白山(2702m) -砂防新道・釈迦新道周回-

◆ 山行記録

山行概要

報告概要  ナナカマド紅葉観賞と転法輪の窟探訪を目的に市ノ瀬から白山(2702m)を周回しました。紅葉はいまひとつでしたが、転法輪の窟は探し当てることができました。秦澄大師開山以来、信仰・修行のお山として残っている由緒を訪ねるのも新たな楽しみです。
山行日 2009年10月2日(金)〜4日(日)
剣ヶ峰(2677m)と御前峰(2702m)
天気 10/2(金) 小雨、微風、23℃
10/3(土) 曇りのち晴れ、弱風、16℃
10/4(日) 快晴、微風、-2℃
コース
概要
市ノ瀬--甚之助HY--室堂--御前峰--七倉ノ辻--白山釈迦岳--釈迦岳登山口(周回)
装備 21kg(テント泊装備)
食料 夕食(1)、朝食(1)、行動食(2)、非常食
行動水(2L)、共同水(2L)、B(1L)
同行者 K.M(OAC会員)、M.T(OAC旧会員)
企画 ナナカマド紅葉観賞と転法輪の窟探訪

行動記録

【10/2(金) 小雨、微風、23℃@岡崎】
 自宅(1957) =0:27= M宅(2024,2028) =0:16= T宅(2044,2046) =0:07= 豊田松平IC(2053) =0:37= 美濃加茂SA(2130) =0:10= 美濃JCT(2140) =0:33= 白鳥IC(2213) =0:33= 道の駅「九頭竜」(2246,2252) =0:38= 勝山FM(2330,2337) =0:48= 市ノ瀬P(025)TS0

 就寝(0:55)
【10/3(土) 曇りのち晴れ、弱風、16℃@別当出合、10℃@室堂】
 起床(5:00)

 TS0(710) =0:15= 別当出合(725,735) -0:40- 中飯場(815,825) -0:37- 別当覗(902,915) -0:38- 甚之助HY(953,1010) -0:35- 南竜分岐の上(1045,1054) -0:21- 延命水(1115) -0:07- 黒ボコ岩(1122,1136) -0:29- 室堂(1205,1250) -0:45- 転法輪への分岐(1335,1345) -1:05[探索行動]- 転法輪の窟(1450,1457) -0:18- 転法輪への分岐(1515,1520) -0:05- 御前峰(1525,1534) -0:36- 大汝峰分岐(1610) -0:10- 大汝峰下(1620)TS1

 就寝(19:30)
【10/4(日) 快晴、微風、-2℃@大汝峰】
 起床(4:30)

 TS1(640) -0:23- 大汝峰(703,724) -0:26- 御手水鉢(750,802) -0:13- 七倉ノ辻(815,820) -0:49- P2109mの上部(909,930) -0:27- オオサクラソウ水場(957,1000) -0:29- 白山釈迦岳分岐(1029) -0:06- 釈迦岳前峰(1035,1103) -1:06- P1460水場(1209,1225) -0:43- 登山口(1308,1322) -0:38- 林道分岐(1400) -0:19- 白山禅定道口(1419,1428) -0:17- 市ノ瀬P(1445,1503) =0:17= 白峰温泉「白峰総湯」(1520,1632) =0:33= 勝山「八助」(1705,1736) =1:16= 白鳥IC(1852) =0:28= 美濃JCT(1920) =0:45= 豊田松平IC(2005) =0:06= T宅(2011) =0:14= M宅(2025) =0:33= 自宅(2058)

白山釈迦岳 行程図
この画像は国土地理院発行の数値地図(地図画像)を使用して編集しました。
【1/2.5万 地形図】 白峰,岩間温泉,加賀市ノ瀬,白山   【1/20万 地勢図】 金沢,(岐阜)


