法恩寺山(1357m)  何故か中ノ平小屋へ・・・

◆ 山行記録

山行概要

山行日 2005年2月19日(土)
法恩寺山(1357m) @駐車場P4
天気 2/19(土) 曇り時々小雨、弱風、6℃
コース概要 スキージャム勝山--中ノ平小屋(往復)
装備 9kg(ツェルト携行日帰りハイキング)
食料 行動食(1)、水(2.0L)
同行者 OAC会員6人
企画 持篭(モッカ)谷山中止で法恩寺山へ
中ノ平小屋で甘党昼食会

行動記録

【2/19(土) 曇り時々小雨、弱風、6℃】
岩津市民センターPKG(420) ==0:10== 豊田東IC(430) ==0:40== 一宮JCT(510) ==0:25== 長良川SA(535,600) ==0:35== 白鳥IC(635) ==0:35== 道の駅「九頭竜」(710,720) ==0:40== 真名川ダム(800,845) ==0:45== スキージャム勝山PKG(930,1015) --1:45-- 中ノ平小屋(1200,1320) --1:40-- スキージャム勝山PKG(1500,1510) ==0:15== 勝山温泉「水芭蕉」(1525,1610) ==0:20== 福そば(陽明店)(1630,1730) ==1:10== 白鳥IC(1840) ==0:40== 関SA(1920,1940) ==0:20== 一宮JCT(2000) ==0:40== 豊田東IC(2040) ==0:10== 岩津市民センターPKG(2050)

中ノ平小屋 行程図 (GPSの軌跡をプロットしてみました。一部データ抜けあり)
この画像は国土地理院発行の数値地図(地図画像)金沢を使用して編集しました。

◆ 山行資料

各種機関 (役場、医療、警察、消防、交通)

勝山市役所 0779-88-1111 木下病院 0779-87-3333
勝山警察署 0779-88-0002 勝山病院 0779-88-0350
勝山消防署 0779-88-0400 スキージャム勝山 0779-87-6109
深谷病院 0779-88-0011 勝山温泉「水芭蕉」 0779-87-1507
たけとう病院 0779-88-6464 福そば(陽明店) 0779-66-6060
勝山タクシー 0779-88-0251 めん工房 きふね 0779-87-2778
各種機関 (役場、医療、警察、消防、交通)
大野市役所 0779-66-1111 広瀬病院(大野市城町) 0779-66-3510
大野警察署 0779-65-0110 松田病院(大野市要町) 0779-66-6090
蕨生駐在所 0779-65-6844 そば処「登右衛門」 0779-78-2725
大野消防署 0779-66-0119 そば処「なかやま」 0779-78-2410
大野タクシー 0779-66-2225 九頭竜温泉「平成の湯」 0779-78-2910

◆ 日誌と写真

行動日誌

【2/19(土) 曇り時々小雨、弱風、6℃】

 「福井の雪山」でマークしていた持篭(モッカ)谷山を計画し、週間予報で土曜日の天気を気にしていた。直前の予報で「雨降りながら降水量が1ミリ以下」と少ないため、現地までは行くことにした。3連休の翌週で空いているものと思っていたが、雨にも拘らず長良川SAはボーダー(もはやスキーヤーは少数か?)で賑わっていた。そろそろ学生は年度末試験後の休みなのかも・・・。

 小雨が降ったり少し青空が覗いたりと空模様の移り変わりに気を弄ばれながら真名川ダムに到着する。意外に雪が少ないのに驚いた。まずは真名川ダム管理支所に駐車場所を伺いに行く。すると、所員から「今日は止めた方が良い」とアドバイスをいただいた。昨夜来暖かい雨が降り続き、雪が重たくなって底雪崩の危険がある。国道沿いも結構崩れているとのことである。

真名川ダム管理支所

真名川ダム
 とりあえず登山口まで行って様子を見ようとダムを渡る。対岸の道路は雪が積もって斜面となっている。ガードレールがあるので安心感はあるが、川面まで高度差があるため積雪が多いと結構緊張しそうだ。暖かい雨で”ジュクジュク雪”となった上をスニーカーで進むが、壺足がひどくなり途中で諦める。結局、コンディション不良のため持篭(モッカ)谷山は中止とする。

持篭(モッカ)谷山方面

登山口へのアプローチ
 そこで、今日の天候でも安全に行ける処としてスキージャム勝山からの法恩寺山に決める。
 勝山に向かう道中で未練で振り返るが、荒島岳は山頂付近が雲に覆われていた。持篭(モッカ)谷山に登ったとしても、お目当ての”雪の荒島岳”展望は叶わなかったであろう。

 有料道路と除雪協力金(合計1,300円)を払い、登山者用の駐車場P4に車を止める。法恩寺山はハッキリと見えている。スキーパトロールに登山届けを出しバラエティ・クワッド(800円)に乗る。ファンタジー・クワッド(800円)を乗り継いでP1240mまで上がり、なだらかな尾根道(スキーコース)で山頂を目指すつもりでいたが、リフト券の手配違いがあり、ファンタジーは取り止めて広域林道法恩寺線に入り、中ノ平小屋経由での夏道コースに変更する。

法恩寺山(1357m) @駐車場P4

除雪終点でワカンを履く
 林道の眺めの良い所で、しばしモノクロームの雪景色を楽しむ。
日野山 文殊山 剣ヶ岳 九頭竜川

九頭竜川西側の山々 @広域林道法恩寺線
九頭竜川 鷲ヶ岳 浄法寺山丈競山 みつまた山 大日山→

九頭竜川北側の山々 @広域林道法恩寺線
 イリュージョン・プラザへのコースを左に分けて、右手の法恩寺線を進む。直ぐに除雪終点となる。ここから、いよいよラッセルを覚悟しワカンを装着するが、何と雪が良く締まっているではないか。ほとんど潜らないのだ。ラッセルを楽しみに来た者もいるのに拍子抜けする。
 中ノ平小屋への分岐を過ぎても、雪道の状況は変わらない。それならと、遠回りは止めて小屋へ直進する。

法恩寺線から左に分岐し中ノ平小屋へ

雪が締まっているので小屋へ直進する
 中ノ平小屋で”雪遊び”恒例のぜんざいを作る。アルコール抜きの甘党昼食会で盛り上がる。

中ノ平小屋

中ノ平小屋
 天気は相変わらずで小雨が降ったり止んだりを続けている。小屋に上がりこんだ時点で山頂は諦めていたが、少しはラッセルをと小屋からスキー場へ樹林を進んだ。しかし、一向にラッセルにならず。また、途中の斜面で”弱層テスト”をするも、雨が浸透していて層が曖昧になっていた。とても2月の雪質とは思えない。

弱層テスト

雪に埋もれたコンテナ(積雪2m以上)
 ボーダーに注意しながらゲレンデを通行し、ワカンを外してリフト(無料)で降りる。場違いな身なりに視線を感じ落ち着かないので、早々に立ち去り、あとはお決まりの温泉とお蕎麦を目指す。

ボーダーに注意して通行する

ワカンを外してリフトで降る
【感想】
 持篭(モッカ)谷山は時期をあらためて計画します。雪の状態とお天気の良い時を選びたいものです。
 Topページ「アルプスの恋歌」へは、http://www.lares.dti.ne.jp/~k-hataをURL入力して戻って下さい。