石巻山(358m)
 アルプスの恋歌」のトップページへ
◆ 山行記録

山行概要

報告
概要
 午後からハイキングの温泉泊版です。土曜日は西浦温泉に泊まり、翌日、石巻山(358m)を日帰りハイキングしました。低山も晩秋の佇まいになってきました。純白の富士山が眩しかったです。
山行日 2011年12月4日(日)
富士山(3776m) @石巻山
天気 晴れ、中風、12℃@石巻山
コース
概要
参拝者駐車場--石巻山--折返点[往復]
装備 8kg
同行者 M.H
企画 富士山展望と自然観察

食事
【共】:共同,【個】:個人,【外】:外食
月/日 朝食 昼食 夕食 飲料
12/4
(日)
【外】西浦温泉「末広」
【共】いわしみりん干、
   焼豚、焼おにぎり
【個】ホットドッグ、パン
【共】1L
【個】1L

行動記録

【12月3日(土) 曇り、微風】
 自宅(1530) =0:40[18.9km]= 西浦温泉「末広」(1610)
【12月4日(日) 晴れ、中風、12℃@石巻山】
 西浦温泉「末広」(850) =1:05[42.5km]= 石巻神社参拝者駐車場(1005,1020) -0:55- 石巻神社(1115) -0:07- 奥の院(1122) -0:26- 石巻山(1148,1252) –0:24- 駐車場(1316,1320) –0:31- 折返点[大知波田峠手前] (1351,1412) –0:28- 駐車場(1440,1447) –0:30- 石巻神社参拝者駐車場(1517,1523) =1:20= 自宅(1643)

行程図
この画像は国土地理院発行の数値地図を使用して編集しました。
地形図
1/25,000  豊橋
1/200,000  豊橋
電子国土
Google Maps

天気図
Yahoo!天気情報 過去の天気より転載 @名古屋

【衛星画像】

【12/4(日) 晴れ,15.1/9.8℃,43%,NNW6m/s,0.0mm】


◆ 山行資料

各種機関 (役場、医療、警察、消防、交通)

豊橋市役所 0532-51-2111 湖西市役所 053-576-1111
豊橋警察署 0532-54-0110 湖西警察署 053-593-0110
牛川駐在所 - 湖西市消防署 053-574-0213
中消防署東分署 0532-61-0119 自然処「ほっとい亭」 0532-88-0149
西浦温泉「末広 0533-57-9111    

アプローチメモ
ETC料金
コンビニ ・サークルK(豊橋瓜郷町店):0532-57-3205
・セブン−イレブン(豊橋石巻本町店):0532-88-2023
・ローソンプラス(豊橋牛川通店):0532-52-2826
前泊
駐車場 ・石巻神社参拝者駐車場(無料):8台
・駐車場(ナツメ別館手前、無料):20台
温泉 ・石巻山温泉(石山荘):0532-88-0117
・ナツメ別館:0532-88-0111
蕎麦


◆ 日誌と写真

行動日誌

【12月4日(日) 晴れ、中風、12℃@石巻山】
 10時に現地に到着する。上の駐車場が満車だと困るので、予定を変更して麓にある「石巻神社参拝者駐車場」に車を止める。身支度を整えていると、早くも地元の方が下山してこられた。ここからの道の状況を伺うと、登山道は利用者が少なく荒れているのでと車道を歩くことを勧められた。

 車道を歩き始めて直ぐ「ほっとい亭」という食事処がある。名物はとろろ汁ようだ。(帰路に営業しているのを確認したが入店しなかった)

石巻神社参拝者駐車場(8台)

石巻名物とろろ汁の「ほっとい亭」
 暫くすると、なにやら人だかりが・・・、斜面から何かを引き上げている。尋ねると「不法投棄の回収作業」とのことで、上の駐車場近くまで、大勢の人とダンプカーで大賑わいであった。大型冷蔵庫、テレビ、タイヤなど引き上げられた廃棄物が散在していた。山を汚す心無い所業に悲しくなる。

大勢で不法投棄の大掃除

引き上げられた大型冷蔵庫

ごみ収集車が何台も待機

「愛知県産業廃棄物協会東三河支部」の活動
 今日は特別だが、普段は通り抜けできない車道なので交通量は少ないようだ。2km足らずを45分かけて足慣らしして上の駐車場に到着する。20台余り駐車できる整備された駐車場で水洗トイレもある。

  駐車場の手前で左手に登る車道は「石巻荘」の横を通って石巻神社への参道石段に合流する。

左(石山荘)も右(駐車場)も石巻神社へ続く

駐車場(20台)と水洗トイレ

「石巻自然科学資料館」案内図  拡大

「豊橋自然歩道」案内図
 駐車場から「ナツメ別館」の前を通って行けば、鳥居の建つ参道石段の登り口に着く。もう少し先に進んで「奥の院」をお参りしてから「本殿」に向かう。

 「奥の院」から戻って、鳥居を潜って石段を登り始める。石段の途中で奥の院に続く道があった。わざわざ戻らなくても良かったのだ。

石巻神社「本殿」への参道

鳥居を通り過ぎて「奥の院」へ立寄る

「奥の院」

手水舎

本殿手前の鳥居

石巻神社「本殿」
 手水舎(てみずや/ちょうずや)の横から石巻山への登山道が分岐している。30名ほどの中高年集団とすれ違う。狭い山頂で重ならなくて良かった。

里山の紅葉を愛でながら行く

陽を浴びてもみじが鮮やか
 良く歩かれている登山道で足元の不安は無い。紅葉を楽しみながらゆったりと歩く。

「石巻の蛇穴」

径60cm、奥行13mの蛇穴

「ダイタラボッチの足跡」

”足跡”を踏んで行く
 「石巻の蛇穴」、「ダイタラボッチの足跡」を通り過ぎて「大天狗・小天狗」に至る。ここは展望が開けているので一息入れるのにちょうど良い。

「大天狗・小天狗」

豊橋市街の展望が開ける

山頂直下は手摺(鎖)と階段が整備されている

石巻山(358m)の山頂
 山頂の岩峰を巻くようにして直下に出る。ここから山頂まで狭くて急な岩登り(?)になるが、手摺(鎖)と階段が整備されているので問題ない。但し、交互通行のマナーと落石には注意しよう。

 山頂では4人の若者パーティと家族連れ数組が居ただけで、気兼ねなくゆったりと昼食宴会と展望を楽しめた。

坊ヶ峰(445m)の左に・・・

富士山(3776m)

奥茶臼山(2474m)、間ノ岳(3189m)、塩見岳(3047m)

悪沢岳(3141m)、赤石岳(3120m)、聖岳(3013m)

御堂山(363m)、遠望峰山(m)、五井山(454m)

本宮山(789m)
 計画では富士見岩まで行く予定であったが、日暮れも早いので、適当な所で折り返し、晩秋の風情を楽しみながら帰路に着いた。

晩秋の風情

山裾の錦織

石巻山(358m)は岩の山

鮮やかなもみじ
自然観察
「誤り」などご教示いただければ幸いです。 MAIL

ノハラアザミ

クサギ(果実)
感想
 10月の神石山(325m)に続き湖西連峰(弓張山脈)を訪れました。素晴らしくクリアな秋晴れだっただけに、富士見岩から富士山の全容を眺めたかったですね。

 「アルプスの恋歌」のトップページへ