上高地  スノーシューハイク

◆ 山行記録

山行概要

山行日 2005年2月12日(土) 〜 2月13日(日)
朝の奥穂高岳 @河童橋  拡大
天気 2/12(土)、晴れのち曇り、0℃、微風
2/13(日)、晴れのち小雪、-10℃、微風
コース概要 2/12:中ノ湯--小梨平TS
2/13:TS--明神(周回)--中ノ湯
装備 19kg(雪山・テント泊装備)
食料 朝食(1)+行動食(2)+夕食(1)
同行者 OAC会員(6人)
企画 雪の穂高連峰の写真撮影

行動記録

【2/12(土)、晴れのち曇り、0℃、微風】
旧岡崎市民病院PKG(455) ==0:20== 細川小学校前(515,520) ==1:20== 道の駅「平谷」(640,645) ==0:35== 飯田IC(720) ==0:20== 駒ヶ岳SA(740,805) ==0:30== 岡谷JCT(835) ==0:15== 松本IC(850) ==0:55== 沢渡「しるふれい」(945,955) ==0:05== 沢渡PKG(1000,1020) ==0:10== 中ノ湯(1030,1045) --0:20-- 釜トンネル上(1105,1115) --0:40-- 大正池H(1155,1245) --1:00-- 田代橋(1345) --0:10-- ウェストン碑(1355) --0:25-- 河童橋(1420,1430) --0:10-- 小梨平(1440)TS

就寝(2135)
【2/13(日)、晴れのち小雪、-10℃、微風】
起床(615)

小梨平(900) --1:40(散策)-- 明神池(1040,1115) --0:50-- 小梨平(1205,1300) --1:05-- 大正池H(1405,1410) --0:30-- 釜トンネル上(1440,1445) --0:15-- 中ノ湯(1500,1505) ==0:10== 沢渡PKG(1515,1525) ==0:05== 沢渡「しるふれい」(1530,1535) ==0:25== 竜島温泉(1600,1655) ==0:25== 蕎麦「榑木野」(1720,1805) ==0:10== 松本IC(1815) ==1:15[渋滞17km]== 駒ヶ岳SA(1930,1950) ==0:15== 飯田IC(2005) ==1:50== Y邸(2155) ==0:25== 旧岡崎市民病院PKG(2220)

上高地 行程図 (GPSの軌跡をプロットしてみました。一部データ抜けあり)
この画像は国土地理院発行の数値地図25000高山を使用して編集しました。

◆ 山行資料

各種機関 (役場、医療、警察、消防、交通)

安曇村役場 0263-94-2301 信州名鉄交通 0263-27-4444
豊科町役場 0263-72-3111 アルピコタクシー(沢渡) 0263-93-2700
松本広域消防局 0263-25-0119 ペンション「しるふれい 0263-93-2265
豊科警察署 0263-72-0110 竜島温泉「せせらぎの湯 0263-94-1126
国立松本病院 0263-58-4567 手打そば「榑木野 0263-47-4741

◆ 日誌と写真

行動日誌

【2/12(土)、晴れのち曇り、0℃、微風】

 雲一つ無い快晴、中央自動車道からは中央アルプス、南アルプスがクッキリと見え期待が高まる。岡谷JCTを過ぎ長野道に入ると行く手に雲が広がり始めているのが気にかかる。「しるふれい」で予約しておいたスノーシューを借り、沢渡PKGに車を置き、タクシー(中型で2,160円)で中ノ湯まで行く。道路は除雪が行届いており、安心して走行できた。

沢渡PKG

中ノ湯売店(釜トンネル下)
 トンネル内の漏水が少なく凍結箇所は僅かだけ、電気も点いているのでアイゼン無しで安心して歩けた。名物のツララも見られなくなった。旧釜トンネルは今回が通り納めになろう。

