村積山(256m) -新靴の足慣らし-

◆ 山行記録

山行概要

報告概要  先週の伊吹山(1377m)で家内が久しぶりに履いた登山靴が”破壊”した。昨日、新しい登山靴を購入したので、足慣らしに村積山(256m)に出かけた。山頂まで僅か30分の行程であるが、一汗流した後、山頂で心地よい風に涼を得て展望を楽しんだ。
山行日 2010年8月29日(日)
名古屋方面
天気 8/29(日) 晴れ、無風、35℃
コース概要 奥殿陣屋--村積山--龍渓院--奥殿陣屋(周回)
装備 7kg
食料 行動食(1)
同行者 M.H
企画 登山靴の足慣らし

行動記録

8月29日(日) 晴れ、無風、35℃@岡崎
 自宅(1450) =0:40= 奥殿陣屋PKG(1530,1538) -0:18- 龍渓院分岐(1556) -0:17- 村積山展望台(1613,1635) -0:19- 龍渓院分岐(1654) -0:03- 龍渓院への下降点(1657) –0:05- 舗装路(1702) –0:15- 龍渓院(1717,1725) –0:25- 奥殿陣屋PKG(1750,1758) =0:40= 自宅(1838)

村積山 行程図 (GPSの軌跡をプロットしてみました。一部データ抜けあり)
この画像は国土地理院発行の数値地図を使用して編集しました。
【1/12,500地形図】豊田南部 【1/200.000地勢図】名古屋


                            天気図   Yahoo!天気情報 過去の天気より転載 @名古屋

【8/29(日) 衛星画像】

【8/29(日) 晴れ,35.2/24.9℃,43%,S4m/s,0.0mm】

◆ 山行資料

各種機関 (役場、医療、警察、消防、交通)

岡崎市役所 0564-23-6000 奥殿陣屋 0564-45-7230
岡崎警察署 0564-58-0110 龍渓院 0564-45-5827
岡崎中消防署(消防本部) 0564-21-5151 名鉄バス(岡崎営業所) 0564-21-1918
 花園出張所 0564-66-8119    
アプローチメモ
コンビニ ・ミニストップ細川町店:0564-45-3644
・ファミリーマート岡崎仁木町店:0564-66-8137
駐車場 ・奥殿陣屋:150台(無料)
・龍渓院:30台(参拝者用無料)

◆ 日誌と写真

行動日誌

8月29日(日) 晴れ、無風、35℃@岡崎

 自宅から40分で奥殿陣屋の駐車場に到着、午後3時を過ぎているのにまだ外気温は下がらない。駐車場横の熊野神社の鳥居を潜って村積山への登山道に入る。北側斜面なので、林の中に入ると陽射しは遮られる。

「奥殿陣屋」駐車場

熊野神社
 家内は新しい登山靴の感触を確かめながら、風の通らない林を汗をかかないようにゆっくりと登って行く。道標が良く整備されているので、迷うようなことはない。道標に従って村積神社に到着する。登山口から1km足らずの距離である。

歩き始めはぎこちなかったが・・・

龍渓院分岐

次第に馴染んできたようだ

村積神社
 村積神社から先に進むと展望台(コンクリート造りの立派なあずま屋)がある。ここからは西方(名古屋方面)と南方(三ヶ根山方面)に展望が開ける。以前はもっと広い範囲が見渡せたようだが、今は生育した樹木で遮られるようになった。展望台に立つと、涼やかな風が汗ばんだ体を労わってくれる。

 帰路は龍渓院(岡崎の苔寺)を経由して駐車場に戻る。龍渓院下降点から舗装路に出るまでの降りは少し急なので足下に注意しよう。

展望台

三ヶ根山(340m)方面

名古屋方面

龍渓院下降点(竹林を降る)
 舗装路をのんびりと15分ほど歩けば龍渓院の駐車場に出る。時間があれば是非立ち寄っていただきたい曹洞宗の名刹である。岡崎の苔寺として、またササユリでも有名なお寺である。

 車道を辿って30分ほどで奥殿陣屋駐車場に戻る。

舗装路に出る

龍渓院の石仏
【感想】
 お店での靴選びの時は不安げな様子であったが、実際に歩いてみて安定した歩き易さに満足したようであった。これからは、もっと頻繁に山に出かけられるだろう。
 Topページ「アルプスの恋歌」へは、http://www.lares.dti.ne.jp/~k-hataをURL入力して戻って下さい。