芦生の森−上谷、櫃倉谷、内杉谷川、下谷、枕谷−

◆ 山行記録

山行概要

報告概要  京都北山の北部、芦生の森を始めて訪れた。京都の山と言えば北山杉で名を馳せているが、芦生は自然林が多く残されている山域ということで紅葉を期待して企画した。ガイドブックなどでお奨めコースを検討し、1泊2日でゆったりと周回する計画とした。
山行日 2005年10月29日(土)〜30日(日)
下谷
天気 小雨のち曇り時々晴れ、微風
コース概要 10/29 生杉PKG--上谷--杉尾峠--櫃倉谷
10/30 内杉谷川--下谷--枕谷--三国峠
装備 19kg(1泊2日テント泊)
食料 夕食:きりたんぽ&きのこ鍋
朝食:サンドウィッチ
同行者 OAC会員4人
企画 初秋の山観賞

行動記録

【10/28(金) 曇り】
旧岡崎市民病院跡PKG(2000) ==0:05== 岡崎IC(2005) ==0:55== 養老SA(2100,2115) ==0:05== 関ヶ原IC(2120) ==0:40== 木之本(2200) ==1:20== 道の駅「くちき新本陣」(2320,2325) ==0:50== 生杉PKG(015)TS1

就寝(130)
【10/29(土) 小雨のち曇り 15℃】
起床(650)

TS1(820) --0:40-- 地蔵峠(900,905) --0:15-- 中山神社(920) --0:20-- 野畑谷分岐(940,950) --1:30-- 杉尾峠(1120,1150) --0:20-- 林道「杉尾・権蔵線」(1210,1215) --2:20-- 坂谷出合(1435) --0:25-- 横山峠(1500) --0:50-- 林道「櫃倉線」、「内杉線」出合(1550) --0:10-- 林道「内杉線」ゲート(1600)TS2

就寝(2010)
【10/30(日) 曇り時々晴れ 10℃】
起床(510)

TS2(710) --0:50--林道「内杉線」(800,815) --0:55-- けやき峠(910,925) --1:40-- 長治谷キャンプ場(1105,1145) --1:15-- 三国峠(1300,1320) --0:30--生杉PKG(1350,1405) ==1:30== くつき温泉「てんくう」(1535,1635) ==1:15== 木之本IC(1750) ==0:22== 米原JCT(1812) ==0:13== 関ヶ原IC(1825) ==0:05== 養老SA(1830,1935) ==1:00== 岡崎IC(2035) ==0:05== 旧岡崎市民病院跡PKG(2040)

芦生の森 行程図 (GPSの軌跡をプロットしてみました。一部データ抜けあり)
この画像は国土地理院発行の数値地図(地図画像)を使用して編集しました。

◆ 山行資料

各種機関 (役場、医療、警察、消防、交通)

高島市役所 0740-25-8000 京大芦生研究林事務所 0771-77-0321
朽木支所 0740-38-2331 朽木村観光協会 0740-38-2398
高島警察署 0740-22-0110 芦生山の家キャンプ場 0771-77-0290
朽木警察官駐在所 0740-38-2110 道の駅「マキノ追坂峠」 0740-28-8081
高島市消防本部 0740-22-1234 道の駅「くつき新本陣」 0740-38-2398
北部消防署朽木分遣所 0740-38-2100 道の駅「琵琶湖大橋米プラザ」 077-572-0504
救急医療情報案内 0740-22-3799 近江タクシー高島 0740-36-0106
高島総合病院 0740-36-0220 汽船タクシー(株)高島 0120-324032
朽木国民健康保険診療所 0740-38-2071 朽木温泉「てんくう」 0740-38-2770
美山町役場 0771-75-0310 蕎麦「まる姫」朽木栃生 0740-38-2380

◆ 日誌と写真

行動日誌

【10/28(金) 曇り】

 20時過ぎ岡崎ICから東名高速に入る。養老SAで明日の朝食と行動食2日分を調達する。近頃すっかりお気に入りになった「焼さば寿司」と菓子パン4個を買う。

 高速料金節約のため、関ヶ原ICで降りて国道365号線を木之本に向かう。交通量は少なくスムースに走れる。木之本から国道8号、161号で高島市に入り、安曇川沿いの県道23号を西に走り、道の駅「くつき新本陣」でトイレ休憩する。なお、別ルートとして高島市で国道161号から303号を西進し367号を南下しても大差無しと思われる。コンビニは道の駅「くつき新本陣」の手前にセブンイレブンが、道の駅の正面にローソンがある。

 「くつき新本陣」は夜間の交通量が少ない、トイレが24時間利用できる、正面にコンビニがあるなど前泊地(仮眠所)としての好条件を備えているように思う。

 県道23号と国道367号の三叉路交差点まで戻って左折し国道367を北上し直ぐに、再び県道23号に入り西進する。県道23号線に入れば生杉まで一本道である。集落が点在するだけの山間部の道路だが舗装されており乗用車での走行に支障はない。但し夜間は鹿が沢山歩き回っているので気をつけよう。今回も15頭以上の鹿を目撃した。まるでサファリパークだ。杉の幹にはテープが巻かれており、皮剥ぎの被害を防いでいるようだ。生杉のバス停から先は、更に道路が狭くなるのでスピード控えめで運転する。

