北ア 裏銀座・読売新道 縦走

◆ 山行記録

山行概要

山行日 2002年8月13日(月)〜17日(金)
4泊5日(テント泊)

烏帽子岳(2628m)  拡大
天気  8/14:曇り時々晴れ一時雨、弱風
 8/15:霧雨、弱風
 8/16:曇り、微風
 8/17:晴れ、微風
コース概要 高瀬ダム〜烏帽子岳〜野口五郎岳〜雲ノ平〜水晶岳〜赤牛岳〜黒部湖〜黒部ダム
装備 20kg(水2.5g含む)
食料 夕食3、朝食3、行動食4+水(2.5g)
同行者 OAC会員3人
企画 テント泊縦走(夏山合宿)

行動記録

【8/13】
岡崎(1935) == 岩津市民ホーム(2001,2005) == 道の駅「平谷」(2125,2130) == 飯田IC(2202) == 梓川SA(2320,) == 豊科IC(2330) == 七倉TS1(030)
就寝140
【8/14 曇り時々晴れ一時雨、弱風】
起床430
TS1(640) == 高瀬ダム(710,715) -- ブナ立尾根登山口(740,750) -- C1550m(820,830) -- 一休み(903,915) -- C2000m(1002,1015) -- C2208.5m(1037) -- 烏帽子小屋(1225) -- TS2(1235)
烏帽子岳ピストン(往復1:50)
就寝1840
【8/15 霧雨、弱風】
【8/15】 霧雨 起床330
TS2(525) -- 三ツ岳手前30m(614,620) -- だらだら尾根(723,735) -- 野口五郎小屋(800,812) -- 野口五郎岳(827) -- 真砂岳次のピーク(904) -- 東沢乗越(1003) -- 東沢乗越次のピーク(1020) -- 水晶小屋(1055,1110) -- ワリモ岳分岐(1133) -- 岩苔乗越(1138) -- 爺岳(1216) -- 三俣山荘分岐(1233) -- 雲ノ平TS3(1252)
就寝1900
【8/16 曇り、微風】
起床230
TS3(450) -- 三俣山荘分岐(525) -- 爺岳(550,606) -- 岩苔乗越(640,645) -- ワリモ岳分岐(655,710) -- 水晶小屋(745,810) -- 水晶岳(840,903) -- P2904m(945,1005) -- 最低鞍部(1045) -- 赤牛岳(1158,1240) -- 読売新道6/8地点C2578m(1328,1338) -- 読売新道4/8地点(1415,1425) -- 読売新道2/8地点(1530,1545) -- 奥黒部ヒュッテTS4(1645)
就寝2020
【8/17 晴れ、微風】
起床500
TS4(715) -- 平ノ渡「針ノ木谷」(925,1020) ・・ 平ノ渡「平ノ小屋」(1033) -- ロッジくろよん(1338,1412) -- 黒部ダム(1450,1505) == 扇沢(1520,1525) == 七倉(1550,1602) == 高瀬館(1607,1710) == そば処「ごほーでん」(1755,1830) == 豊科IC(1900) == 飯田IC(2000) == 岡崎(2210)

北アルプス 裏銀座・読売新道 縦走 行程図
この画像は国土地理院発行の数値地図200000日本・Uを使用して編集しました。

◆ 山行資料

各種機関 (役場、医療、警察、消防、交通)

◆ 日誌と写真

行動日誌

【8/14(水) 曇り時々晴れ一時雨、弱風】

 未明に到着する車の音で目が醒める。身支度を整えタクシー乗場の列にザックを並べる。七倉から高瀬ダムは通行証を交付されたタクシーのみ通行可能で、お盆の繁忙期は20台、通常は6台とのことである。6時にゲートが開き一斉に20台が発車していく。大町駅から来たタクシーが先になり、我々は2順目に乗車できた。

高瀬ダム行きタクシー乗場 @七倉

七倉駐車場
 高瀬ダムを渡りトンネルを抜け吊橋を渡る。変化に富んだアプローチである。吊橋を渡った所がサイト指定地になっている。広々とした川原で開放的な気分に浸れそうだ。ブナ立尾根の登り口で、これからの急登に一息つく。ここが最終水場になる。

不動沢の吊橋

ブナ立尾根の登り口(最終水場)
 ブナ立尾根は急登が続くが登山道はよく整備されているので歩き易い。それに殆どが樹林の中で陽射しに焼かれることもない。抜きつ抜かれつ、会話を楽しみながら中高年登山者の列が続く。展望が利くようになってくると烏帽子小屋は近い。
 テントを設営してから、烏帽子岳までピストンする。手前の似烏帽子からの烏帽子岳の眺めが美しい。

烏帽子岳(2628m) @似烏帽子岳

高瀬ダムを眼下に @烏帽子岳
 ガスの切れ間に遠望を楽しむ。北には南沢岳、不動岳、その先は針ノ木へと続く。南には明朝一番の登り、三ツ岳が大きく見える。二ノ沢の源頭にドッシリと構え、名前以上に存在感がある。眼下に出発点の高瀬ダムを見下ろして満足感に浸る。

