経ヶ岳(1625m) −法恩寺山から伏拝まで−

◆ 山行記録

山行概要

報告概要  純白の白山を近くで眺めたくて経ヶ岳(1625m)に行きました。スキージャム勝山から法恩寺山を経由して北岳、経ヶ岳へ至るコースです。スキーヤー、ボーダーに好奇の目で見られながらゲレンデ脇を登り、漸く鞍部(リフト終点)に着きましたが、春らしい霞がかった(黄砂の影響か?)天気で、白山はぼんやりとしか眺められませんでした。残念! 翌日は低気圧通過の予報のため、伏拝までで引き返しました。
山行日 2006年3月31日(金)〜4月2日(日)
経ヶ岳(1625m)
天気 3/31(金) 快晴、無風、7℃@岩津市民C
4/ 1(土) 快晴、微風、-2℃@勝原駅
4/ 2(日) 霧雨、弱風、5℃@中の平小屋
コース概要 スキージャム--法恩寺山--伏拝(往復)
装備 24kg(雪山テント泊装備)
食料 昼食(2)+行動食(2)+水(1.5L)
同行者 Y.Mさん(OAC会員)
企画 残雪の白山展望

行動記録

【3/31(金) 快晴、無風、7℃@岩津市民C】

岩津市民C(2110) =0:05= 豊田東IC(2115) =1:00= 長良川SA(2215,2230) =0:30= 白鳥IC(2300) =1:00= 勝原駅(000)
就寝(020)

【4/ 1(土) 快晴、微風、-2℃@勝原駅】
起床(600)
勝原駅(615) =0:30= 勝山FM(645,655) =0:20= スキージャム勝山(715,825)-0:10- バラエティクワッド上(835) -0:40- イリュージョンプラザ(915,930) -1:35- イリュージョンクワッド上(1105,1125)-0:30- 伏拝(1155,1255) -0:25- イリュージョンクワッド上(1320) -0:10- 法恩寺山(1330,1400) -1:15- 中の平小屋(1515)TS1
就寝(1930)
【4/ 2(日) 霧雨、弱風、5℃@中の平小屋】
起床(600)
TS1(810) -1:15- バラエティクワッド上(925,930) -0:10- スキージャム勝山PKG(940,1025) =0:40= たけくらべ温泉(1105,1205) =2:30[千古の家,越前竹人形見学]= けんぞう蕎麦(1435,1450) =0:05= 福井北IC(1455) =1:30= 関ヶ原IC(1625) =0:10= 養老SA(1635,1655) =1:10= 豊田東IC(1805) =0:10= 岩津市民C(1815)

行程図

経ヶ岳 行程図 (GPSの軌跡をプロットしてみました。一部データ抜けあり)
この画像は国土地理院発行の数値地図25000を使用して編集しました。

                       天気図    Yahoo!天気情報 過去の天気より転載

◆ 山行資料

各種機関 (役場、医療、警察、消防、交通)

勝山市役所 0779-88-1111 スキージャム勝山 0779-87-6109
勝山警察署 0779-88-0002 勝山温泉「水芭蕉」 0779-87-1507
勝山消防署 0779-88-0400 勝山タクシー 0779-88-0251
深谷病院 0779-88-0011 丸岡温泉「たけくらべ」 0776-67-2333
たけとう病院 0779-88-6464 蕎麦 けんぞう(松岡町) 0776-61-1481
木下病院 0779-87-3333 蕎麦 千古の家(丸岡町) 0776-67-2111
勝山病院 0779-88-0350 越前竹人形の里 0776-66-5666

◆ 日誌と写真

行動日誌

【3/31(金) 快晴、無風、7℃@岩津市民C】

 豊田東ICから伊勢湾岸道路に入り、豊田JCTで東名高速、一宮JCTで東海北陸道と乗り継いで長良川SAに至る。季節は既に”雪”から”桜”に移ってしまったのか、駐車場、休憩所とも閑散としてスキー客はほとんど見当たらない。

 美濃白鳥ICで降りて、無料になった中部縦貫自動車道、油坂トンネルを抜けて九頭竜湖畔のR158を走る。路面は所々で白くなっているが凍結箇所はなかった。ほぼ定刻に毎度御馴染みの勝原駅に到着する。駅前広場に駐車し車内で仮眠をとる。

【4/1(土) 快晴、微風、-2℃@勝原駅】

 快晴、無風で冷え込んだ朝を迎える。凍結した路面に注意しながらR158に戻り、スキージャム勝山に向かう。料金所で有料道路800円+除雪協力金500円を支払う。登山者用の指定駐車場に停めて、パトロール本部に登山届を提出する。1本目のバラエティクアッドリフト(800円)のみ利用し、残りは歩く計画である。