 道の左側に東屋、次いでトイレが見え、その先にゲートがある。ここが生杉(おいすぎ)登山口の駐車場である。と言っても纏まったスペースがある訳ではなく道路脇に止めるようだ。東屋の近くに1台だけ先客のワゴン車が止まっていた。我々はトイレの近くに駐車しテントを設営する。万一の交通事故に備え、テントを防御するように車を止める。テント設営を終えた頃よりポツポツと雨が降り始めた。軽く寝酒を飲んで、1時頃シュラフに入る。夏用(ダウン300g)で丁度よい。

生杉PKGのトイレ

生杉PKGの東屋

三国峠登山口 @生杉PKG

「ブナの原生林」案内 @三国峠登山口
【10/29(土) 小雨のち曇り 15℃】

 6時50分起床、昨夜からの弱い雨が断続的に降り続いている。計画では生杉ブナ林を登り三国峠で展望を楽しむ予定であったが、雨で展望が期待できないため三国峠は明日の楽しみに残し、林道沿いに地蔵峠に向かうことにした。緩やかな登りの林道は久しぶりにテント泊の重荷を担ぐメンバーにも優しかった。雨に煙る北山杉、ブナやかえでの淡い彩りを眺めながら、傘をさして悠々と雨を楽しむ。

 地蔵峠で入林届けを書く。林道はこの先長治谷のキャンプ場(作業小屋)先で橋を渡り林道「内杉線」へと続いている。我々は上谷に向かうため、小さな沢の左岸に沿って枕谷へと降る。開けた場所まで降りるとT字路に道標がある。左折して枕谷の緩やかな流れを左手に見ながら明るい杉林を行く。程なく鳥居と祠のある中山神社が見えてくる。

 上谷に架かる木橋を渡る。左に行くと直ぐに長治谷キャンプ場(作業小屋)がある。我々は右手にとり上谷の右岸に沿って上流に向かう。

野田畑峠方面

野田畑湿原
 野田畑湿原を過ぎた辺りで再び木橋を渡り、ここからは暫く上谷の左岸を歩く。木橋を渡って直ぐ右手に薄い踏み跡が見られる。野田畑峠への道と思われるが、何の案内も印もない。この先もそうだが、今回のコースは芦生では一般的なコースのはずだが、道標や赤テープなどは極めて少ない。自然のままを楽しむ芦生らしくて好ましいことだと思う。

上谷(野田畑湿原〜杉尾峠)

上谷(野田畑湿原〜杉尾峠)
 黙々と山頂を目指す山登りとは違う楽しみが芦生にはあるようだ。起伏が緩やかなので、ゆったりとした気分で自然を観察しながら歩くことができるからだ。さっさと通り過ぎれば気がつかない景観の一つ一つについ脚を止めて見入ってしまう。

上谷(野田畑湿原〜杉尾峠)

上谷(野田畑湿原〜杉尾峠)
 やがて登山道らしい踏み跡は消え、上谷を何度もクロスしながら杉尾峠まで詰めて行く。”詰める”という表現に違和感を覚えるほど緩やかに登り、いつしか杉尾峠に着いてしまう。

上谷(野田畑湿原〜杉尾峠)

杉尾峠(765m)
 杉尾峠から尾根道が両側に延びている。右手(東側)は野田畑峠に続き、左手は途中で五波峠への尾根道から分かれて櫃倉(ひつくら)谷へ降る道である。

櫃倉谷・五派峠方面

シンコボ・野田畑峠方面
 途中で「五波峠へ」の標識が架かっていたが、踏み跡らしきも見当たらず全くの藪を指し示していた。標識から5分ほどで林道「杉尾・権蔵線」に出る。(ここから直接谷筋を降るように?)赤テープがあるが、最初が急な降りで殆ど利用されていないようだ。櫃倉谷へは、林道を左(東)に少し歩き、道標に従って尾根筋から入る。急な尾根筋を強引に降るので、雨中、雨後はぬかるんで滑りやすい。10分ほどで谷筋の平坦地に着く。暫くは荒れた沢が続くが、やがて芦生らしい穏やかな谷の景観を取り戻す。

杉尾峠・上谷歩道入口 @林道「杉尾・権蔵線」

櫃倉谷歩道入口 @林道「杉尾・権蔵線」

尾根筋を櫃倉谷まで急下降する

櫃倉谷
 水かさが増し飛び石が隠れた川を転ばないように注意して渡る。苔生した石、濡れた石は本当に滑りやすい。開けた場所で昼食休憩する。熱いコーヒーが美味しい。

ホットタイム @櫃倉谷

櫃倉谷
 固定ロープが付けられた高巻きが1箇所ある。水面からの高さは5m程度だが、重荷を背負い濡れた足場なので慎重に通過する。

 何度も渡渉を繰り返すうちに面倒になったのか?転倒防止の安全のためか?コースリーダーは飛び石を使わずジャバ、ジャバと豪快に渡渉するようになった。みんな後に続く。スパッツを着けているので案外水が入ってこないものだ。