南沢岳と不動岳(中央雲間) @烏帽子岳

三ツ岳 @烏帽子岳
【8/15 霧雨、弱風】

出発してまもなく、三ツ岳への登りで早くも”私の制服”カッパを着る。高度を上げるにつれ、霧雨が強くなる。稜線でもさほど風は強くないが、それでも肌寒く感じる。楽しみにしていた展望は全然利かないが、足元のお花たちに心を和まされる。カメラを出すのが億劫な天気だが、それでも可憐な花を見つけるとシャッターをきっている。
 東沢乗越から水晶小屋まではガレている処があるので注意して歩く。雲ノ平のサイト地は降雨で水浸し、早く着いたものの4人用テントが張れるスペース確保に苦労する。

水晶小屋
 
雲ノ平のテント場 @爺岳登り
【8/16 曇り、微風】

今日は行程が長いので早めに出発する。昨日のコースを水晶小屋まで戻る。ガスに包まれた爺岳であったが、少しの間だけ槍穂の姿を見せてくれた。

槍ヶ岳 @爺岳

笠ヶ岳 @爺岳
 岩苔乗越からは、一昨年前の夏に縦走した三俣蓮華岳を見ることができ懐かしく感じた。あの時もやはり天気には恵まれなかったなあ。

苔の造形 @岩苔乗越手前

三俣蓮華岳 @岩苔乗越
 水晶小屋で一息ついて、いよいよ読売新道へと踏み込んでいく。水晶岳(黒岳)、赤牛岳と名前がピッタリの山肌をしている。ガスの切れ間に、眼下に秘境(だった)高天原、その向うに大きな山塊の薬師岳が誘っている。

真砂岳、東沢乗越方面 @水晶小屋

水晶岳に向かう
 水晶岳、赤牛岳で記念写真を撮る。しかし、バックが真っ白なのでどこの頂だか分からないだろう。

水晶岳(2978m)山頂

赤牛岳(2864m)
 晴れると烏帽子岳が直ぐ傍に見えている。何と直線距離では3km程度しかない。今回は大きくUターンするコース計画なので当然なのだが・・・。

烏帽子岳(2628m)

赤牛岳(2864m)山頂
 赤牛岳を後にして読売新道を下る。上部は岩道で、樹林帯に入ると巨木の根っ子で足をとられるのでバランスがいる。ストックいや転ばぬ先の杖を匠に使って、フィールドアスレチックを楽しみながら長い下りに耐える。(^^ゞ
 新道とは”シンドーイ”道と実感する。

”はんこ岩?” @読売新道

黒部湖まで長い下りが続く @読売新道
 【8/17 晴れ、微風】

平の渡しの時刻が10:20なので、今朝はゆっくりの出発でよい。はじめは、庭園のような開放的な川原をルンルン気分で行くが、直ぐに様子が変る。平の渡しまで黒部湖の右岸に沿って急な山肌に付けられた桟道を辿る。昨日のアスレチックの続きが始まる。50段、70段の丸太梯子の昇り降りを繰り返す。

平の渡し時刻表

「平の小屋」乗船場
 平の小屋からは左岸に沿って、ロッジくろよんまで延々3時間歩く。いい加減飽きてきた頃、やっと黒部ダムが見えてホッとした。冷えたビールが待つロッジくろよんまでの道程が長く感じられた。

黒部ダムが見えて・・・ホッ!

ロッジくろよん
 観光客に混じって、初めて黒部ダムを渡る。身を乗り出して豪快な放水を眺め、黒部ダムの大きさを実感する。

黒部ダム

豪快な放水 @黒部ダム
 トロリーバスは結構満員で、汗臭い身体とザックに気兼ねしながら扇沢までが長く感じられた。七倉までタクシーで戻り、近くの高瀬館で風呂に浸かる。雨の露天風呂も風流か・・・。一向に降り止まぬ激しい夕立の中、車に掛け込み家路に着く。麓に下りると雨が降った形跡がない。しかし振り返ると山は黒い雲で覆われていた。入山している人は今日もたいへんだなあ。
【花のアルバム】
名前が不確かなものも含め48種類掲載しました。2005.07.24訂正

オオカニコウモリ

タマガワホトトギス

センジュガンピ

ハクサンオミナエシ

ゴゼンタチバナ

ゴゼンタチバナ(果)

ミヤマトリカブト

ミヤマコウゾリナ

ミヤマコゴメグサ

エゾシオガマ

ウサギギク

イワオトギリ

ツルリンドウ?

ムカゴトラノオ

ヨツバシオガマ

ミヤマリンドウ

オヤマリンドウ

ミヤマママコナ

コケモモ

タカネスイバ?

タカネツメクサ

コマクサ

チシマギキョウ

タカネニガナ

タカネヤハズハハコ

ハクサンイチゲ

チングルマ

タカネシオガマ

エゾムカシヨモギ

イワショウブ

ミヤマカラマツ

イワツメグサ

イブキジャコウソウ

コウメバチソウ

ミヤマアキノキリンソウ?

ミヤマダイコンソウ

イワツメクサ

クロマメノキ

ハクサンフウロ

ネバリノギラン

タカネスミレ

ツマトリソウ

モミジカラマツ

ホツツジ

ヨツバヒヨドリ

オヤマソバ

ソバナ

キツリフネ
【感想】
 生憎の天候でスッキリした展望は得られませんでしたが、針ノ木岳、槍ヶ岳、穂高連峰、薬師岳など著名な山々は眺めることができました。霧雨でカメラを出すのは億劫でしたが、それでもお花はタップリと楽しめました。
 Topページ「アルプスの恋歌」へは、http://www.lares.dti.ne.jp/~k-hataをURL入力して戻って下さい。