持篭(モッカ)谷山 (1120m)

◆ 山行記録

山行概要

山行日 2005年3月20日(日)
白山、別山、荒島岳 @五葉松林
天気 曇り時々晴れ、微風、6℃@持篭谷山
コース概要 真名川ダム--持篭谷山(往復)
装備 9kg(ツェルト携行日帰り雪山装備)
食料 行動食(1),ぜんざい,水(1.5L)
同行者 OAC会員4名
企画 雪の荒島岳鑑賞

行動記録

【3月20日(日) 曇り時々晴れ、微風、6℃@持篭谷山】
岩津市民センターPKG(415,425) ==0:05== 豊田東IC(430) ==0:30== 土岐JCT(500) ==0:15== 美濃加茂SA(515,520) ==0:10== 美濃関JCT(530) ==0:30== 白鳥IC(600) ==0:10== 油坂料金所(610) ==0:50== ローソン大野店(700,715) ==0:05== 稲郷駐在所(720) ==0:10== 真名川ダムPKG(730,825) --0:10-- 登山口(835) --0:35-- 尾根(910,920) --1:55-- 五葉松林(1105,1120) --0:20-- 持篭谷山(1140,1200) --0:15-- 五葉松林(1215,1305) --0:50-- 尾根上(1355,1400) --0:20-- 登山口(1420) --0:15-- 真名川ダムPKG(1435,1450) ==0:10== 稲郷駐在所(1500) ==0:25== あっ宝らんど(1525,1625) ==0:05== 福そば陽明店(1630,1710) ==1:05== 油坂料金所(1815) ==0:10== 白鳥IC(1825) ==2:00[渋滞]== 岐阜大和PA(2025,2035) ==1:35== 豊田東IC(2210) ==0:05== 岩津市民センターPKG(2215)

持篭谷山 行程図 (GPSの軌跡をプロットしてみました。一部データ抜けあり)
この画像は国土地理院発行の数値地図(地図画像)を使用して編集しました。

◆ 山行資料

各種機関 (役場、医療、警察、消防、交通)

大野市役所 0779-66-1111 松田病院(大野市要町) 0779-66-6090
大野警察署 0779-66-3900 広瀬病院(大野市城町) 0779-66-3510
稲郷駐在所(大野市稲郷) 0779-64-1905 あっ宝らんど 0779-66-7900
大野消防署 0779-66-0119 福そば陽明店 0779-66-6060

◆ 日誌と写真

行動日誌

【3月20日(日) 曇り時々晴れ、微風、6℃@持篭谷山】

 豊田東ICから入り、昨日開通したばかりの東海環状自動車道で美濃関JCTへと走る。距離が短い分、名神一宮JCT経由より時間短縮が図れるはずだ。但し、このルートでは長良川SAを通らず、また途中のハイウェイオアシスは7:00から営業開始のため”朝食会場”に困ることが分かった。

 美濃白鳥ICが近づくと、先週登った大日ヶ岳が真っ白な山肌の頂を赤く染めて正面に出迎えてくれた。東の空も朝焼けで雲が朱に染まっている。天気予報どおり下り坂の兆候だ。途中、稲郷駐在所に立ち寄り「登山届」を提出する。日曜日なのに朝早く駐在さんを起してしまい申し訳なく思った。真名川ダムまでのR157は雪融けに伴う落石が道路上に点在していた。”石との遭遇”がないことを祈りながら通過する。

 ダムのゲート手前の駐車場に車を止める。ダム上の雪もほとんど融けていた。登山口まで一人で下見に行く。ダムを渡ったところに奈良と福井の車2台が止まっていた。他に入山者がいるかも・・・と安心する。

「真名川ダム管理支所」手前の駐車場

「真名川ダム管理支所」とトイレ(右)

真名川ダムを渡り対岸へ

対岸に登山者?の車が2台、除雪はここまで
  ここから雪の上を歩くことになるが、良く締まっていてほとんど沈まない。慰霊碑を過ぎて暫く行くと、左手に山腹への取り付きがある。近くに登山口を示す目印はない。この先に進んでも、急な斜面が続いているだけで取り付けそうな場所はない。先ほどの場所を登山口と決める。