漏水少なく釜トンネルの凍結は僅か

釜トンネルを抜けると・・・白銀の世界
 工事車両の通行のため、バス道はからまつ橋まで除雪されている。登山靴でスイスイ歩ける。焼岳、明神岳が順番に出迎えてくれる。しかし、穂高連峰は既に雲に覆われてしまっていた。

焼岳を眺めながら除雪されたバス道を歩く

雲に覆われた穂高連峰と明神岳 @大正池手前
 大正池の畔で焼岳を眺めながら昼食をとる。食後の腹ごなしに俄か雪遊び講習を行う。弱層テストでズレた雪面を観察する。プローブを突き刺して感触の違いも確かめる。この辺りで1mほどの積雪があり、3層構造になっていた。

大正池ホテル(手前に冬季トイレあり)

焼岳 @大正池
 林内の遊歩道に入る前にスノーシューを履く。軽快に脚が伸びる。

いよいよスノーシューを履く

軽快に脚が伸びる
 行動食を食べているとカモが物欲しそうに寄ってくる。「餌を与えないで下さい」の看板があるので無情となる。

行動食を取り出すと・・・

・・・カモが物欲しそうに寄ってくる
 林を抜けて田代橋に出た頃にはすっかり曇り空になってきた。

田代橋を渡って梓川の右岸に

明神岳
 大正池の手前で日帰りの大団体とすれ違ったのみで、3連休の中日にも関わらず静かな上高地である。

六百山と霞沢岳

ウェストン碑
 明日の天気は分からないので、撮れる時に撮っておこう。

定番の河童橋での記念写真

撮った写真を見せ合って
 雪原と化した小梨平でテントを設営する。まもなく居酒屋”梓”が開店する。

小梨平野営場の案内板

少し離れたところにテント設営
【2/13(日)、晴れのち小雪、-10℃、微風】

 6時過ぎに起床、外は既に明るい。焦って身支度し河童橋に走る。辛うじて朝の穂高連峰を撮ることができた。

朝の穂高連峰 @河童橋

朝の奥穂 @河童橋

朝の焼岳 @河童橋
 テント場に戻り朝食の雑炊で温まる。椀を持つと冷え切った指先に感覚が戻ってくる。

朝の身支度

スノーシューハイクに出発
 身支度を整えて、軽装でスノーシューハイクに出発する。梓川右岸の雪原から眺める穂高連峰の景観は何度見ても素晴らしい。しかし、川面が揺れていたので逆さ穂高は鮮明には撮れなかった。

穂高連峰 @梓川右岸の雪原

逆さ穂高 @梓川右岸の雪原
 スノーシューで自由に歩き回る。トレースの全く無い雪原に自分たちの足跡を残していく。童心に返り戯れる。

うさぎの足跡を真似る”青”うさぎ

雪の文様を撮っている?

はしゃぎ疲れて一休み

偶には自画でも・・・
 予定を変更して明神まで脚を伸ばす。明神岳の岩肌に滝が淡く黄緑色に凍結しているのが見えた。思わず「鼻水みたい・・・」と言ったら、周りから顰蹙をかってしまった。

スノーブリッジ(丸木橋)を渡る

凍結した明神岳の岩肌
 ひっそりと佇む嘉門次小屋、穂高神社奥宮、明神池を巡る。

ひっそりと佇む嘉門次小屋

穂高神社奥宮

静寂の明神池

穂高神社奥宮にて
 明神橋を渡って梓川の左岸へ、一路小梨平を目指して帰路に着く。

明神橋を渡って梓川の左岸へ

明神館
【感想】
 一番の難所であった釜トンネルも今期限り、新トンネルが開通して益々冬の上高地は賑わうことでしょう。朝の穂高を撮るには、居酒屋”梓”、料亭”上高地”辺りで暖まって朝を迎えましょう。但し深酒で寝坊しないように!
 Topページ「アルプスの恋歌」へは、http://www.lares.dti.ne.jp/~k-hataをURL入力して戻って下さい。