常念岳(2857m) -三股-

◆ 山行記録

山行概要

報告概要  OACの夏山山行(合宿)で常念岳に行きました。伊吹山での歩荷訓練の成果か、時間はかかりましたが、全員完歩することができました。槍穂高の展望とお花を楽しめました。
山行日 2010年7月31日(土) ~ 8月1日(日)
槍ヶ岳(3180m)
天気  7/31(土) 曇り,無風,20℃
 8/1(日) 晴れ,微風,14℃
コース
概要
三股--常念岳--常念小屋TS--蝶ヶ岳--三股(周回)
装備 20kg(テント泊装備)
食料 夕食(1),朝食(1),行動食(2)
同行者 OAC会員3名(Y.M,A.N,K.O),他4パーティ
企画 夏山山行(合宿)

行動記録

【7/30(金) 曇り,無風,30℃@岡崎】
 岡崎IC(2108) =0:42= 土岐JCT(2150) =1:13= 駒ヶ岳SA(2303,2326) =0:29= 岡谷JCT(2355) =0:20= 豊科IC(015) =0:05= コンビニ(020,026) =0:26= 三股PKG(052)TS0

 就寝(1:20)
【7/31(土) 曇り,無風,20℃@三股】
 起床(4:30)

 TS0(540) -0:17- 三股登山口(557,600) –0:45- 1D(645,655) –0:55- 2D(750,804) –0:57- 大平原分岐(901,927) –1:03- 前常念岳登り(1030) –0:58- 前常念岳下100m(1125,1141) –0:24- 前常念岳避難小屋(1205) –0:30- 水平道分岐(1235) –0:45- 縦走路合流(1320) –0:10- 常念岳(1330,1345) -1:10-常念小屋(1455)TS1

 就寝(19:00)
【8/1(日) 晴れ,微風,14℃@常念乗越】
 起床(3:00)

 TS1(450) –0:07- 1D(457,607) –0:24- 常念岳(631,657) –0:37-1つ目の鞍部(734,746) –0:39- P2561m前鞍部(825) –0:12- P2512m(837) –0:51- P2592m(928,945) –1:23- 蝶槍(1108,1122) –0:07- 蝶ヶ岳三角点(1129) –0:07- 横尾分岐(1136) –0:24- 蝶ヶ岳HY(1200,1251) –0:11- 蝶ヶ岳最高点(1302) –0:58- 1D(1400,1406) –0:33- 蝶沢通過(1439) –0:34- まめうち平(1513,1530) –0:47- 力水(1617,1623) –0:27- 三股登山口(1650) –0:10- 三股PKG(1700,1717) =0:15= ほりでーゆー(1732,1903) =0:18= 豊科IC(1921) =0:54= 駒ヶ岳SA(2015,2042) =1:44= 岡崎IC(2226)

常念岳 行程図 (GPSの軌跡をプロットしてみました。一部データ抜けあり)
この画像は国土地理院発行の数値地図(地図画像)を使用して編集しました。
【1/2.5万 地形図】 槍ヶ岳,有明,穂高岳,信濃小倉   【1/20万 地勢図】 高山


                            天気図   Yahoo!天気情報 過去の天気より転載 @松本

【7/31(土) 衛星画像】

【7/31(土) 晴れ,34.4/22.8℃,WNW3m/s,0.0mm】

【8/1(日) 衛星画像】

【8/1(日) 晴れ,33.6/22.3℃,NNW5m/s,0.0mm】

◆ 山行資料

各種機関 (役場、医療、警察、消防、交通)

松本市役所 0263-34-3000 蝶ヶ岳ヒュッテ 0263-58-2210
安曇支所観光商工課 0263-94-2307 (同上) 090-1056-3455
豊科町産業振興課 0263-72-3111 南安タクシー 0263-72-2855
安曇野警察署 0263-25-0110 安曇観光タクシー 0263-72-2735
松本広域消防局 0263-25-0119 ほりでーゆ~・四季の里 0263-73-8500
まつもと医療センター 0263-58-4567 蕎麦 豊科ばんどこ 0263-72-6767
常念小屋 0263-33-9458 そば処 安留賀 0263-82-8282
(同上)  090-1430-3328     
アプローチメモ
ETC料金[割引] ・岡崎~豊科(229.3km) ¥5,700,夜割¥2,850,休割¥1,000
コンビニ ・サークルK豊科IC店:0263-71-1611
・Dヤマザキ豊科IC店:0263-73-5633
駐車場 ・三股P:90台,トイレ有
 登山届は登山口にある指導所で記入する

◆ 日誌と写真

行動日誌

【7/30(金) 曇り,無風,30℃@岡崎】

 21時、岡崎ICから東名高速に入り、東海環状道、中央道を走る。駒ヶ岳SAで時間調整し、0時過ぎて豊科ICを休日割引(¥1,000)で降りる。暗い夜道なので遠く感じるが、30分ほどで三股駐車場に到着する。静かにテントを設営し仮眠に入る。

