白山(2702m)−お花松原のナナカマド紅葉−

◆ 山行記録

山行概要

報告概要  青空に映えるお花松原のナナカマド紅葉を期待して登りましたが、生憎の天候(霧雨)と紅葉の遅れにより、またしても次回の楽しみとなりました。02年は訪問時期が遅く04年は台風禍で葉が落ち・・・、なかなか期待通りの景観に巡り合うのは難しいですね。
山行日 2005年10月1日(土)〜2日(日)
昨年のナナカマド紅葉 @お花松原(04.10.03)
天気 10/1 曇りのち霧雨、弱風
10/2 霧雨のち小雨、中風、 10℃@室堂
コース概要 10/1 白水湖--室堂--大汝峰分岐TS1
10/2 TS1--室堂--白水湖
装備 21kg(テント泊)
食料 夕食:カルビ焼肉、ちらし寿司、赤だし
朝食:マルタイラーメン
行動食:2日分
水:共同(5L)、行動水(2L)
同行者 M.A(OAC会員)
企画 お花松原のナナカマド紅葉観賞

行動記録

【10月1日(土) 曇りのち霧雨、弱風】
岡崎IC(335) ==0:50== 一宮JCT(425) ==0:25== 長良川SA(450,520) ==0:50== 荘川IC(610) ==0:25== 白山公園線入口(635) ==0:30== 大白川ロッジ・平瀬道登山口PKG(705,755) --0:35-- 室堂5.9km大白川1km(830) --0:40-- 室堂4.9km大白川2km(910) --0:40-- 室堂3.9km大白川3km(950,1005) --0:35-- 大倉山避難小屋(1040,1055) --0:30-- 室堂1.9km大白川5km(1125) --0:40-- カンクラ雪渓(1205,1210) --0:55-- 平瀬道・展望歩道分岐(1305) --0:15-- 室堂(1320,1405) --0:55-- 中宮道分岐(1500) --0:10-- 平坦部(1510)TS1

就寝(18:10)
【10月2日(日) 霧雨のち小雨、中風、 10℃@室堂】
起床(3:10)

TS1(515) --1:00-- 室堂(615,630) --0:15-- 平瀬道・展望歩道分岐(645) --0:20-- カンクラ雪渓(705) --0:30-- 大倉山避難小屋(735,755) --1:20-- 大白川ロッジ・平瀬道登山口(915,1020) ==0:30== 白山公園線入口(1050) ==0:25== 荘川そば「心打亭」(1115,1145) ==0:05== 荘川IC(1150) ==1:50== 岡崎IC(1340)

平瀬道 行程図 (GPSの軌跡をプロットしてみました。一部データ抜けあり)
この画像は国土地理院発行の数値地図(地図画像)を使用して編集しました。

◆ 山行資料

各種機関 (役場、医療、警察、消防、交通)

荘川村役場 05769-2-2211 白山自然保護センター 0761-95-5321
高山警察署 0577-32-0110 白山観光協会 0761-93-1001
鳩ヶ谷警察官駐在所 05769-6-1004 大白川野営場 05769-5-2033
平瀬交番 05769-5-2261 平瀬温泉 05769-5-2422
郡上広域連合消防本部 0575-67-1127 白山タクシー 05769-5-2341
大白川温泉 05769-6-1311 そばの里荘川「心打亭」 05769-2-3101

◆ 日誌と写真

行動日誌

【10月1日(土) 曇りのち霧雨、弱風】
 昨日までの秋晴れから一転して、秋雨前線南下に伴うどんよりとした雲が全天を覆っている。何とかお花松原に辿り着くまでは・・・と淡い期待をもって車を走らせる。いつも通り、長良川SAで朝食に「高山ラーメン」を食べる。行動食などの買足しはここの売店で済ませておく。荘川ICを降りてから先、登山口までにコンビニはない。

 平瀬道登山口の駐車場はほぼ満車で、少し降った大白川ロッジの駐車場に止める。次々と登山者の車が入ってくる。ここには、ロッジ(売店、露天風呂)、水洗トイレ、水場、休憩舎(登山届記入所)が揃っている。

トイレ、駐車場 @大白川ロッジ

駐車場 @平瀬道登山口

休憩舎 @平瀬道登山口

平瀬道登山口
 霧に煙るブナ林を登る。どの樹を見ても葉はまだまだ緑を留めている。更に高度を上げていくとナナカマドが現れるが、やはり葉は緑色だ。なんだか心配になる。
 大倉山避難小屋の前後に登山道の崩壊箇所があるので、特に降りは注意して通過しよう。

登山道崩壊箇所 @登山口〜大倉山避難小屋

登山道崩壊箇所 @大倉山避難小屋〜室堂
 漸く色づき始めたナナカマドを見つける。昨年の同時期と比べると紅葉が随分遅いようである。

ナナカマド紅葉

昨年のナナカマド紅葉 @平瀬道(04.10.03)
 雲に覆われた山頂に近づくにつれ、霧雨から小雨混じりになってくる。カンクラ雪渓辺りでカッパを着る。とうとう”制服姿”になってしまった。霧が深くなり、とてもお花松原でナナカマド紅葉観賞が叶うとは思えない。足取りが重たくなる。 とりあえず中宮道分岐を越え、お花松原への下降点まで進むことにする。

 室堂周辺ですら紅葉している樹木は少ない。千蛇ヶ池はまだ残雪が多く残っている。万年雪として新雪を迎えそうだ。明るい内に南竜ヶ馬場まで辿り着きそうに無く、中宮道分岐を過ぎた辺りの平坦地にビバークする。
【10月2日(日) 霧雨のち小雨、中風、 10℃@室堂】
 濃霧で視界は20mもない。お花松原への下降は諦め、同じルートを戻り下山することにする。お花松原のナナカマド紅葉は次回の楽しみとして、今回は露天風呂と荘川そばに満足して帰ろう。
【感想】
 昨年と同じ時期でも紅葉の進み具合は随分違うものです。”雨模様”という天候だけが昨年と同じでした。(+_+)
こうなると、是非とも本懐を遂げたく、”今度こそは”と強く期して来年も訪れたいものです。大白川に前夜泊し、お花松原日帰りの計画も考えて見ます。
 Topページ「アルプスの恋歌」へは、http://www.lares.dti.ne.jp/~k-hataをURL入力して戻って下さい。