大川入山(1907m)  -あららぎ高原スキー場-

◆ 山行記録

山行概要

報告概要  雪山用に新しく購入した”かんじき”と”スノーシュー”を試しに大川入山(1908m)に行きました。積雪が膝までと少ないため深雪での効果は確認できませんでしたが、装着要領、フィット感、斜面での取り回しなどセッティングのための情報が得られました。また、登頂は果たせませんでしたが、アルプスのクリアな展望に大満足のスノーハイキングとなりました。
山行日 2008年1月27日(日)
聖岳(3013m) 拡大
天気 1/27(日) 快晴、微風、-4℃@P1742m 
コース概要 あららぎ高原スキー場--大川入山(途中往復)
装備 10kg(日帰りハイキング装備)
食料 昼食(1),行動食(1)
同行者 OAC会員2名
企画 かんじき、スノーシューの試用

行動記録

【1/27(日) 快晴、無風、0℃@岡崎、-14℃@道の駅「平谷」、-4℃@P1742m】
 岡崎(500) =0:55= 足助サークルK(555,600) =0:55= 道の駅「平谷」(655,700) =0:20= あららぎスキー場(720,800) -0:40- 登山道入口(840) -1:20- P1520(1000) -1:40- P1742(1140,1245) -0:40- P1520(1325) -0:35- 登山道入口(1400) -0:25- あららぎスキー場(1425,1445) =2:30= 岡崎(1715)

大川入山 行程図 (GPSの軌跡をプロットしてみました。一部データ抜けあり)
この画像は国土地理院発行の数値地図25000を使用して編集しました。


                            天気図   Yahoo!天気情報 過去の天気より転載 @飯田

【1/27(日) 晴れ,2.9/-9.7℃,E1m/s,0.0mm】

【1/27(日) 晴れ,2.9/-9.7℃,E1m/s,0.0mm】

◆ 山行資料

各種機関 (役場、医療、警察、消防、交通)

阿智村役場 0265-43-2220 飯田市立病院 0265-21-1255
伊那警察署 0265-72-0110 健和会病院 0265-23-3116
浪合警察官駐在所 0265-47-2110 あららぎ高原スキー場 0265-47-2201
飯田広域消防本部 0265-23-0119 宿り木の湯 0265-47-1116
浪合村消防団(役場) 0265-43-2220 そば 勝縁 0265-43-3711
輝山会記念病院 0265-26-8111 そば処 おんびら 0265-43-3398

◆ 日誌と写真

行動日誌


あららぎ高原スキー場

駐車場(500円)
 R153は完全に除雪されており、平谷で-14℃なるも凍結箇所なく安心して走行できた。寒原峠で左折してから駐車場までは雪道となる。なお、コンビニは平谷スキー場手前のサークルKが最終となる。

リフト運転前のゲレンデ

リフトには行列ができる
 7:20着で第1駐車場はは既に満車、第2が半分位の入り、誘導に従って止める。500円也。 なお、料金所手前の駐車場は無料となっている。

 ゲレンデの左端に沿って歩く。第1リフトの5/9鉄柱付近まで登ると、左手に「大川入山登山口」の標識が見つかる。

「大川入山登山口」の標識あり

第1リフトの5/9鉄柱付近が登山口

わかん、スノーシューを装着する

うさぎの足跡をトレースする
 今回試用したかんじき(わかん)とスノーシューを試用結果と共に紹介する。

◇かんじき : 前ゴムと後ろヒモで固定する。前ゴムは厚手で強く締めても強度的に大丈夫。強く締めれば登山靴へのフィット感良好。後ろヒモは原理的に踵の左右ブレが生じるが気にならなかった。樹脂製の長爪(金属ピン付)も特に違和感なし。

◇スノーシュー : 先端部の反りとヘッドアップ(ヒールダウン)機構、ヒールリフター(2.5cm)およびクランポン(前爪、両サイド)により、斜面でも快適に登高できた。 なお、ベルト留めへの引っ掛けは前からに変更する。(後ろからだと前進時に外れやすい)

SK-Ⅱ(新興電機製)かんじき(わかん)

デナリEVOアッセント(MSR製)スノーシュー  
 しらかば林を抜け「水源造林」看板の処からジグザグに登りP1452mからの尾根道に合流する。P1452m方面は廃道。

シラカバ林の中、小さな流れを横切る

ここからジグザグに尾根まで登る

わかんとSK-Ⅱ、デナリを履き比べながら登る

登るにつれ南アルプス展望が広がる
【北アルプス、中央アルプス、南アルプスの展望】

乗鞍岳(3025m)

奥穂高岳(3190m)、前穂高岳(3090m)

南駒ヶ岳(2841m)

仙丈ヶ岳(3032m)

北岳(3192m)、間ノ岳(3189m)

間ノ岳(3189m)、西農鳥岳(3051m)

南アルプス南部

赤石岳(3120m)、聖岳(3013m)

塩見岳(3047m)

悪沢岳(3141m)、中岳(3083m)、前岳(3068m)

赤石岳(3120m)

聖岳(3013m)
【感想】
 SK-Ⅱかんじき、DENALIスノーシューとも試用結果は良好でした。次回は深雪で効果を確認したいと思います。
 Topページ「アルプスの恋歌」へは、http://www.lares.dti.ne.jp/~k-hataをURL入力して戻って下さい。