南沢山(1564m)、横川山(1619m)

◆ 山行記録

山行概要

山行日 2001年9月30日(日)
前夜発日帰り

南沢山(1564m) @横川山
天気 曇り、弱風、13℃
コース概要 岡崎==昼神温泉==ふるさと村自然園--南沢山--横川山(ピストン)
装備 9kg(日帰り装備)
食料 行動食+水(1.5リットル)
同行者 OAC会員(N.Y、T.N、K.Y、K.O、M.R)
企画 自然観察と積雪期の下見

行動記録

【9/29(土)】 曇り
 岡崎岩津(20:45)==稲武道の駅(22:00,22:05)==ふるさと村自然園(22:40)TS
【9/30(日)】 曇り、弱風、13℃
 TS(6:05)--登山口案内板(6:10)--中間点案内板(7:10,7:20)--南沢山(7:50,8:00)--横川山(8:20,9:00)--南沢山(9:20,9:25)--中間点案内板(9:55)--遊歩道分岐(10:15)--ふるさと村自然園(11:00,11:15)==昼神温泉(11:30,12:20)==蕎麦屋(12:30,13:00)==稲武道の駅(13:45)==岡崎岩津(14:55)

南沢山、横川山 行程図
この画像は国土地理院発行の数値地図200000飯田を使用して編集しました。

◆ 山行資料

各種機関 (役場、医療、警察、消防、交通)

飯田市役所 0265-22-4511 飯田市立病院 0265-21-1255
飯田警察署 0265-22-0110 飯田広域消防本部 0265-23-0119

◆ 日誌と写真

行動日誌

【9/30(日)】 曇り、弱風、13℃
 5:20、起床。前夜の宴会が盛り上がり、0:55と遅い就寝のため少々寝過ごした。空はどんよりとしているが、なんとか昼までは持ちそうな感じである。

ふるさと村自然園駐車場

ふるさと村自然園駐車場近くのの水洗トイレ
 自然園の中の舗装路を南下し、5分ほどで案内板のある登山口に着く。「富士見台高原まで8.2km、ふるさと遊歩道1周5km、南沢高原まで4.2km」と書かれている。

登山口の案内板

最初の分岐は左手(山腹を登る道)をとる
 林内は秋の花、きのこ、秋の味覚と、秋色に染まり始めている。山全体の紅葉はもう少し先だけど、ちらほらと色づきはじめた葉が目に付く。

イワカガミ(紅葉)

クリ(秋の味覚)
 最初は緩急の登りを繰り返すが、急な登りも長くは続かない。うすく一汗かくころ案内板、園内詳細地図のある中間点に到着する。ここからは緩やかな登りとなり自然と脚が速まる。

中間点案内板付近に貼ってある地図を加工しました。

中間点案内板から先は緩やかな登り

樹林を抜けて笹原の中を行く
 樹林を抜けると左手に横川山、左奥に富士見台、右奥に恵那山が見えてくる。南沢山は広場になっていて休憩ベンチもある。

左手(南)に横川山(1619m)、奥は富士見台方面

南沢山(1564m)

南沢山(1564m)

南沢山(1564m)
 ここから横川山までは一旦下り登り返すが、爽快な笹原歩きで20分ほどで楽に着いてしまう。

南沢山から横川山を目指して・・・

横川山(1619m)
 横川山手前に右手(西側)がガレた場所があるが、通行に危険はない。横川山は360度の展望台。しかし今日は雲が厚く覆っているため、中央アルプス主脈は南端の摺古木山がうっすらと確認できる程度である。

横川山手前の崩壊地

横川山(1619m)

南沢山(1564m)と中央アルプス主脈方面 @横川山
【出逢ったお花】

アキノキリンソウ

アキノキリンソウ

アケボノソウ

アケボノソウ

ノコンギク

ツリガネニンジン

タマアジサイ

マムシグサ(果実)



キツリフネ

ゲンノショウコ

アキノタムラソウ

【出逢ったきのこ】






【感想】
 横川山までは危険箇所も無く、積雪期も雪原散歩が楽しめそうです。南沢山の樹木の枝ぶりから、2〜3m程度の積雪があるように思いました。
 ふるさと村自然園は、良く整備されたキャンプ場(オートキャンプ)です。駐車場の近くには清掃の行き届いた水洗トイレ(照明、ペーパー付き)やバンガローがあります。遊歩道(1周5km)で林内散歩も手軽に楽しめそうです。
 Topページ「アルプスの恋歌」へは、http://www.lares.dti.ne.jp/~k-hataをURL入力して戻って下さい。