                            天気図   Yahoo!天気情報 過去の天気より転載 @金沢

【10/3(土) 晴れ,24.6/18.6℃,55%,N6m/s,0.0mm】

【10/4(日) 晴れ,24.7/15.4℃,51%,W6m/s,0.0mm】

◆ 山行資料

各種機関 (役場、医療、警察、消防、交通)

白山市役所 076-276-1111 白山観光協会 076-273-1001
白峰支所 076-259-2011 白山自然保護C 076-255-5321
鶴来警察署 076-272-1161 永井旅館 076-259-2339
白峰駐在所 076-259-2034 天望の湯「御前峰」 076-259-2010
金沢市消防本部 076-224-1119 白峰温泉「総湯」 076-259-2839
公立鶴来総合病院 076-272-1250 手打ちそば「八助」 0779-88-0516
新村病院(鶴来) 076-273-0100 手打ちそば「中村屋」 0779-88-0524
アプローチメモ
ETC料金[割引] ・豊田松平〜白鳥(114.9km):¥3,300[¥2,350@深夜割引(20-24)]
・白鳥〜豊田松平(114.9km):¥3,300[¥1,000@休日割引]
コンビニ ・ファミリーマート勝山南店(R157):0779-87-3030
・サークルK勝山旭町店(R157):0779-87-2818
駐車場 ・市ノ瀬:駐車場(無料)、水洗トイレあり、水あり、登山届BOX
シャトルバス ・市ノ瀬〜別当出合:¥400

◆ 日誌と写真

行動日誌

【10/2(金) 小雨、微風、23℃@岡崎】

 雨が断続的に降る中、土曜朝には回復する予報を信じて岡崎を出発する。東海環状道、東海北陸道ともスムースな流れで、予定通り白鳥ICを降りる。R157はいつもより対向車トラックが多かった。前泊の定宿として勝原SHを予定していたが、小雨になってきたので市ノ瀬まで行くことにする。対向車もない暗いR158、県30を走り継ぎ、夜半過ぎに市ノ瀬PKGに到着する。小雨が残るが、前泊用テントを設営し仮眠に入る。


【10/3(土) 曇りのち晴れ、弱風、16℃@別当出合、10℃@室堂】

 寝入りばなに一時雨が強まったが、起床時には上がっていた。曇り空ながら西の空には早くも青空が覗く。到着時空車だった駐車場は半分ほど埋まっていた。

市ノ瀬ビジターセンター

市ノ瀬の大駐車場(無料)
 定員割れのゆったりしたバスで別当出合に向う。車窓から眺める山肌にはまだ紅葉の兆しが見えない。別当出合のライブカメラで弥陀ヶ原を観る。むっ!ナナカマドの紅が見当たらない・・・。葉が落ちている。

別当出合の休憩舎

別当出合登山口
 大きな吊り橋が砂防新道への入口だ。ちなみに観光新道は吊り橋手前から左に分かれている。砂防新道の登山道は何箇所かで付け替え・改修が行われている。旧道は「自然復元中」で進入禁止になっている。

歩き易い登山道

柳谷川の不動滝
 流石は白山へのメインルート、登山道や施設の整備は行届いており安心して歩ける。

中飯場のトイレ

別当覗
 別当出合ではいつもと同じように中高年パーティしか見かけなかったのだが、今日はちょっと様子が違う。若者のパーティが次々と追いついてきて、さっさと追い抜いていく。室堂で土日だけバイトしている大学生、自衛隊(非番)の青年たち、・・・。今日は中高年がマイナーな存在だ。こんなに若者で賑わう山は久しぶりだ。

若者が憩う甚之助ヒュッテ

若者が語らう南竜分岐
 中飯場、甚之助ヒュッテと休憩場所(トイレ)が程よい間隔である。南竜分岐を過ぎて黒ボコ岩までが本日一番の登りとなる。見上げれば、秋の澄んだ青空が広がっている。高度を上げるほどに紅葉、黄葉の錦織への期待が高まるのだが、周りを見渡してもその兆しが無い。

