南木曽岳(1677m)上の原コース

◆ 山行記録

山行概要

山行日 2003年9月14日(日)
南駒ケ岳 @女岩展望広場
天気 曇りのち時々晴れ、微風
コース概要 上の原--巨大樹の森--南木曽岳(往復)
装備 11kg(日帰り装備)
食料 行動食(1食)+水(2.5リットル)
同行者
企画 中央アルプス展望

行動記録

【9/14(日)、曇りのち時々晴れ、微風】
岡崎(629) +++ 名古屋(658,710) +++ 南木曽(808,825) --- 上の原(850,900) --- 第2鉄塔(930,935) --- 巨大樹の森(1030,1040) --- 女岩展望広場(1205,1325) --- 巨大樹の森(1425,1430) --- 第2鉄塔(1455,1500) --- 上の原(1530) --- 南木曽(1550,1604) +++ 中津川(1624,1632) +++ 金山(1750,1753) +++ 岡崎(1817)

南木曽岳 行程図
この画像は国土地理院発行の数値地図50000を使用して編集しました。

◆ 山行資料

各種機関 (役場、医療、警察、消防、交通)

南木曾町役場 0264-57-2001 中津川救急センター 0573-65-3799
木曽警察署 0264-22-0110 中津川市民病院 0573-66-1251
南木曽町交番 0264-57-2040 おんたけタクシー 0573-66-1334
木曽広域消防本部 0264-24-3119 南木曽観光タクシー 0264-57-3133
木曽消防署南分署 0264-57-3119  富貴の森温泉 床浪荘 0264-58-2031

◆ 日誌と写真

行動日誌

【9/14(日)、曇りのち時々晴れ、微風】
 台風14号が去って北からの高気圧が張り出し・・・、好天気を期待して、久々に一人で出かけた。愛車は家内に召し上げられたため、今回は電車で行けるところということで南木曽岳にした。中央アルプスの展望が楽しみだ。
 山頂での展望をゆったりと楽しむためには南木曽駅に停車する「しなの1号」を利用するほかない。青空フリーパスで節約し特急料金1150円を奮発した。
 駅前の「サンショップ石川」は8時から開店していて行動食を買い足した。電車だと途中のコンビニに寄って買い物ができないのが不便だ。いつものように上の原登山口まで歩く。途中、円空仏で有名な等覚寺は本堂が新築され立派さに驚いた。

南木曽駅

等覚寺 山門
 道標に従い、上の原登山口への近道へと入る。畑の中を縫って登って行く。再び舗装路に出て、右手に暫く行けば上の原登山口に至る。

等覚寺 本堂(新築)

上の原登山口へ近道
 民家の庭先を通るようにして登山道が始まる。飼い犬が尻尾を振りながら吠えている。抜けた所に新しく「登山届ポスト」ができていた。観音開きの扉を開けると登山届の綴りが納まっていた。奥には御札が貼ってあり、登山の無事を祈り拍手を打った。

上の原登山口

登山届ポスト @上の原登山口
 登山道は全般的に踏み跡明瞭だが、巨大樹の森入口を過ぎると笹が生い茂り登山道を覆ってくる。女岩合流点に近づくに連れ背丈ほどの笹が足元を見え難くする。倒木も頻繁に出てくるので足元には注意が必要だ。

    巨大樹の森入口

  巨大樹の森入口
 南木曽岳避難小屋手前の女岩展望広場で、冷えたビールを飲みながら中央アルプスの展望を楽しむ。たまには一人で山と対座するのも良いものだ。

女岩展望広場

女岩展望広場にて

中央アルプス全貌 @女岩展望広場

空木岳、南駒ケ岳、仙涯嶺、越百山 @女岩展望広場
【花のアルバム】
花には余り恵まれない山です。

ツリガネニンジン

ツリガネニンジン

キンミズヒキ

キンミズヒキ

カシワバハグマ

カシワバハグマ

リンドウ

リンドウ
【感想】
 南木曽駅に着いた時は雲が厚く、山頂も雲の中という予想外の天候に「こんな筈では・・・」と悩みましたが、山頂に着いた頃には一時的に雲が切れて、まずまずの中央アルプス展望でした。生憎、御岳、乗鞍方面は雲の中でしたが、雄大な展望が楽しめる山です。上の原コースは「マイナー」なので静かな山を味わえますが、笹薮漕ぎが苦手な方にはお奨めできません。
 Topページ「アルプスの恋歌」へは、http://www.lares.dti.ne.jp/~k-hataをURL入力して戻って下さい。