野伏ヶ岳(1674m)

◆ 山行記録

山行概要

報告概要  純白の白山に逢いたくて、奥美濃の野伏ヶ岳(1674m)に行きました。山頂で雲が切れるのを祈りながら待つこと40分、期待通りの真っ白な白山を眺めることができました。
山行日 2009年2月28日(土)〜3月1日(日)
白山(2702m)と別山(2399m)
天気 2/28(土) 晴れ、無風、4℃
3/ 1(日) 曇りのち晴れ、微風、2℃
コース
概要
石徹白--和田山牧場跡--野伏ヶ岳(周回)
装備 22kg(テント泊雪山装備)
食料 夕食(1)+朝食(1)+行動食(2)
同行者 8人(OAC会員)
企画 純白の白山展望

行動記録

【2/28(土) 晴れ、無風、8℃@岡崎、4℃@和田山牧場跡】
 河合池運動公園P(506) =0:06= 豊田東IC(512) =0:58= 長良川SA(610,635) =0:03= 美濃IC(638) =0:47[渋滞(郡上八幡〜白鳥)]= 白鳥IC(725) =0:05= マルK(730,743) =0:33= 白山中居神社P(816,905) -0:59- 野伏覗き(1004,1022) -1:58- 和田山牧場跡(1220)TS1

 就寝(20:20)
【3/1(日) 曇りのち晴れ、微風、2℃@TS1、0℃→‐4℃@野伏ヶ岳】
 起床(4:00)

 TS1(610) -0:40- 北東尾根乗越(650,700) -2:00- ダイレクト尾根分岐(900) -0:10- 野伏ヶ岳(910,1020) -1:55- TS1(1215,1320) -1:50- 白山中居神社P(1457,1518) =0:15= 温泉「満天の湯」(1533,1705) =1:00[渋滞迂回]= 郡上八幡IC(1805) =0:20= 美濃JCT(1825) =0:12= 美濃加茂SA(1837,1855) =0:38= 豊田松平IC(1933) =0:05= 河合池運動公園P(1945)

野伏ヶ岳 行程図
この画像は国土地理院発行の数値地図(地図画像)を使用して編集しました。
【1/2.5万 地形図】 願教寺山,下山,石徹白,二ノ峰   【1/20万 地勢図】 岐阜,金沢


                            天気図   Yahoo!天気情報 過去の天気より転載 @岐阜

【2/28(土) 晴れ,15.4/3.2℃,21%,S2m/s,0.0mm】

【3/1(日) 晴れ,15.6/8.0℃,30%,NNW6m/s,0.0mm】

◆ 山行資料

各種機関 (役場、医療、警察、消防、交通)

郡上市役所(高鷲町) 0575-67-1121 白鳥病院 0575-82-3131
郡上警察署 0575-67-0110 石徹白診療所 0575-86-3032
白鳥交番 0575-82-2110 白山交通株式会社 0575-82-2226
郡上市消防本部 0575-67-1127 荘川営林署 0575-82-2333
郡上北消防署(白鳥) 0575-82-5119 天然温泉「満天の湯」 0575-86-3487
岐阜県道路情報 058-272-1111 道の駅「白鳥」 0575-85-2747
アプローチメモ
ETC料金(通勤割引) ・豊田東〜美濃:¥2,500(¥1,250)
・美濃〜白鳥:¥1,300(¥650)
・郡上八幡〜豊田松平:¥3,100(¥1,550)
コンビニ ・長良川SA
・サークルK(R156白鳥バイパス店)
・ローソン(R156郡上白鳥店)
東海北陸道の渋滞 ・早朝(往路):郡上八幡⇒岐阜大和
・夕方(復路):白鳥⇒岐阜大和
 ※この区間はR156がベター
駐車場 ・白山中居神社(トイレ有):6〜7台 ※除雪範囲
・石徹白川左岸(河原):約10台、右岸(河原):4〜5台

◆ 日誌と写真

行動日誌

【12/13(土) 晴れ、無風、6℃@岡崎】

 厳冬2月の筈なのに暖かい日が続き、奥美濃のスキー場の積雪がどんどん減っている。お陰で登山口までの運転は楽ちんである。
 東海北陸道は関西からの日帰りスキー客が多くなり早朝の往き、夕方の帰りともに渋滞するようになった。白鳥までなら郡上八幡で乗り降りしR156を走る方が速い。
 駐車場は3ヶ所あるが、トイレは白山中居神社のみにある。

白山中居神社駐車場

行く手に野伏ヶ岳(1674m)
 融雪は早く野伏覗き(私称)から下は残雪が途切れている。野伏覗きから石碑までの林道区間にはショートカットが3ヶ所ある。いずれも尾根を辿る直登ルートなので迷うことはないだろう。

小白山北峰 @野伏覗き(私称)

明るい植林帯の中、林道が続く

ワカンを装着

ショートカットで尾根を登る
 最後のショートカットを登りきると、眼前に純白の雪原が広がり、その先に青空をバックに白く聳える野伏ヶ岳の雄姿に心が躍る。

雪原に浮かぶ野伏ヶ岳(1674m)

貸切の別天地に\(^o^)/

薙刀山(1647m)

三ノ峰(2128m)、別山(2399m)
 雪原をどんどん進んでいくと、雪山で囲まれた真ん中に自分自身が居て、他に誰もいない・・・何とも言えぬ満足感に陶酔する。

気ままに純白の雪原歩き

今夜のお宿
【12/14(日) 小雪のち曇り、弱風、-4℃@大日ヶ岳】

 日曜日は予想外の曇り空、時折白いものまでちらつく。山頂付近は雲に覆われ少々不安な出発となる。順調に北東尾根乗越に辿り着き、ここから野伏ヶ岳への登りとなる。ワカンからアイゼンに履き替え、ストックをピッケルに持ち替える。

初めはわかんを装着

北東尾根乗越でアイゼン装着

和田山牧場跡の雪原

幅広の尾根が山頂まで続く
 新雪は表面から5cm程度、やや軟雪だがアイゼンは良く効いている。高度を上げるほどに北西の風が当たるようになる。雲の中に突入して視界も悪くなる。

Y.Mさん

Y.Iさん
 山頂での展望が危ぶまれたが、メンバーの日頃の行いがよいのか、我々の登頂に合わせるが如く雲が消散し、360度の大展望が満喫できた。

雲が切れはじめ・・・

白山(2702m)遥拝が叶う
 帰路、ダイレクト尾根への下降点にできていた雪の亀裂・空洞を巻いて降りる。登ってきた人のトレースが役立った。

大展望を堪能して満足の下山

霧氷が青空に映える

ダイレクト尾根の降り始めは

空洞を迂回して斜下降で通過

ダイレクト尾根を降る

雪原の彼方に大日ヶ岳(1709m)

再び雲が広がってきた

野伏ヶ岳を静かに見守る老木
【自然観察】
野伏ヶ岳(1674m)からの展望

小白山(1609m)

荒島岳(1523m)

銀杏峰(1440m)、部子山(1464m)

経ヶ岳(1625m)

赤兎山(1629m)、大長山(1671m)

四塚山(2530m)、七倉山(2557m)

大汝峰(2684m)、御前峰(2702m)

別山(2399m)
【感想】
 野伏ヶ岳は雪山初心者でも安全に登れ、眺めの素晴らしさにに感激するお奨めの山です。
 Topページ「アルプスの恋歌」へは、http://www.lares.dti.ne.jp/~k-hataをURL入力して戻って下さい。