猿ヶ馬場山(1875m)

 「アルプスの恋歌」のトップページへ

◆ 山行記録

山行概要

報告
概要
 オオシラビソ林の観賞と残雪の白山展望を期待して猿ヶ馬場山(1875m)に行きました。昨日の日照岳(1751m)から白山展望が叶わなかっただけに期待を込めて登りましたが、天気の崩れが早く、さらに雷にも見舞われて逃げるように降りてきました。
山行日 2011年4月29日(金)~4月30日(土)
猿ヶ馬場山(1875m)
天気 4/30(土) 曇りのち雷、強風、6℃⇒3℃
コース
概要
荻町登山口--帰雲山--猿ヶ馬場山(往復)
装備 13kg(雪山日帰りハイキング装備)
食料 行動食(1)、非常食
同行者 5人(OAC会員)
企画 オオシラビソ林の観賞、残雪の白山展望

行動記録

【4/29(金) 曇り時々晴れ、微風、4℃@日照岳】
 ※日照岳-110429 から続く

 平瀬温泉「しらみずの湯」(1640) =0:15= Dヤマザキ(1655,1705) =0:18= 道の駅「上平」(1723)TS1

 就寝(20:30)
【4/30(土) 曇り、無風、6℃@登山口; 曇りのち雷、強風、6℃⇒3℃@猿ヶ馬場山】
 起床(4:00)

 TS1(500) =0:20= 荻町P(520,547) -0:36[残雪、倒木で車両通行止]- 登山口(623,627) -1:08[沢沿い雪道]- 宮谷林道合流点(735,750) -0:42[落石注意]- 第1渡渉点(832)[スノーブリッジ] -0:22- 第2渡渉点(854)[雪で埋没] -0:06- ワサビ田(900,920) -1:00[直登ルート]- 帰雲山(1020) -0:05- 帰雲山鞍部(1025,1040) -0:25- オオシラビソの平(1105) -0:40- 三角点の台地(1145) -0:15- 猿ヶ馬場山(1200,1235) -0:10- 三角点の台地(1245) -0:10- オオシラビソの平(1255) -0:15- 帰雲山(1310)[山頂迂回] -0:08- 直登分岐下降点(1318) -0:42[シリセード、ストック探索]- ワサビ田(1400) -0:03- 第2渡渉点(1403) -0:10- 第1渡渉点(1413) -0:22- 宮谷林道合流点(1435) -0:32- 登山口(1507) -0:28- 荻町P・「白川郷の湯」(1535,1730) =0:15= 平瀬温泉「次平」(1745、1840) =0:28= 荘川IC(1908) =0:47= 美濃JCT(1955) =0:47= 豊田松平IC(2042) =0:13= K.M宅(2055) =0:30= Y.K宅(2125) =0:10= 岡崎(2135)

猿ヶ馬場山 行程図
この画像は国土地理院発行の数値地図(地図画像)を使用して編集しました。
【1/2.5万 地形図】 鳩谷,平瀬   【1/20万 地勢図】 金沢


                            天気図   Yahoo!天気情報 過去の天気より転載 @高山

【衛星画像】

【4/29(金) 晴れ,14.6/2.0℃,46%,WSW1m/s,0.0mm】

【衛星画像】

【4/30(土) 曇り,17.1/2.4℃℃,81%,N3m/s,0.0mm】

◆ 山行資料

各種機関 (役場、医療、警察、消防、交通)

