蔵王山(250m)
 アルプスの恋歌」のトップページへ
◆ 山行記録

山行概要

報告
概要
 午後からハイキングの温泉泊版です。土曜日は田原市の「井筒楼」に泊まり、翌日、蔵王山(250m)を日帰りハイキングしました。紅葉にはまだ早すぎましたが、最初にして富士山が眺められたのはラッキーでした。
山行日 2012年11月18日(日)
富士山(3776m) @蔵王山
天気 晴れ時々曇り、中風、16℃
コース
概要
権現の森--蔵王山[往復]
装備 5kg
同行者 M.H
企画 富士山展望と自然観察

行動記録

【11月17日(土) 小雨一時雨強し、無風一時強風、18℃@岡崎】
 自宅(1500) =1:45= 浪漫の宿「井筒楼」(1645)
【11月18日(日)  晴れ時々曇り、中風、16℃@蔵王山】
 浪漫の宿「井筒楼」(940) =0:20= 権現の森P(10:00,1015) -0:15- 熊野三所権現(1030,1035) -0:10- 分岐(1045) -0:10- ふくしば広場(1055,1110) -0:15- 見晴台(1125,1130) -0:10- 蔵王山(1140,1240) -0:15- ふくしば広場(1255) -0:07- 分岐(1302) -0:05- 慰霊碑(1307) -0:18- 権現の森P(1325,1330) =1:20= 自宅(1450)

行程図
蔵王山 行程図 (GPSの軌跡をプロットしてみました。)
背景地図データは,国土地理院の電子国土Webシステムから配信されたものです。
地形図
1/25,000  老津
1/200,000  豊橋

天気図
Yahoo!天気情報 過去の天気より転載 @名古屋

【衛星画像】

【11/18(日) 晴れ,15.7/9.1℃,46%,NW7m/s,0.0mm】


◆ 山行資料

各種機関 (役場、医療、警察、消防、交通)

田原市役所 0531-22-1111 蔵王山展望台 0531-22-0426
田原警察署 0531-23-0110 渥美半島だより 0531-23-3516
中部交番 - 渥美病院(救急指定) 0531-22-2131
田原市消防署 0531-23-0119 浪曼の宿「井筒楼」 0531-32-0181

アプローチメモ
ETC料金
コンビニ ・サークルK吉胡(ヨシゴ)店:0531-23-0773
・ファミリーマート新清谷(セイヤ)店:0531-24-0535
前泊
駐車場 ・権現の森:63台、水洗トイレ
・山頂:63台、水洗トイレ、売店、食堂
温泉
蕎麦


◆ 日誌と写真

行動日誌

【11月18日(日)  晴れ時々曇り、中風、16℃@蔵王山】
 浪漫の宿「井筒楼」を9:40に出発し、蔵王山の登山口「権現の森」駐車場に向かう。昨日の大雨と打って変わり、青空が広がっている。発達した低気圧の影響が残り、風が強く三河湾には白波が立っている。今日はこの地域で実業団の駅伝大会があり、一時的に交通規制(通行止)されるようだ。

 20分ほどで「権現の森」駐車場に到着する。区画63台の広い駐車場は半分程度詰まっていた。「権現の森」の参道に入って直ぐにハイキングコースの案内板がある。トイレは右手にある。綺麗な水洗トイレである。横には「杖置場」があり自然木の杖が10本以上立て掛けられていた。自由に使って良いみたいだ。

「権現の森」駐車場

水洗トイレ
 100mほどで分岐に出る。権現社への参道は真っ直ぐ、左に分岐するのは「三つ岩自然歩道」である。参道を進むと今度は右への分岐がある。こちらの方が距離は長いが緩やかな登りである。

自然歩道案内図  拡大

左は「三つ岩自然歩道」
 参道と合流したところが熊野三所権現社でお稲荷さんも祀られている。昭和50年に再建された由緒が記されていた。

熊野三所権現社

熊野三所権現社の由緒  拡大
 ここから登山道らしくなるが、良く利用されている道で足元はしっかりしている。小さな沢沿いの道で風の音さえ聞こえない。「三つ岩自然歩道」への分岐が左に分かれる。道標が建っている。

五合目は開けたところ「ふくしば広場」で休憩適所、テーブル、ベンチもある。コーヒーブレイクを楽しむ。なお、途中2箇所の水飲み場がありコップが置かれているが、昨日の大雨にもかかわらず水量は少なく、また表層水のため飲用はちょっと躊躇ってしまう。

「三つ岩自然歩道」分岐

「ふくしば広場」
 木漏れ日の道を緩やかに登っていくと見晴台に出る。南側に展望が開け、平坦に広がる渥美半島の畑作地帯を俯瞰できる。登山道はここでスイッチバックする。

見晴台からの展望

右は衣笠山(278.4m)

愛染明王

光明地蔵

蔵王権現

蔵王権現の由緒  拡大
 水平に100mほど戻り、自動車道を横切って少し登れば山頂の駐車場に出る。名物の発電用風車と4階建ての立派な展望台がある。

 標高250mであるが周りに遮るものはなく、文字通り360度の展望が楽しめる。最上階は回廊になっており、全面ガラス張りの暖かい屋内から展望を楽しめる。東方にはぼんやりとだが富士山を確認できた。売店の店主はカレンダーに富士山が見えた日を記しており、年間でもそんなに多くは見られないそうだ。初めて来て見られるのはラッキーだと言われ嬉しくなった。

発電用風車

蔵王山展望台
 帰路は途中まで往路を戻り、「三つ岩自然歩道」を廻って降りた。分岐から尾根筋に向かって登り返すと戦没者慰霊碑の建つ広場に出る。

「三つ岩自然歩道」へ

慰霊碑
 ここから降りになる。このルートは「自然歩道」として階段が整備されているが、利用者は少ないようでくもの巣が張っている箇所があった。
自然観察
「誤り」などご教示いただければ幸いです。 MAIL
感想
 往復2時間ほどで気軽に登れ、天気が良ければ富士山も展望できる満足度の高いハイキングコースです。

 「アルプスの恋歌」のトップページへ