毛無山(1945m)−下部温泉コース−

◆ 山行記録

山行概要

山行日 2003年11月22日(土)
富士山 @地蔵峠(毛無山)
天気 快晴のち一時曇り、微風
コース概要 下部温泉==湯之奥--地蔵峠--毛無山(往復)
装備 6kg(日帰り)
食料 行動食(1)、行動水(1L)
同行者 OAC会員4名
企画 富士山観賞

行動記録

【11/22(土) 快晴のち一時曇り、微風】
豊田東IC(505) === 日本平SA(635,700) === 清水IC(705) === 毛無山湯之奥登山口(845,900) --- 山の神(955,1005) --- 中山金山跡・水のみ場(1035) --- パノラマ台[地蔵峠](1045,1105) --- 毛無山(1205,1250) --- 展望岩(1255,1310) --- パノラマ台[地蔵峠](1350,1405) --- 山の神(1435) --- 毛無山湯之奥登山口(1520,1535) === 下部温泉会館(1550,1650) === 屋台村「清水港」(1805,1850) === 清水IC(1900) === 豊田東IC(2035)

毛無山 行程図
この画像は国土地理院発行の数値地図(地図画像)を使用して編集しました。

◆ 山行資料

各種機関 (役場、医療、警察、消防、交通)

下部町役場 0556-36-0011 下部温泉病院 0556-36-1111
市川警察署 055-272-0110 下部温泉会館 0556-36-0124
下部駐在所 0556-36-0034 清水港 屋台村 0543-65-3551
峡南広域消防本部 055-272-1919 山交タクシー(下部) 0556-36-0308

◆ 日誌と写真

行動日誌

【11/22(土) 快晴のち一時曇り、微風】
 東名清水ICからR52を北上し、身延山を過ぎた所で右折しR300に入り下部温泉を目指す。下部駅前で身延線を渡り温泉街を抜け、下部川右岸に沿って登って行く。途中林道工事箇所があり、ダンプの往来があるので注意する。本登山コースはJR東海の身延線沿線ガイド(毛無山)にも紹介されている。
 林道工事箇所を過ぎ暫く行くと林道ゲート(開いている)手前に林道横に駐車場のある毛無山登山口に到着する。合計15台程度は駐車できそうだ。なおダンプが往来するので林道脇に停めるのは慎みたい。なお、水場やトイレは設置されていない。

毛無山登山口の駐車場(ここは3台程度)

毛無山登山口
 「中山金山」案内板を読み、金山跡にロマンを擁きながら登山道を登り始める。最初は単調で殺風景な植林帯のジグザグ道を行く。先頭を行く新人Uさんの快調なペースに後続の喘ぎが聞こえてきそうだ。ヒンヤリした林の中なのに額に汗が滲んでくる。たまりかねて「最初の一本はユックリと・・・」と促す。風もなく半袖Tシャツ1枚でも寒くない。

「中山金山」案内板 @毛無山登山口 拡大

はじめは植林帯をジグザグに登って行く
 明るいカラマツ林になり穏やかな陽射しを浴びる。風もないので半袖Tシャツ1枚で丁度良い。山の神辺りから次第に南アルプスの展望が樹間に垣間見られるようになる。真っ青な空に雪を頂いた赤石岳、荒川三山が白く目立っている。富士山展望への期待が高まる。

やがて明るいカラマツ林になる

中山金山跡(女郎屋敷跡、大名屋敷跡と案内がある)
 中山金山跡の案内標識はあるものの金山の坑道跡のような遺構は登山道からは確認できなかった。「大名屋敷跡」を過ぎて左手に「水のみ場」の沢と出合う。登山道は手前の小さな荒れた沢に沿って続いている。地蔵峠に到着し、正面に雄大な富士山の姿を目にする。手前の朝霧高原まで裾野を伸ばし堂々と3776mの高さを誇示している。

地蔵峠(パノラマ台)

雄大な富士山 @地蔵峠 拡大
 毛無山へは左手(北)に向う。毛無山から西に延びる尾根と出合う肩まで急な登りが続く。肩から先小さなアップダウンを繰り返しなかなか山頂に至らない。ようやく「麓」からの登山道が右手から合流すると山頂はすぐそこだ。

毛無山までもうひと頑張り
 
富士山を眺めながら長閑な昼食風景 @毛無山山頂
 一等三角点のある毛無山(1945m)の山頂は富士山の絶好の展望台。ユッタリと富士山を眺めながら昼食をとる。

富士山 @毛無山山頂

同行メンバー @毛無山山頂
 南アルプス方面への展望はコース途中にある「南アルプス展望岩」から得られる。高度感も無く危険とは思はないが、写真に夢中になって足を踏み外さないように注意する。

南アルプス展望岩

北岳 @南アルプス展望岩
 南アルプスの高峰が一望できる。仙丈ケ岳は北岳に隠れて見えないようだ。八ヶ岳連峰や遠く浅間山方面まで遠望が利く。

南アルプスの高峰群 @南アルプス展望岩

八ヶ岳連峰 @南アルプス展望岩
 上河内岳  聖岳   赤石岳  荒川三山       塩見岳      農鳥岳,間ノ岳,北岳  鋸岳,甲斐駒ヶ岳 

南アルプスの高峰群 @南アルプス展望岩
 地蔵峠まで下り暫し休憩、富士山に別れを惜しむ。

毛無山方面 @地蔵峠

グリーンパーク方面 @地蔵峠

富士を眺めて何想う・・・ @地蔵峠

湯之奥登山口への帰路 @地蔵峠
【感想】
 富士山を眺めるお手軽なハイキングコースです。登山道はよく踏まれており危険箇所もありません。積雪期の霧氷ハイキングも良いかもしれませんが、車がどこまで入れるか?です。
 Topページ「アルプスの恋歌」へは、http://www.lares.dti.ne.jp/~k-hataをURL入力して戻って下さい。