法恩寺山(1356m) 白山禅定道(平泉寺~伏拝)

◆ 山行記録

山行概要

報告概要  白山禅定道を平泉寺から伏拝まで歩きました。北岳を目指したのですが時間切れで断念、痩せ尾根手前で戻りました。しかし、幸運にも帰路の伏拝でスッキリと白山(2702m)を遥拝することができました。
山行日 2009年11月21日(土) ~ 22日(日)
白山(2702m) @伏拝
天気 11/21(土) 曇り時々小雨のち霙、微風、6℃
11/22(日) 曇り時々晴れのち雨、中風、0℃
コース概要 平泉寺--三頭山--法恩寺山--伏拝--痩せ尾根--北岳(往復) ※痩せ尾根で折り返し
装備 22kg(ツェルト携行避難小屋泊装備)
食料 夕食(1),朝食(1),行動食(2),水(1L)
同行者 K.M,H.M(OAC会員)
企画 白山禅定道を辿る

行動記録

【11/21(土) 曇り時々小雨のち霙、微風、6℃@平泉寺】
 岡崎(452) =0:25= K.M宅(517,520) =0:28= H.M宅(548,551) =0:07= 豊田IC(558) =0:28= 尾張一宮PA(626,634) =0:06= 一宮JCT(640) =0:18= 長良川SA(658,718) =0:30= 白鳥IC(748) =0:32= 道の駅「九頭竜」(820,826) =0:40= 勝山FM(906,913) =0:03= 平泉寺PKG(916,1002) -0:30[参拝]- 登山口[三ノ宮](1032) -1:03- 剱之宮合流(1135) -0:19- 三頭山(1154,1202) -0:48- 稚児堂跡[林道交差点](1250,1306) -0:24- 中の平避難小屋(1330)TS1

 就寝(19:30)
【11/22(日) 曇り時々晴れのち雨、中風、0℃@法恩寺山】
 起床(3:30)

 TS1(503) -0:56- 法音寺跡(559) -0:05- 法恩寺山(604,611) –0:20- 伏拝(631,655) –1:13- P1390m(808) –0:52- 折返し点[痩せ尾根](900,915) –0:22- P1390m下平坦地 (937,1001) –0:40- 伏拝(1041,1110) –0:16- 法恩寺山(1126,1135) -0:42- 中の平避難小屋(1217,1300) -0:17- 稚児堂跡(1317) -1:00[なめこ採り]- 三頭山分岐(1417) -0:12- 剱之宮合流(1429) -0:23- 剱之宮(1452,1505) -0:11- 登山口[三ノ宮](1516) -0:25- 平泉寺PKG(1541,1602) =0:10= 大野温泉「あっ宝んど」(1612,1729) =0:08= 福そば(1737,1806) =1:07= 白鳥IC(1913) =1:10= 豊田藤岡IC(2023) =0:30= H.M宅(2053) =0:30= K.M宅(2123) =0:32= 岡崎(2155)

法恩寺山 行程図 (GPSの軌跡をプロットしてみました。一部データ抜けあり)
この画像は国土地理院発行の数値地図25000を使用して編集しました。


                            天気図   Yahoo!天気情報 過去の天気より転載 @福井

【11/21(土) 雨,11.9/7.2℃,N2m/s,0.5mm】

【11/22(日) 曇り,10.9/4.2℃,SE2m/s,0.0mm】

◆ 山行資料

各種機関 (役場、医療、警察、消防、交通)

勝山市役所 0779-88-1111 勝山病院 0779-88-0350
勝山警察署 0779-88-0002 あっ宝んど(大野市) 0779-66-7900
勝山消防署 0779-88-0400 勝山温泉「水芭蕉」 0779-87-1507
福井社会保険病院 0779-88-0350 福そば(陽明店) 0779-66-6060
たけとう病院 0779-88-6464 蕎麦中村屋(勝山市) 0779-88-0524
木下病院 0779-87-3333 手打ちそば 八助 0779-88-0516
アプローチメモ
ETC料金[割引] ・豊田~白鳥(125.2km) ¥3,250、[休割¥1,000]
・白鳥~豊田藤岡(102.9km) ¥3,250円、[休割¥1,000]
コンビニ ・ファミリーマート勝山南店:0779-87-3030
・サークルK大野中津川店:0779-65-5515
駐車場 ・勝山市駐車場:大駐車場(観光バス駐車可)、トイレ
・参道前駐車場:10台、トイレは境内
避難小屋 ・中の平避難小屋:20人、給水(飲用不可)、トイレ(大小)、薪ストーブ有、薪備蓄有

◆ 日誌と写真

行動日誌

【11/21(土) 曇り時々小雨のち霙、微風、6℃@平泉寺】

 R157を北上し下荒井隧道を抜け大野市から勝山市に入る。九頭竜川に架かる下荒井橋を渡り直ぐの信号を右折、県道169号に入る。道なりに走れば平泉寺に至る。或いは、R157をそのまま北上しFMのある交差点「猪野」で右折しても良い。平泉寺には勝山市の無料駐車場があり、食道、売店、トイレが整っている。

勝山市無料駐車場

お休み処 平泉寺「泉屋」 軒を借りる
 雨上がりのしっとりとした参道を歩き、本殿にお参りしてから三ノ宮に至る。この裏手に「白山禅定道平泉寺登拝口」の標柱がある。

平泉寺白山神社の参道

白山禅定道平泉寺登拝口(三ノ宮)
 直ぐに分岐があり、左は沢沿いの登山道、右は剱之宮を経て続く尾根道(白山禅定道)に分かれる。行きは沢沿いの登山道を行く。「法恩寺山まで○km」の標柱が1km毎に設置されている。前回来た時よりも下草の繁茂は少なく、またストックで蜘蛛の巣を掃って進むこともなく、歩きやすくなっている。