【7/31(土) 曇り,無風,20℃@三股】

 三股の駐車場は出発時(6時前)で満車になった。登山口の指導所で登山届を書く。常念岳へのコースでは、ここが最終水場になる。

三股の駐車場(区画は90台)

三股登山口の指導所

登山案内図@指導所  拡大

左:蝶ヶ岳(増水時迂回路),右:常念岳
 地形図を見ると等高線の密度にどれほどの急登なのかと不安を覚えるが、登山道はジグザグに付けられており、また良く整備されているので、ペースさえ守れば案外楽に登ることができる。

 3時間かけて急坂を登りきり、大平原分岐に着く。なお、大平原への踏跡は薄い。

急坂はここ(大平原分岐)まで

シラビソ林が続く
 暫くシラビソ林を縫う緩やかな道を行くが、C2300mあたりから前常念岳への登りが始まる。林を抜けて開放感いっぱいの尾根になる。しかし、大きな岩を乗り越えたりして重荷では軽快に登れない。

前常念岳(2661m)

大きな岩を乗り越えて

林を抜ければ開放感いっぱい

重荷では軽快に登れない

ヤッター!前常念岳に到着

こんな尾根を登ってきたんだ!
 前常念岳の避難小屋は老朽化が進んでいる。非常用として風雨は凌げる。板間があり7人程度は横になれる。

避難小屋

常念岳(2857m)
 行く手に常念岳を見上げ、右手に常念乗越のテント場を見下ろす。計画より1時間遅れているし、水平道を辿ってテント場へ近道したいものだが、水平道には「×」印が打たれている。

常念岳(2857m)を見上げ・・・

常念乗越のテント場を見下ろす

常念乗越への水平道には「×」印が

花を観賞しながら常念岳を目指す
 前常念岳分岐に荷物をデポし空荷で山頂を目指す。雲が湧き展望が利かないので明日の楽しみとし、記念撮影だけしてテント場へと急ぐことにする。

常念岳(2857m)の山頂

登頂記念(A.N氏、Y.M氏、K.O氏)

テント場に急ぐ

常念小屋のテント場まで随分降る
 15時にテント場に到着、2箇所のテント場とも大賑わい。先着パーティのお陰で何とか大きなテントを張ることができた。

大賑わいのテント場

テント場で集うOACの面々

先着パーティは・・・

すっかりリラックス
【8/1(日) 晴れ,微風,14℃@常念乗越】

 一ノ沢に下るパーティに見送られ、4時50分に出発する。今日は常念岳から蝶ヶ岳まで縦走し三股に下る。

ご来光

槍ヶ岳(3180m)
 常念岳の山頂でゆったりと展望を楽しむ。真っ青な空に映える槍穂の雄姿が圧巻である。

前穂高岳,奥穂高岳(3190m),北穂高岳

中岳,大喰岳,槍ヶ岳(3180m)
 常念岳からの降り始め暫くは痩せた岩場道なので足下に注意する。

常念岳の降り始め(蝶ヶ岳へ)は痩せ尾根注意!

降りきった鞍部からは伸びやかな尾根
 長塀ノ頭(2677m)には真新しい「蝶ヶ岳山頂」の標識が建っていた。

蝶ヶ岳ヒュッテ

真新しい「蝶ヶ岳山頂」標識
 まめうち平まで結構長く感じられる。可愛い”恐竜”(C1540mの曲り角)に出逢えば力水は近い。本沢の吊り橋を渡れば、あとは登山口まで沢沿いの平坦路を行くだけだ。

まめうち平

可愛い”恐竜”に見えませんか?

しっかりした吊り橋で本沢を渡る
 
左:増水時迂回路,右:通常路
【自然観察】
「誤り」などご教示いただければ幸いです。 MAIL

コイチヨウラン

イチヤクソウ

ゴゼンタチバナ

イワナシ

タカネヤハズハハコ

チングルマ

?-1

ママコナ

ミツバオウレン

イブキトラノオ

ミヤマカラマツ

ハクサンフウロ

オタカラコウ

ニッコウキスゲ

ミヤマコウゾリナ

テガタチドリ

エゾシオガマ

ヤマハハコ

ミヤマニガナ

ミヤマトリカブト

マルバダケブキ

ジャコウソウ

シュロソウ

?-2

グンナイフウロ

シナノキンバイ

?-3

キヌガサソウ

チシマギキョウ

トウヤクリンドウ

オンタデ

コイワカガミ

アオノツガザクラ

ミヤマキンポウゲ

ウサギギク

ハクサンコザクラ

キツリフネ

ツリフネソウ
【感想】
 槍穂高の展望とお花を楽しめるお奨めのコースです。但し、逆廻りは前常念岳の降りに注意しましょう。
 Topページ「アルプスの恋歌」へは、http://www.lares.dti.ne.jp/~k-hataをURL入力して戻って下さい。