まれている。途中、奇怪な枝ぶりの赤松の大木に目を惹かれる。

カラマツ林の登山道

赤松の大木
 4度林道を横切り、丸尾のブナを過ぎると陣馬形牧場は近い。

ムラサキシキブ(実)
 
丸尾のブナ 拡大
 ここからは右手に南アルプスを展望しながら山頂まで舗装された林道を行く。時折通る車が鬱陶しい。山頂広場は戸倉山キャンプ場で、避難小屋(開放)、あずま屋、ベンチ、トイレがある。ベンチで昼食を取りながら中ア、南アの展望が楽しめる。

陣馬形山キャンプ場案内 拡大

陣馬形山山頂にて
 三角点のある山頂には展望用の双眼鏡(無料)が設置されている。伊那谷が眼下に広がる。伊那谷の向うには中アの峰々が続くが、稜線付近の雲が取れず、時折南駒ケ岳と空木岳が顔を覗かせただけだ。

伊那谷と中央アルプス
 
 反対側には南アルプスの3000m超級の高峰が白く輝きいっそう高く大きく感じる。
 仙丈ケ岳     北岳  間ノ岳 農鳥岳        塩見岳       荒川三山 赤石岳 聖岳

南アルプス
 黄葉の里山の奥に聳える白き峰が澄み切った秋空にクッキリと浮かぶ。
北岳                          間ノ岳

南アルプス
荒川三山                         赤石岳

南アルプス
【感想】
 暖かな日和に恵まれて里山の紅葉とアルプス展望を楽しめました。登り下りとも脚に優しい登山道で何方にでもお奨めできるコースです。時間が許せば登山者用PKGから歩いて里の秋を味わうのも良いプランだと思います。
Topページ「アルプスの恋歌」へは、http://www.lares.dti.ne.jp/~k-hataをURL入力して戻って下さい。