沢沿いの登山道を行く

剱之宮合流 「平泉寺と白山禅定道の全容」案内
 右手から剱之宮経由の尾根道(白山禅定道)と合流する。道はここから随分良くなる。

 三頭山(みつがしらやま)は北側に展望が開け、スキージャム勝山が見渡せる。ベンチに腰掛けて行動食を食べようとした途端、俄かに空が暗くなり雨が降り出す。慌ててカッパを着て、行動食はお預け先を急ぐことにする。

 三頭山分岐から先は更に道が良くなる。ここから稚児堂跡まで坦々とした尾根道が続く。いつしか雨は上がっていた。

 広域林道「法恩寺線」との交差点で休憩し、昼食のカップ麺にテルモスの湯を注ぐ。3分間待っている間に再び空模様が怪しくなる。食べ終わるや否やまたしても雨が降り出す。ゆっくりする間もなく、急かされるように出発する。

 13時半、雨に急かされたお陰で計画より1時間も早く、中の平避難小屋に到着する。寛いだ気分でお茶していると、窓の外に白いものが舞っているのに気付く。雨から霙混じりの雪に変わってきた。霙に遭う前に小屋に到着できたことに感謝する。

白山禅定道に合流すると道が良くなる

広域林道「法恩寺線」を渡る  「稚児堂跡」碑文
【11/22(日) 曇り時々晴れのち雨、中風、0℃@法恩寺山】

 3時半、起床。窓を開けて空を仰ぐと星空である。ラッキー!5時、日帰りの軽装で出発する。真っ暗な林の中をヘッドランプを灯しながら登って行く。法音寺跡辺りで漸く明るくなってきた。青空を期待していたのに、空には雲が満ちている。

 伏拝で白山禅定道と別れ、尾根伝いに北岳へと向う。小原へ降る白山禅定道は余り歩かれていないようだ。経ヶ岳や大長山は展望できるが白山は厚い雲に隠れている。そのうちに・・・と期待して、新雪に踏み込んで北岳を目指す。

薄っすら新雪の伏拝

白山禅定道は小原へ降る

大長山(1671m)

北岳(1609m)、経ヶ岳(1625m)
 積雪は大したことはないのだが、倒れこんだ笹を掻き分けたり急坂で滑ったりで案外と時間を取られる。

新雪に踏み込んで北岳を目指す

倒れこんだ笹を掻き分けて進む

霧氷・・・、青空が欲しい!

ナナカマドの実
 伏拝から北岳まで残り1/3の地点で時間切れとなる。丁度痩せ尾根になる小ピークで展望は優れている。しかし、残念なことに白山は相変わらず雲間から時折覗くだけである。加越国境稜線には陽が射しているのに、ここは強い風が通り抜けるばかりである。ゆっくり白山を眺めているわけにも行かず、早々に帰路につく。

痩せ尾根(北岳の手前)で時間切れ!

経ヶ岳(1625m)をバックに\(^o^)/

雲間に覗く白山(2702m)

鉢伏山(1549m)、大長山(1671m)は陽が射す
 P1390m下の平坦地まで戻ってホッと一息つく。ここは風が当たらずテントサイトとしても適した場所だ。

P1390m下平坦地でホッと一息

伏拝への登り返し
 伏拝への登り返しの頃より、陽が射し青空が広がり始める。青空いっぱいの伏拝に戻ると、期待に応えて、白山(2702m)がバッチリと姿を現していた。\(^o^)/

青空いっぱいの伏拝に戻る、もしや・・・

期待に応えて、白山(2702m)がバッチリ!

白山(2702m)、手前は大長山(1671m) 拡大

別山(2399m)

四塚山(2530m)、七倉山(2503m)

大汝峰(2684m)、御前峰(2702m)

白山展望に満足(^◇^)~♪

加賀甲(1312m)、越前兜(1319m)、大日山(1368m)

日岸山(1669m)、薙刀山(1647m)

野伏ヶ岳(1674m)
 法恩寺山で白山に別れを告げる。ひっそりと佇む法音寺跡を通り過ぎ、一旦ゲレンデ傍に出る。スキー場、勝山市街への見晴らしがよい。歩きやすそうに見えたゲレンデを降って行く。短く刈ってあるものの予想外に歩き辛い。最後はゲレンデから笹藪に突入し中の平小屋に戻る。

伏拝と白山(2702m)

別山(2399m)、三ノ峰(2128m)

法音寺跡

法音寺跡

開放的なスキージャム勝山のゲレンデを降る

下草は短く刈ってあるが意外と歩き辛い
 小屋では、石川県の3人連れがストーブを焚いて昼食を楽しんでおられた。なめこの味噌汁が美味しそう。

 さあ、今日は平泉寺まで歩く行程が残っている。13時、気合を入れて重荷を背負い出発する。空は再び曇りだしてきた、降られる前に下山しよう。

 剱之宮を通る尾根道(白山禅定道)を降る。剱之宮付近は急下降だが、良く踏まれた歩き易い道である。

 15時40分、平泉寺駐車場に戻る。帰り支度を終え車に乗り込むと雨が降り出してきた。

中の平小屋とH.M氏

平泉寺へ

荒島岳(1523m)

能郷白山(1617m)

なめこ

なめこ

名残りの紅葉(もみじ)

訪れる人も少ない剱之宮
【感想】
 微妙な天気でしたが、不思議な力に見守られて白山禅定道を楽しめました。歴史に想いを馳せながら静かな山旅を味わえるお奨めのコースです。
 Topページ「アルプスの恋歌」へは、http://www.lares.dti.ne.jp/~k-hataをURL入力して戻って下さい。