赤兎山(1629m)

【山行概要】

予定コース
1日目 : 岡崎 ** 名古屋 ** 福井 ++ 勝山 == 小原林道終点 -- 小原峠 -- 赤兎山 -- 避難小屋(T.S)
2日目 : 避難小屋 -- タンドウ谷出合 -- 鳩ヶ湯 == みずごう -- シャクナゲ平 -- 荒島岳(T.S)
3日目 : 荒島岳 -- シャクナゲ平 -- 銀嶺荘 -- 勝原 ** 福井 ** 名古屋 ** 岡崎
山行実施日 1997年4月27日(日)
〜4月29日(火)

〔山中2泊3日〕

赤兎山(小原コース)案内
報告書作成日 1997年4月29日
同行者
装備 O:28kg
地図(五万図) 越前勝山、荒島岳

【行動記録】

日程
行動記録
4/27(日)
岡崎(6:58)****名古屋(7:42,7:56)****福井(10:00,10:10)++++勝山(11:05)====小原ダム(11:25,11:50)----橋B(13:10,13:20)----小原林道終点(13:55,14:15)----C1310m(14:50,15:00)----小原峠(15:25,15:30)----大舟山分岐(16:00,16:10)----赤兎山(16:25)----避難小屋(16:35)
4/28(月)
霧/雨
避難小屋(6:00)----赤兎山(6:30,6:45)----林道終点(7:55)----小原村(10:25,10:45)====勝山(11:05,11:33)++++福井(12:30,13:00)****名古屋(15:06,15:18)****岡崎(15:46)


【日誌】

【4/27】
・予定通りの乗り継ぎで勝山に着く.タクシーで林道終点まで行くつもりだったが,小原ダムで降ろされた.予定外のロードを強いられ,1時間以上遅れて林道終点に着いた.
・林道終点には登山口を示す道標と水場がある.夏道に沿って雪上を歩く.トレースは小原峠手前で峠を避けるように右に曲がって行く.
・大舟山分岐への登りは急なので,ステップを刻んで慎重に登る.振返ると大長山が大きく威圧してくる.
・踏み跡は大舟山分岐も通らず,東斜面を巻くように赤兎山頂へと続く.登るにつれ左手に白山から別山,三ノ峰と続く主稜線が見えてくる.春のやわらかな陽射しを浴び,時を忘れて佇んでいたい.
・快適な小屋に一泊する.同宿者1名.出入口,窓がアルミサッシに改装され,トイレも清潔で,地元大野山岳会の手入れと利用者のマナーの良さに爽やかな気分になる.

<大長山:大舟山分岐への急登にて> <白山:大舟山分岐付近>
<別山、三ノ峰:大舟山分岐付近> <経ガ岳:大舟山分岐付近>
<白山:赤兎避難小屋から> <赤兎山山頂>
<小原峠から小原集落までの長い林道>

【4/28】
・今日は,鳩ヶ湯に下山しその足で荒島岳山頂を目指す予定だったが,濃霧(視界20m)のため,往路を戻ることにした.
赤兎山(1629m)山頂から携帯電話でタクシーを予約する.荒島岳は秋に訪れることにしようと自分に言い聞かせながら、小原集落までの長い林道歩きをはじめる.


 Topページ「アルプスの恋歌」へは、http://www.lares.dti.ne.jp/~k-hataをURL入力して戻って下さい。