櫃倉谷

櫃倉谷
 中ノツボ谷出合は広々とした川原で、中ノツボ谷を渡ってから、一旦川沿いを離れ、横山峠を越えて再び川原に戻る。

中ノツボ谷出合

横山峠を越える @中ノツボ谷出合
 降るにつれ次第に水量が増える川を豪快に渡渉して右岸に渡れば、まもなく林道「櫃倉線」に出る。手入れされた杉林の中を下り、50分ほどで林道「内杉線」に出合う。

林道「櫃倉線」を下る

林道「内杉線」と出合う
 サイト地として芦生山の家キャンプ場を予定していたが、林道脇に張れそうなので林道「内杉線」を上がることにした。林道ゲートを越えた所に適地を見つけた。大きな6人用テントを林道脇に張る。


【10/30(日) 曇り時々晴れ 10℃】

 5時10分起床、昨夜のキリタンポ鍋をスープ代わりにしてサンドウィッチを食べる。雨が降りそうな雰囲気ではないが残念ながら曇り空である。朝の清々しい空気を吸いながら、緩やかに高度を稼ぐ林道「内杉線」をけやき峠まで登って行く。一人なら退屈してしまう長い道程も、森の景観とおしゃべりを楽しみながら行けば案外短く感じる。

林道「内杉線」の水場

紅葉はこれからか・・・
 林道「内杉線」はけやき峠の手前で右に林道「八宙・中山線」を分け、けやき峠で左に林道「杉尾・権蔵線」を分ける。今日も計画を変更してけやき峠から傘峠への尾根道は行かず直接下谷を降り時間を捻出する。昨日パスした三国峠に登り山頂からの展望を期待してのことだ。

林道「八宙・中山線」分岐

林道「杉尾・権蔵線」分岐

けやき峠

ブナノキ峠への分岐 @けやき峠
 けやき峠から林道「内杉線」を降るにつれ、林道が川面近くまで降りてくる。緩やかな流れが蛇行する芦生らしい景観を楽しみながら長治谷キャンプ場を目指す。川原にはトチノキやかつらの巨木が点在し大きさに目を見張る。

陽が射すと黄葉が鮮やかに

下谷

下谷

下谷

下谷

下谷

かつらの巨木を見上げる

芦生 第1次会員
 長治谷キャンプ場は開けた場所で、整地されたテントサイト、トイレ、演習林の作業小屋、芝生広場(育成中)がある。お弁当を広げるのに良い場所だ。

長治谷キャンプ場

作業小屋 @長治谷キャンプ場

芝生広場 @長治谷キャンプ場

黄葉 @長治谷キャンプ場
 キャンプ場から100m足らずで上谷に架かる木橋に戻る。これで周回完了である。木橋を渡り、中山神社を過ぎて、地蔵峠への分岐を右に分けて直進し枕谷に入る。

左:長治谷、右:上谷 @中山神社

長治谷から中山神社へ

中山神社

中山神社

中山神社から枕谷へ

明るい杉林

地蔵峠下の分岐

枕谷へ
 川原に沿ってあちらこちらで小グループがお弁当を広げている。枕谷は上谷、下谷と比べればこじんまりした谷だ。

枕谷

枕谷
 谷が二股に分かれている間の尾根を少し登り、山腹をトラバースして再び尾根を登るようになれば三国峠は近い。余り広くない山頂だが、幸い貸切で展望を楽しめた。西側は樹木に遮られるが、東側に展望が開ける、。百里ヶ岳、地蔵谷峰あたりの近傍まで確認できるが、比良の武奈ヶ岳方面はぼやけた山波になっている。

三国峠(775m)

展望を楽しむ @三国峠

百里ヶ岳(931m):右奥 @三国峠

地蔵谷峰(791m) @三国峠
 山頂から野田畑峠方面に尾根道が続いているようだ。生杉には最初北方に降りてから、東に向きを変えて尾根道を降る。

紅葉

紅葉
 林道に止めた車が見え、人の声が聞こえるようになると、休憩ベンチのある分岐に出る。ここはどちらにとっても同じ所に降りる。入山時は3台だけだったが、今は満車状態、マイクロバスを含めて30台ほどが林道脇をギッシリと埋めていた。

「三国峠登山道」で二手に分かれるが・・・

同じ登山口に降りてくる
【感想】
 芦生には高峰も名瀑もありません。気ままに巡って自然を感じ取るのに相応しい森です。四季を通じて楽しめるのではないでしょうか。雪の芦生、新緑の芦生も是非訪れてみたいものです。
 Topページ「アルプスの恋歌」へは、http://www.lares.dti.ne.jp/~k-hataをURL入力して戻って下さい。