蛇峠山(1664m)

◆ 山行記録

山行概要

山行日 2002年1月12日(土)
中央アルプス展望 @レーダー雨量計
天気 快晴、弱風、4℃@山頂
コース概要 治部坂峠---馬ノ背---蛇峠山(往復)
装備 7kg(日帰り)
食料 行動食(1食)+水(1リットル)
同行者 OAC会員2名、gorge会員1名
企画 正月太り(?)のシェイプアップ

行動記録

【1/12(土)、快晴、弱風、4℃@山頂】
 岡崎(600) === 岩津市民センター(625) === 平谷道の駅(805,810) === 林道途中[除雪終点](830,855) --- 馬ノ背ゲート(945) --- レーダー雨量計(1130,1235) --- 山頂展望台(1245,1255) --- レーダー雨量計(1300) --- 馬ノ背ゲート(1355) --- 林道途中[除雪終点](1425,1440) === ひまわりの湯(1510,1600) === 岩津市民センター(1740) === 岡崎(1810)

蛇峠山 行程図
この画像は国土地理院発行の数値地図25000飯田を使用して編集しました。

◆ 山行資料

各種機関 (役場、医療、警察、消防、交通)

浪合村役場 0265-47-2001 山力会菅沼病院 0265-22-0532
浪合村警察官駐在所 0265-47-2110 飯田市立病院 0265-21-1255
浪合村消防団 0265-47-2065 飯田橋外科内科病院 0265-24-1511
健和会病院 0265-23-3115 宿り木の湯 0265-47-1116
輝山会記念病院 0265-26-8111 ひまわりの湯 0265-48-2101

◆ 日誌と写真

行動日誌

【1/12(土)、快晴、弱風、4℃@山頂】
 先週、同じ計画で蛇峠山を目指したが、降雪と深雪ラッセルに遮られ、馬ノ背ゲート手前で敗退した。今回、好天気が期待されたので、急遽メンバーを募り再挑戦することになった。
 R153は完全に除雪、融雪処理されており、平常どおり走行できる状況であった。外気温も高め(−0℃)と表示されており橋上などの路面凍結に注意すれば問題なさそうだ。それに、今回は4Wスタッドレス+プロの運転手なので心強い。治部坂峠を越え、直ぐに右手に入り、「宿り木の湯」を左手に見ながら別荘地内の林道を「馬ノ背」の標識に従って上がる。ここは雪上走行になるが、流石4Wどこまでも登っていく。しかし、ジグザグの登りが終わった辺りで除雪終点となり、やむなくここに車を停めて歩き始める。
 先週付けたトレースは跡形もなく雪に埋もれていた。橋を渡った所から膝までのラッセルが始まる。4人でローテーションしながら快調に進む。先週の到達点(昼食場所)も平らに埋め尽くされていた。
 歌碑のある展望ポイントまでくると、大川入山、中央アルプスが良く見える。北方、西方は山頂付近に雲が発生してきているが、東方、南方と真上は快晴の青空が広がる。南アルプスの展望に期待が高まる。

大川入山(1908m)

中央アルプス(南駒ヶ岳)
 馬ノ背ゲートを越えると、雪は更に深くなってくる。緩やかな林道の登りなのに、気温が高いせいか、先頭で歩くと汗が出る。風の通り道では少しクラストした部分もある。アンテナ群が見えてから、意外に時間がかかる。雪の斜面を直登し”気分的に”時間短縮を図る。笹の上に積もった雪で下が空洞なため、腰まで潜ることもあり結構時間がかかる。でもラッセルの練習と楽しむ。

林道歩きも雪があれば楽しい

アンテナ群手前は林道をショートカット(直登)する。
 アンテナ群から先、レーダー雨量計までは比較的雪が締まっている。安心しきっていると腰まで落ちますが・・・。レーダー雨量計の先が展望好所となっている。中央アルプスから南アルプスまでパノラマ展望が広がる。
 お約束の(?)お善哉をいただく。これでシェイプアップ山行となるのか・・・?

レーダー雨量計

中央アルプスをバックに登頂記念
仙丈ケ岳     白根三山  塩見岳      荒川岳 赤石岳   聖岳   上河内岳    光岳    

南アルプスの展望
 蛇峠山の山頂は一旦下って登り返した所にある。展望台に上がると南アルプスの南部の方まで展望が広がる。

蛇峠山山頂に向かう(少し下って・・・)

蛇峠山山頂に向かう(少し登り返す)
 帰路も同じコースで戻る。

蛇峠山(1664m)山頂の展望台

馬ノ背ゲート
 林道を下り見上げるほどに、雪を纏った大川入山の端正な姿に惹かれる。

大川入山(1908m)

林道途中(除雪終点)
【感想】
 途中、飯田から来られたスノーシューを履いた単独行(同年代か?)に出会っただけで、蛇峠山で南アルプスの展望を独占できました。この時期なら長い林道歩きも楽しめて、お手軽な雪山入門の山としてお奨めです。
 「アルプスの恋歌」Topページへ