桑谷山(436m) -午後からハイキング-

 「アルプスの恋歌」のトップページへ

◆ 山行記録

山行概要

報告概要  午前中の勤務を終えた家内と桑谷山(436m)へ”午後からハイキング”に出かけました。歩行距離は往復4km、標高差250m、登り1時間、降り45分とお手軽で、桑谷展望台からは三河湾の素晴らしい眺めが楽しめます。
山行日 2010年10月2日(土)
蒲郡方面 @桑谷展望台
天気 10/2(土) 晴れ、弱風、22℃
コース概要 桑谷キャンプ場--桑谷展望台(往復)
装備 5kg
食料 行動食(1)
同行者 M.H
企画 午後からハイキング

行動記録

10月2日(土) 晴れ、弱風、22℃@桑谷展望台
 自宅(1400) =0:20= 桑谷キャンプ場PKG(1420,1425) -0:10- 桑谷キャンプ場(1435) -0:25- 水場(1500,1508) -0:07- 舗装路横断(1515) -0:13- 桑谷展望台(1528,1550) –0:45- 桑谷キャンプ場PKG(1635,1640) =0:20= 自宅(1700)

桑谷山 行程図 (GPSの軌跡をプロットしてみました。一部データ抜けあり、点線で補足)
この画像は国土地理院発行の数値地図を使用して編集しました。
【1/12,500地形図】幸田 【1/200.000地勢図】名古屋


                            天気図   Yahoo!天気情報 過去の天気より転載 @名古屋

【10/2(土) 衛星画像】

【10/2(土) 晴れ,27.5/19.7℃,56%,SSW5m/s,0.0mm】

◆ 山行資料

各種機関 (役場、医療、警察、消防、交通)

岡崎市役所 0564-23-6000 桑谷山荘(昼食、入浴) 0564-48-2855
岡崎警察署 0564-58-0110 桑谷キャンプ場(観光課) 0564-23-6384
岡崎中消防署(消防本部) 0564-21-5151 名鉄バス(岡崎営業所) 0564-21-1918
岡崎東消防署 0564-53-0119 岡崎竹千代温泉「賀勝苑」 0564-48-8000
アプローチメモ
コンビニ ・Yショップ福見屋(桑谷町字鳶谷戸):0564-48-4677
駐車場 ・桑谷キャンプ場:10台(無料)
トイレ ・桑谷キャンプ場:登山道(遊歩道)脇にあり
・桑谷展望台:簡易トイレ

◆ 日誌と写真

行動日誌

【10月2日(土) 晴れ、弱風、22℃@桑谷展望台】

 午前中の勤務を終えた家内と”午後からハイキング”に出かける。これまで村積山を2回登り、別な山を物色し遠望峰山(443m)に目を着けたが、時間的に到達は難しそう。途中の桑谷山(436m)まで行ければと登山口の桑谷キャンプ場に向った。自宅から僅か20分の距離である。

 県道326号(桑谷柱線)を東進し、桑谷町交差点をそのまま直進する。道なりに南進するようになり、坂口橋の手前で左折し狭い道(舗装路)に入る。「桑谷キャンプ場」の案内が小さく見落としそう。すぐに「桑谷キャンプ場」の一般車駐車場(10台)に到着する。

 身支度して出発する。「桑谷キャンプ場」まで舗装路が続く。

「桑谷キャンプ場」の一般車駐車場(10台)

「桑谷キャンプ場」へは直進
 坂口池の土手からは桑谷展望台を仰ぎ見ることができる。桑谷キャンプ場に立ち寄ってから桑谷山への登山道(遊歩道)に入る。キャンプ場には管理人が居て、場内は手入れが行き届いていた。

坂口池の銘 愛知県知事「青柳秀夫」とある

坂口池

坂口池の土手から桑谷展望台を仰ぎ見る

桑谷山へは直進、右は桑谷キャンプ場へ

桑谷キャンプ場 桑谷山系散策案内

キャンプ場から遊歩道へ
 キャンプ場からはテントサイトを縫って上がっていけば遊歩道に出られる。路面の良い遊歩道で歩き始めの足慣らしには丁度良い。「桑谷山荘○○m、坂口池○○m」の道標が随所にあり、初めて歩く人にも安心である。

幅広の遊歩道で始まる

この案内が随所にある
 稜線北側の登山コースのためか遊歩道の石畳は苔生している。やがて道幅も狭くなり登山道らしくなってくる。灰皿のある休憩ベンチも随所に見られる。

苔生した石畳の遊歩道になり

やがて登山道らしくなる、休憩ベンチも随所に
 標高240m付近で高圧線を横切る。高圧鉄塔の建つ所は切り開かれてキャンプ場方面が見渡せる。付近は「ささゆり」が保護されている。

高圧鉄塔の処で尾根に出る

「ささゆりを守りましょう」
 登山道脇に石積みの祠があり、お地蔵様が祀られている。水場の近くにはヤマジノホトトギスが咲いていた。

お地蔵様

「一息ついて健康と旅の安全をお願いする」処

水場

再びお地蔵様
 舗装道路を2回横切ると分岐に出る。小さな道標に従って右に折れ、桑谷展望台、桑谷山へと向かう。

舗装道路を横切り

もう一度横切る

分岐に小さな道しるべ

桑谷展望台、桑谷山へは右を行く
 稜線近くになって林が明るくなる。稜線に出て大きく左に曲がり東に進み桑谷展望台に向かう。西に進むと桑谷山だが踏み跡はやや薄くなっている。

 起伏の無い稜線を歩き、開けたところに出る。広場があり、無線塔と立派な展望台が建っている。三河湾の展望が素晴らしい。

稜線近くは明るい

立派な桑谷展望台 桑谷山系散策案内
 展望台から眺めを楽しむ。海からの風が強く、押さえてないと帽子が飛ばされそう。霞がかかっているけれど、竹島の向こうには渥美半島も見える。少し汗ばんだ身体に心地よい風と、穏やかな午後の陽射しに憩う。

海風が強くて・・・

正面に三河湾(蒲郡方面)が一望

左に五井山(454m)

右に遠望峰山(443m)

心地よい風と

穏やかな午後の陽射しに憩う
【自然観察】
「誤り」などご教示いただければ幸いです。 MAIL

ツリガネニンジン

ツリガネニンジン

ヤマジノホトトギス

ヤマジノホトトギス
【感想】
 ”午後からハイキング”(半日コース)の山としてお奨めです。1日コースとして、蒲郡市から聖山登山口までタクシーで入り、聖山(330m)を経て遠望峰山に登り、桑谷山まで縦走し本コースを下山するのも良さそうです。
 「アルプスの恋歌」のトップページへ