南沢山(1564m) −シナノショウキラン探し−

◆ 山行記録

山行概要

山行日 2004年6月19日(土)
シナノショウキラン @2002.6.16
天気 曇り時々晴れ、微風
コース概要 ふるさと村自然園--南沢山--横川山(往:尾根コース、復:沢コース)
装備 5kg(日帰り装備)
食料 行動食+水(1リットル)
同行者
企画 シナノショウキランの確認

行動記録
<注> 写真撮影が多く所要時間はかなり長めになっています

【6/19(土)】 曇り時々晴れ(山頂はガス)、微風(山頂はガス)
岡崎(600) === 道の駅「平谷」(740,745) === R256分岐(800) === ふるさと村自然園PKG(815,830) --- 尾根コース登山口(735) --- 尾根/沢コース分岐(950,1000) --- 南沢山(1050,1100) --- 横川山(1120,1205) --- 南沢山(1220) --- 尾根/沢コース分岐(1300,1310) --- ふるさと村自然園PKG(1435,1445) === 昼神温泉「湯ったりーな昼神」(1500,1545) === 蕎麦「おんびら」(1550,1610) === 岡崎(1845)

南沢山 行程図
この画像は国土地理院発行の数値地図25000飯田を使用して編集しました。

◆ 山行資料

各種機関 (役場、医療、警察、消防、交通)

飯田市役所 0265-22-4511 飯田広域消防本部 0265-23-0119
飯田警察署 0265-22-0110 ふるさと村自然園 0265-46-2525
飯田市立病院 0265-21-1255 温泉「湯ったりーな昼神 0265-43-4311

◆ 日誌と写真

行動日誌

【6/19(土)】 曇り時々晴れ(山頂はガス)、微風(山頂はガス)
 2年前に偶然見つけたシナノショウキラン(かな?)を確認するため、時期を合わせて南沢山に出かけた。R153は空いていて快調に走れ、岡崎から2時間余りでふるさと村自然園に到着した。広い駐車場には他に登山者と思われる1台のみで閑散としていた。自然園は”開園中”でトイレは使用可能である。

ふるさと村自然園のトイレ

ふるさと村自然園の駐車場
 入口からの園内道路を更に進むと、案内板のある「尾根コース」登山口に着く。なお、「沢コース」は園内道路を少し戻り橋を渡って左折し川沿いに登って行く。登りは「尾根コース」、下りは「沢コース」を推奨する。

遊歩道の解説 @尾根コース登山口

遊歩道案内図 @尾根コース登山口
 明るい新緑の林に入って行く。暫く山腹を巻くように進み、「南沢」標識に従って尾根に取り付く。登山道(遊歩道)は良く踏まれており、不明瞭な箇所や紛らわしい分岐はない。忠実に尾根を辿ればよい。

清々しい新緑の登山道

ここから尾根に取り付く
 2箇所少し急な登りがあるが、概ね緩やかな登りが続く。「中間点まで1km」、「中間点」と書かれた標識を励みに森林浴を楽しみながらゆっくりと登ろう。
 「中間点」のピークを下りきると、「尾根コース」と「沢コース」の合流点である鞍部に着く。ここには老朽化しているがベンチがあり休憩適地である。

2箇所少し急な登りがある

「尾根コース」と「沢コース」の合流点
 さて、ここからが本番!今回の目的であるシナノショウキラン探しを始める。記憶を頼りに、登山道の脇を探しながら進む。ギンリョウソウやキノコ類はたくさん目にとまるのだが・・・、とうとう山頂に着いてしまった。帰路での発見に期待する。
 長年「南沢山頂上」標識を掲げていた老木はついに朽ちて、標識の後で静かに横たわっていた。なぜか、殺風景に写るのは気のせいか・・・。ベンチでは駐車場の車の主(ご夫婦)が横川山往復を終えて昼食の準備をされていた。「今日は人が少ない。初めて会う人だ。」と言われた。時間もあるので、誰もいない静かな山頂を目指して横川山に向かう。

標識を掲げていた老木は朽ちて横たわっていた

ガスに巻かれ展望は皆無 @南沢山山頂
 横川山山頂で、鳥の囀りを聞きながら昼食とする。山頂付近はガスがかかり、雄大な南アルプス展望は得られなかった。

横川山山頂

横川山山頂
 帰路も分岐点まで再度目を見張りながら下るが、とうとう見つけることはできなかった。登山道整備のため結構刈込みがされていたが、シナノショウキランも一緒に刈込まれてしまったのでなかろうか・・・。
 【自然観察】
懸命の探索にもかかわらず、シナノショウキランは確認できませんでした。

キツネノローソク(ヒカゲノカズラの胞子の穂)

キツネノローソク(ヒカゲノカズラの胞子の穂)

ヤマアジサイ

ヤマアジサイ

イワウチワ(落花後)

イワウチワ(落花後)

タニギキョウ

タニギキョウ

ギンリョウソウ

ギンリョウソウ

?2 @南沢山と横川山の間

?2 @南沢山と横川山の間

?3 @南沢山と横川山の間

?3 @南沢山と横川山の間

コバノフユイチゴ?

コバノフユイチゴ?

ヤグルマソウ

ヤグルマソウ

クルマムグラ

クルマムグラ

キバナノヤマオダマキ

キバナノヤマオダマキ

オオバライチゴ?

オオバライチゴ?

バライチゴ?

バライチゴ?

ヘビイチゴ

ヘビイチゴ

エゴノキ

エゴノキ

ヒメジョオン

ヒメジョオン

フランスギク?

フランスギク?

ムシトリナデシコ

ムシトリナデシコ

オオキンケイギク

オオキンケイギク

ルピナス

ルピナス

ルピナス

ルピナス

ササユリ

ササユリ

サワギク

サワギク

クリンソウ

クリンソウ

シロバナニガナ

シロバナニガナ

ニガナ

ニガナ
【感想】
 シナノショウキランは確認できず残念でした。しかし、ゆっくりと歩いたお蔭で、南沢山に咲くお花を楽しむことが出来ました。麓の自然園内の艶やかなお花とは対照的にひっそりと咲いている感じです。
 登山コースはファミリーでも安心して登れます。晴れれば南アルプスの展望が楽しめるでしょう。
 Topページ「アルプスの恋歌」へは、http://www.lares.dti.ne.jp/~k-hataをURL入力して戻って下さい。