北斗七星と天の川がデザインされた慰霊碑

ここが登山口

真名川ダム方面 @登山口

持篭(モッカ)谷方面 @登山口
 車に戻り身支度を整える。同行者は既に出発準備が完了していた。トイレはダムの管理棟手前にあり利用できる。登山口から雪混じりの山道となる。急斜面にジグザグにルートが付けられているが、残雪に惑わされ進み過ぎてルートを失ってしまった。確認できるところまで戻れば良かったのだが、「ここの登りはこんなものなのかも知れない」と思い込み、適当な斜面を笹や枝につかまりながら強引に尾根まで登ってしまった。帰路も同じ地点から下降を始めたが、俯瞰のお陰で正規ルートを見つけることができた。往路に見落とした曲がり箇所に赤テープを打っておいた。

急斜面の山腹をジグザグに登る(右へ)

折り返して登る(左へ)

ここでもう一度折り返す(右へ)

尾根まで続いているもよう(下山時に確認)

往きはルートを失い強引に直登した

漸く尾根上に出る
 尾根に登ってしまえば、ここからは快適な残雪歩きとなる。モッカ谷山までワカンを履くこともなかった。尾根の最初では50センチほどの残雪だが小潅木やササがなくブッシュに悩まされることはない。

ここからは疎らな林を行く

幅広尾根のなだらかな登りが続く
 登るにつれブナの巨木が多くなり、林が明るくなってくる。木の周りは融雪が進み春近しを感じる。幅のあるゆったりした雪原状の尾根をブナ林を楽しみながら坦々と登っていく。

左手後方に経ヶ岳が見えてくる

左手前方には目当ての荒島岳が・・・
 木立が疎らな林と言えども、白山や荒島岳への展望がスッキリとしない状況が続くので、五葉松林まで随分道程が長く感じた。

同じような景観の林が続く

要所に赤テープを打って進む
 五葉松林の平坦部に至り、眼前の荒島岳、左手後方に白く佇む白山、別山を眺め廻し歓声を上げる。

小荒島岳の尾根越しに白山と別山が姿を見せる

凛と聳える雪の荒島岳 @五葉松林

P1209m(右端)から荒島岳(1524m)へと雪稜が続く @五葉松林
 持篭谷山まで展望を楽しみながら雪原を歩く。新しい雪が表面を覆っており純白の雪原が続く。

持篭谷山 @五葉松林

展望を楽しみながら雪原歩き
 持篭谷山の頂上直下は勾配が急なのでキックステップで登る。

頂上直下は急勾配

山頂まであと一息
 持篭谷山は丸い山頂だが余り広くはない。360度の大展望を十分満喫してから風が吹き抜ける山頂を後に五葉松林まで戻る。

銀杏峰(1441m)、部子山(1464m)方面

九頭竜川と大野盆地、浄法寺山、大日山方面

経ヶ岳(1625m)、赤兎山(1629m)方面

荒島岳(1524m)  拡大

P1209mと縫ヶ原山(1317m)、モッカ平方面
能郷白山  姥ヶ岳  堂斎山 銀杏峰 部子山

縫ヶ原山からの下降ルート(林道)と銀杏峰、部子山方面
 穏やかな五葉松林で景色を楽しみながら雪遊び恒例のぜんざいパーティで盛り上がる。しかし、余りユックリはできそうもない。太陽に日輪ができ、湿っぽい風も吹いてきた。天気は明らかに下り坂、降られる前に降ってしまおう。

雪遊び恒例のぜんざいパーティ

満足、満腹のご一行様
【自然観察】
雪が融けたばかりの処に、往きは開いていなかったのに復りにはシッカリ開花していました。

セリバオウレン

セリバオウレン
【感想】
 Yちゃんお奨め、「福井の雪山」絶賛の持篭谷山へ二度目にして登頂できました。賞賛どおり素晴らしい雪の荒島岳を眺めることができ、たいへん満足しています。なお、登山口から尾根上までは雪の状態を見て慎重に登られるようご注意下さい。断念した一度目(2/19)の様子はこちらにあります。
 Topページ「アルプスの恋歌」へは、http://www.lares.dti.ne.jp/~k-hataをURL入力して戻って下さい。