高山市役所 0577-32-3333 道の駅「飛騨白山 05769-5-2230
白川村役場 05769-6-1311  平瀬温泉「しらみずの湯 05769-5-4126
高山警察署 0577-32-0110  お食事処「次平 05769-5-2200
 鳩ヶ谷警察官駐在所 05769-6-1004 道の駅「白川郷 05769-6-1310
高山消防署 0577-32-0119  白川郷の湯 05769-6-0026
 白川出張所 05769-6-2099  デイリーヤマザキ白川郷店 05769-6-1365
高山赤十字病院 0577-32-1111 道の駅「上平 0763-67-3141
白川村国保診療所(荻町) 05769-6-1019  旬菜工房「いわな」(上平) 0763-67-3267
白川村国保平瀬診療所 05769-5-2019 そばの里荘川「心打亭 05769-2-3100
飛騨荘川観光協会 05769-2-2272 荘川そば「蕎麦正 05769-2-2234
アプローチメモ
ETC料金[休日割引] ・荘川~豊田松平 (136.8km):¥4,050 [¥1,000]
コンビニ ・デイリーヤマザキ白川郷店(白川村大字鳩谷64-1)
駐車場 ・荻町:¥500 (7:00~17:00) ※ゲート無く時間外入場可能

◆ 日誌と写真

行動日誌

【4/30(土) 曇り、無風、6℃@登山口; 曇りのち雷、強風、6℃⇒3℃@猿ヶ馬場山】

 荻町P(¥500)から歩く。明善寺を過ぎて直ぐの所で残雪が現われ車両は入れない。この先に「通行止」表示あり。倒木、土砂崩れで車両は通行不能。

荻町駐車場(¥500)

明善寺へ

登山口への林道は通行止

路肩は補修済みだが・・・

倒木と土砂崩れで車両は通行不能

猿ヶ馬場山登山口(T字路分岐)
 登山口(以前はここまで車で入れた)から直ぐに雪道となり、宮谷林道合流までは、先行者トレースに従って、登山道ではなく沢沿いに雪渓を直登する。

沢沿いに雪渓を登る

宮谷林道(左)と合流
 宮谷林道も残雪が多く、道路脇にある“フキノトウのお花畑(群落)”はまだ雪の下である。斜面からの落石に注意しよう。

宮谷林道を行く

振り返ると人形山と三ヶ辻山
 第1渡渉点はスノーブリッジになっているが崩れかけている。飛び石で右岸に渡る。第2渡渉点は雪に埋もれている。この付近は上部の斜面が崩壊しており落石に注意する。

第1渡渉点

スノーブリッジが崩れかけている

第2渡渉点は雪に埋まる

落石が多い
 ワサビ田から帰雲山へは、先行者のトレースをいただき沢筋直登ルートを行く。帰雲山への登りになると、背後に白山が拝めるようになるのだが・・・ぼんやりとしか拝めない。残念!

 帰雲山の広い山頂の一角にはアンテナと通信設備の管理小屋(無人、施錠)が建っている。

ワサビ田

トレースを辿って沢筋直登ルートを行く

帰雲山(1622m)の広い山頂

アンテナと管理小屋
 帰雲山から少し降ってから猿ヶ馬場山への登りが始まる。本コースの核心部の始まりで、ブナ林から林相が一転し、猿ヶ馬場山までオオシラビソが点在する林となる。天気が良ければ展望を楽しみながらの雪原歩きなのだが・・・、今日は山頂まで結構長く感じる。

ブナ林からオオシラビソの林に

目を凝らして白山方面を眺めるが・・・

笈ヶ岳(1841m)

大笠山(1822m)

イナバウア?

オオシラビソの疎林を縫って
 三角点の台地を過ぎると“猿ヶ馬場山”の人気の理由が実感できるだろう。山頂は強風でオオシラビソの林に逃げ込んで昼食をとる。しかし、食後休憩も束の間、突然の雷に追い立てられ、展望を楽しむこともできず急ぎ足で下山した。

雪原のように広い山頂は別世界のよう

猿ヶ馬場山(1875m)の山頂にて
【展望写真】
ちょっとだけ、前回(猿ヶ馬場山-090430)の展望をご覧下さい。

白山(2702m)

白山(2702m)
【感想】
 猿ヶ馬場山(1875m)は、ワサビ田までのアプローチが長く退屈ですが、帰雲山からは登り甲斐を実感できる魅力ある山です。雪山初心者でも登りやすく、白山展望をたっぷり楽しめるお奨めの山です。
 「アルプスの恋歌」のトップページへ