大日ヶ岳(1709m)−雪上訓練−

◆ 山行記録

山行概要

報告概要  OAC雪上訓練で恒例の大日ヶ岳(1709m)に行きました。山頂で50cm程度と少な目でしたが、雪洞掘りを除き一通りの訓練を実施することが出来ました。好天気に恵まれ、冬山の”厳しさ”は別途機会が必要となりました。
山行日 2008年12月13日(土)〜14日(日)
つなぎぶしの桧と別山(2399m)
天気 12/13(土) 晴れ、無風、6℃
12/14(日) 小雪のち曇り、弱風、-4℃
コース
概要
高鷲SP++ゴンドラ上--大日ヶ岳(往復)
装備 22kg(テント泊雪山装備)
食料 夕食(1)+朝食(1)+行動食(2)
同行者 15人(OAC会員)
企画 雪上訓練

行動記録

【12/13(土) 晴れ、無風、6℃@岡崎】
 河合池運動公園(521) =0:07= 豊田東IC(528) =1:00= 長良川SA(623,658) =0:04= 美濃IC(702) =0:38= 高鷲IC(740) =0:20= 高鷲SP(755,859) +0:15+ ゴンドラ上(914,938) -0:22- 尾根上(1000) -0:30- 前大日ヶ岳(1030,1035) -0:39- 大日ヶ岳[1709m](1114)TS

 【雪上訓練】(1200〜1500) テント設営、滑落停止、スタンディングビレイ、ビーコン捜索

 就寝(21:30)
【12/14(日) 小雪のち曇り、弱風、-4℃@大日ヶ岳】

起床(5:00)

 【雪上訓練】(700〜830) アイゼン歩行、ゾンデ棒、埋没体験

 TS(855) -0:50- ゴンドラ上(945,1035) +0:15+ 高鷲SP(1050,1110) =0:23= 湯の平温泉(1133,1248) =0:04= 高鷲IC(1252) =0:38= 美濃IC(1330) =0:13= 美濃加茂SA(1343,1414) =0:42= 豊田東IC(1456) =0:05=河合池運動公園(1500)


大日ヶ岳 行程図
この画像は国土地理院発行の数値地図(地図画像)を使用して編集しました。
【1/2.5万 地形図】 石徹白,二ノ峰   【1/20万 地勢図】 岐阜,金沢


                            天気図   Yahoo!天気情報 過去の天気より転載 @岐阜

【12/13(土) 晴れ,16.0/4.5℃,31%,SSW3m/s,0.0mm】

【12/14(日) 晴れ,8.0/2.1℃,49%,W5m/s,0.0mm】

◆ 山行資料

各種機関 (役場、医療、警察、消防、交通)

郡上市役所(高鷲町) 0575-67-1121 白鳥病院 0575-82-3131
郡上警察署 0575-67-0110 高鷲診療所 0575-72-50721
高鷲警察官駐在所 0575-72-5014 高鷲タクシー 0575-72-5510
郡上市消防本部 0575-67-1127 高鷲スノーパーク 0575-72-7000
郡上北消防署(白鳥) 0575-82-5119 湯の平温泉 0575-72-5000
岐阜県道路情報 058-272-1111 奥美濃そば「五郎作」 0575-73-2552

◆ 日誌と写真

行動日誌

◇アプローチメモ
 ・ETC割引料金:豊田東〜美濃 ¥1,250,美濃〜高鷲 ¥750
 ・高鷲SP駐車場:¥1,000
 ・高鷲SPゴンドラ:¥1,500 ※インフォメーションで往復購入する。
 ・コンビニ:R156サークルK
 ・温泉:湯の平温泉 ¥500 12回数券¥5,000
【12/13(土) 晴れ、無風、6℃@岡崎】

 11月後半以来纏まった降雪がなく、雪訓に充分な積雪があるか心配された。高鷲SP駐車場まで雪道走行はなく、駐車場にも除雪痕すらなかった。ゲレンデだけが白く、周囲は枯れた地肌が露出している。

高鷲スノーパーク駐車場

高鷲スノーパークセンターハウス
 ゴンドラ上の広場で、新人にワカンの装着を指導する。手袋を着けたままベルトを締めるのに手こずっている。休憩所「ポポロ」前から斜面を登り、尾根に出ると白山方面が見えてくる。白山も別山も真っ白だ。白山まで随分近くに感じる。

スキー場エリアから出て、尾根に出る

大日が岳(1709m) @前大日

水後山(1558m) @前大日

別山(2399m)、白山(2702m) @前大日
 今日は天気が良くトレースもあるので迷うことはないのだが、コースは何度も曲折しながら山頂に至っている。変曲点の確認(降雪、濃霧など悪天時に誤って直進し易いこと)、雪庇の張り具合(歩行時の注意)などしながら進む。

3パーティに分かれて行動

大日ヶ岳への登り

N.Y氏(横浜支部長)

T.I氏(新人)
 大日ヶ岳山頂からは360度の大展望、しかし今回は雪訓が目的、展望はそこそこに、テント設営から一連の訓練を実施する。積雪は50cm以上でまずまずだが、気温が高く雪が緩んでいるため滑落停止のコース造りに難儀した。


【12/14(日) 小雪のち曇り、弱風、-4℃@大日ヶ岳】

 夜半から明け方に掛けて少しだけ降雪があった。雨でなくてホッとした。順調に訓練メニューをこなし早めに帰路に就いた。

白山方面 @大日ヶ岳

大日ヶ岳山頂にて

別山(2399m) @大日ヶ岳

白山(2702m) @大日ヶ岳
【感想】
 テント撤収時に少し冬山らしさ(厳しさ)がありましたが、天候に恵まれ全般的に快適な雪山で終始しました。安全な場所で"厳しさ"を体験することも必要ですね。
 Topページ「アルプスの恋歌」へは、http://www.lares.dti.ne.jp/~k-hataをURL入力して戻って下さい。