空は秋色なのに・・・

延命水
 延命水で喉を潤し、もうひと登りで黒ボコ岩に到着する。

黒ボコ岩までもう少し

黒ボコ岩
 観光新道と合流し、御前峰を正面に見上げながら弥陀ヶ原を縫って、五葉坂を登り切れば室堂に到着する。昼時なのにビジターセンターも外の広場も閑散としている。

御前峰(2702m)と弥陀ヶ原

御前峰(2702m)と室堂ビジターセンター
 別当出合のライブカメラで見たとおり、室堂のナナカマドは葉を落としていた。なかなか”素晴らしいナナカマドの紅葉!”には出合えないものだ。

室堂と別山(2399m)

青空にハイマツの緑、何か足りない
 今日の目的はもう一つある。「転法輪の窟」を訪ねることだ。金沢のNさん、福井のOさんに教えていただいた秦澄大師に所縁のある場所だ。地図とGPSを持って探し歩き漸く到達することができた。窟に座し、眼前に広がる景色を眺めながら暫し古に想いを馳せる。

転法輪の窟

転法輪の窟
 御前峰に登り、午後の柔らかな陽射しを浴びた大汝峰、剣ヶ峰を眺める。遠くの山は霞んでいる。

部分的に草紅葉

御前峰(2702m)にて

大汝峰(2684m)

剣ヶ峰(2677m)
【10/4(日) 快晴、微風、-2℃@大汝峰】

 お花松原のナナカマド紅葉も昨年に比べ物にならない。空は真っ青、雲一つ無い。ここにナナカマドの紅葉があれば申し分なし!だったのだが・・・。いずれの場所も紅葉する前に枯れ落ちた感じがする。残念!

お花松原を俯瞰

昨年のお花松原(08.10.10
 展望を楽しみに大汝峰に登る。大きな石が積み重なった処を縫って行く。

光る雲海に浮かぶ御嶽山(3063m)

大汝峰への登り
 高度を上げると、別山、石徹白の山々も見えてくる。

別山(2399m)と石徹白の山々

白山釈迦岳(2053m)と加越国境の山々

赤兎山(1629m)、経ヶ岳(1625m)、大長山(1671m)

荒島岳(1523m)
 大汝神社にお参りしてから、存分に360度の大展望を楽しむ。

大汝神社

大汝峰(2684m)にて

白馬岳(2932m)、剣岳(2998m)、立山(3015m)

槍ヶ岳(3180m)、奥穂高岳(3190m)

御嶽山(3063m)

御嶽山(3063m)と剣ヶ峰(2677m)
 遠く市街地と日本海を見下ろしながら、七倉ノ辻へと降って行く。

大汝峰から七倉ノ辻へ

四塚山(2530m)の彼方に市街地と日本海
 登山道には霜柱が立ち、御手水鉢では薄氷が張っていた。

御手水鉢

薄氷が張っている

七倉ノ辻へ

白山釈迦岳(2053m)と加越国境の山々
 白山釈迦岳(2053m)辺りまでナナカマド紅葉を楽しむ。色付きは良くないが・・・。

ナナカマド紅葉

ナナカマド紅葉

ナナカマド紅葉

ナナカマド紅葉

白山釈迦岳近くの池

名残りのマツムシソウ
 七倉ノ辻からは7月(オオサクラソウ観賞)と同じコースで、市ノ瀬までのんびりと降る。室堂から13.6Kmの長丁場だ。

別山(2399m)は見上げる高さに

市ノ瀬までまだ遠い

ブナ黄葉

釈迦新道登山口
【感想】
 ナナカマドの紅葉には不満足でしたが、久しぶりに若者で賑わい中高年がマイナーな山が新鮮で微笑ましく感じました。
 Topページ「アルプスの恋歌」へは、http://www.lares.dti.ne.jp/~k-hataをURL入力して戻って下さい。