勝原駅 路面は凍結

スキージャム勝山のリゾートセンター

バラエティーゲレンデ @スキージャム勝山

ゲレンデ脇をファンタジープラザへ降る
 「土曜日の夜から天気は崩れる」予報で帰路の心配があるため、経ヶ岳登頂は諦め伏拝までで引き返す計画に変更した。ゲレンデの左縁を歩きファンタジープラザまで降り、ゲレンデを横断して林道報恩寺線に入る。ここからイリュージョンプラザまではスキー場の輸送路のため時折スノーモービルが走るので注意する。林道からは九頭竜湖周辺の山々が良く眺められる。

広域林道法恩寺線でイリュージョンプラザへ

@浄法寺山(1053m)、A丈競山(1045m)
   B高平山(1091m) @林道法恩寺線

@越前甲(1319m)、A大日山(1368m)

@銀杏峰(1440m)、A部子山(1464m)
 イリュージョンプラザでワカンを履き、イリュージョンAコースゲレンデ脇を直登する。スキーヤー、ボーダーが不思議そうに見ながら滑走していく。

イリュージョンクアッドリフト

イリュージョンAコースゲレンデ
 高度を稼ぐにつれ、九頭竜川を取り巻く山々の見晴らしがよくなる。荒島岳、銀杏峰、部子山、浄法寺山、大日山とパノラマが広がる。白山展望への期待が高まる。

イリュージョンクアッドリフトAの終点までもう一息

荒島岳(1523m)

@浄法寺山(1053m)、A丈競山(1045m)、B高平山(1091m)                    
                    C越前甲(1319m)、D大日山(1368m)、E鈴ヶ岳(1160m)
 2本の休憩を入れて漸く鞍部(リフト終点)に到着する。漸く当初の目的地経ヶ岳が見えた。タップリと雪が付き一段と精悍に感じられる。左手に赤兎山、その奥に別山、白山と純白の嶺が続いている。しかし陽気が過ぎるのか(黄砂のせいか?)白山はベールに覆われボンヤリとしている。残念!

経ヶ岳(1625m)

法恩寺山(1356m)

赤兎山(1639m)

別山(2399m)、三ノ峰(2128m)
 賑わい始めたスキー場の喧騒を逃れ伏拝へと向かう。南東側に雪庇が張っているので少し北側寄りにルートをとる。

スキー場の喧騒を逃れP1348mへ

P1348mの南東側雪庇の下を通過する
 正面に大長山、右手に赤兎山と経ヶ岳、左手に加越国境の山々の展望を楽しみながら伏拝に向かう。

大長山(1671m)

P1348mから伏拝(1360m)へ向かう

@取立山(1307m)、A鉢伏山(1549m)、B大長山(1671m)

大長山(1671m)と伏拝(1360m)

尾根南東側に雪庇が残る
 伏拝では地元の二人連れが風を避けて昼食をとられていた。我々も隣に相席をお願いし、経ヶ岳、赤兎山を眺めながら歓談、昼食をとる。

赤兎山(1639m)を眺めながら

昼食後のまどろみ @伏拝
 ここから先にもまだトレースが続いている。一組が経ヶ岳に向かったそうである。新しいトレースが経ヶ岳へと誘う。しかし、薄雲で太陽がボンヤリとしてきた。未練は残るがまたの機会の楽しみとしよう。

新しいトレースが経ヶ岳へと誘う

未練は残るが・・・
 伏拝を後に往路を戻り、今夜の宿「中の平小屋」に向かう。

伏拝からP1348mへ

P1348m
 賑わうゲレンデを避け法恩寺山を経由して尾根筋を下降することにした。

法恩寺山(1356m) @P1348m

法恩寺山(1356m)への登り
 試しに法恩寺山で積雪を測ってみた。2.7mのプローブが全部埋まってもまだ地面に届かない!

積雪を測る @法恩寺山

2.7mのプローブが・・・ @法恩寺山

全部埋まっても地面に届かない! @法恩寺山

尾根筋を中の平小屋へ向かう
 イリュージョンプラザが見えるカーブ地点でスキー場から外れ、樹林帯を横切って中の平小屋を目指す。雪が締まっているので、ラッセルに苦しむことはなかった。
 1階の窓まで雪に埋もれた小屋で、薪ストーブで暖をとりながらユッタリと過ごす。

入口の積雪は2階のベランダ近くまである

雪の階段を作って出入りする
【4/ 2(日) 霧雨、弱風、5℃@中の平小屋】

 制服のカッパを着用して小屋を出る。霧雨に煙る経ヶ岳に見送られ、暖かい雨で雪融けが進む雪国の春近しを感じながら、のんびりと林道を辿り下山する。

小屋と薪ストーブの灰も清掃して

いつも快適な中の平小屋を後にする

進行方向を定めて樹林内をショートカット

林道に出て往路を辿る
【感想】
 白山の展望はスッキリせず残念でしたが、久しぶりに福井の雪山を楽しめて満足でした。
 Topページ「アルプスの恋歌」へは、http://www.lares.dti.ne.jp/~k-hataをURL入力して戻って下さい。