鳳来寺山(684m)

 「アルプスの恋歌」のトップページへ

◆ 山行記録

山行概要

報告概要  午後からハイキングの温泉泊版です。土曜日は浜名湖の舘山寺温泉に泊まり、翌日、鳳来寺山を日帰りハイキングしました。暖かな日和に恵まれ、静寂の参道1245段の石段を登り、春霞みに煙る奥三河の山々を眺め、春うららの1日で心身ともにリフレッシュしました。
山行日 2011年3月13日(日)
鳳来寺山(684m)
天気 晴れ、微風、12℃@鳳来寺山
コース概要 鳳来寺バス停--鳳来寺--鳳来寺山(周回)
装備 7kg
食料 行動食(1)
同行者 M.H
企画 温泉泊日帰りハイキング

行動記録

3月13日(日) 晴れ、微風、12℃@鳳来寺山
 舘山寺温泉「花乃井」(900) =1:00= 鳳来寺バス停PKG(1000,1025) -0:10- 一ノ門PKG(1035) –0:12- 石段登り口(1047) –0:08- 仁王門(1055) -0:40- 鳳来寺本堂(1135,1148) –0:50- 鳳来寺奥ノ院(1238,1318) –0:14- 鳳来寺山(1332,1337) -0:33- 天狗岩(1410) -0:36- 鷹打場展望台分岐(1446) -0:24- 東照宮(1510,1514) -0:07- 鳳来寺本堂(1521,1535) –0:40- 石段登り口(1615) -0:12- 鳳来寺バス停PKG(1627,1630) =0:47= 豊川IC(1717) =0:15= 岡崎IC(1732) =0:26= 岡崎(1758)

鳳来寺山 行程図 (GPSの軌跡をプロットしてみました。)
この画像は国土地理院発行の数値地図を使用して編集しました。
【1/12,500地形図】三河大野、海老 【1/200.000地勢図】豊橋


                            天気図   Yahoo!天気情報 過去の天気より転載 @名古屋

【衛星画像】

【3/13(日) 晴れ,17.3/2.4℃,35%,S1m/s,0.0mm】

◆ 山行資料

各種機関 (役場、医療、警察、消防、交通)

新城市役所 0536-23-1111 鳳来寺 0536-32-0022
鳳来総合支所 0536-32-0511 鳳来寺自然科学博物館 0536-35-1001
新城警察署 0536-22-0110 ゆ~ゆ~ありいな 0536-32-2212
長篠駐在所 0536-32-0050 田舎茶屋まつや 0536-32-0819
玖老勢駐在所 0536-35-1110 こんたく長篠 0536-32-0002
新城市消防本部 0536-22-1119 舘山寺温泉「花乃井」 053-487-0124
アプローチメモ
ETC料金[割引]

・岡崎~浜松西(52.9km) ¥1,500、[休割¥750]
・豊川~岡崎(24.4km)    ¥800、[休割¥400]

コンビニ

・ローソン鳳来長篠店:0536-32-3711
・サークルK長篠店:0536-32-1699

駐車場

・鳳来寺バス停:15台(無料)
・一ノ門駐車場:50台(無料) トイレあり
・鳳来寺自然科学博物館:15台(無料) ※登山者はご遠慮下さい。
・石段登り口:10台(¥400)

トイレ

・一ノ門駐車場
・石段登り口
・鳳来寺本堂と東照宮の間

◆ 日誌と写真

行動日誌

【1月30日(日) 晴れ時々曇り、微風、3℃@宮路山】

 鳳来寺バス停から石段登り口までの間に駐車場が4箇所ある。一ノ門駐車場が広くてトイレもあるのでお奨めである。(バス停から歩いても1.2kmで15分ほどである。)


鳳来寺バス停の駐車場

「東海自然歩道」案内図 @バス停

参道への入口 @バス停

「ほうらいじ山とざん絵図」 @参道入口すぐ 拡大

一ノ門駐車場

「鳳来寺山登山マップ」 @自然科学博物館 拡大
 1425段の石段登りは「天竜奥三河国定公園『鳳来寺山』鳳来町」の看板前から始まる。杉の巨木の下を縫う参道は夏でも涼しそうだ。『ブッポウソウ』の声が聴こえるかも・・・。

参道入口

「東海自然歩道絵図」 @参道入口 拡大

仁王門

杉木立の中、1425の石段が続く
 「傘すぎの辺りから「馬の背岩」を経由する「鳳来寺山ハイキングコース」が左に分かれているが通行禁止になっている。

傘すぎ

「この山でもっとも優れた木」との説明がある
 石段は徐々に傾斜を増し、本堂直近かでは40度ほどある。手すりもなく踏み代も狭いので特に降りは注意しよう。

僧坊跡の苔生した石積みの横、石段が続く

石像、石仏が多くある

「龍の爪あと」

「龍が天に昇ったときの爪あと」と説明がある

「鳳来寺山案内図」 拡大

静寂の参道が続く
 本堂広場には休憩舎(田楽堂)があり、一息つきながら登山口方面への展望が楽しめる。

鳳来寺本堂

奥ノ院(岩場の上)

田楽堂(休憩舎)

常寒山(480m)方面への展望 @田楽堂
 奥ノ院までは鉄製の階段(梯子)登りが数箇所ある。

「東海自然歩道」案内図 拡大

鎮守堂

奥ノ院まで鉄製の階段が続く

「白山大乗坊大神」の石碑と塔 @本堂~奥ノ院

勝岳不動明王

岩清水 @勝岳不動明王
 奥ノ院は柱が傾き床は破れ“荒れ放題”の惨めな有様である。ここにはベンチが2箇所、近くに休憩舎(あずま屋)もあり展望が良い。

階段が終わって漸く山道らしくなる

老朽化した奥ノ院

展望ベンチ @奥ノ院

休憩舎 @奥ノ院~山頂
 10分ほどで鳳来寺山(684m)の山頂だが、こちらからは展望が得られない。最高点の瑠璃山(695m)は15分ほどで往復できるが脚を伸ばす人は少ないようだ。

鳳来寺山(684m)の山頂

帰路は天狗岩方面に周る
 帰路は自然観察路(東海自然歩道支線)をとり、天狗岩、「この上、南アルプス展望台」で展望を楽しみながら、東照宮にもお参りして本堂まで周回する。後は往路を戻る。

老朽化したあずま屋 @天狗岩

天狗に似た岩は・・・確認できなかった

登山口方面 @天狗岩

期待して登ったが・・・白い山が霞んで見えた

巫女石と高座石

「鷹打ち場展望台」は行き止まり @分岐

急斜面には桟道が架かる

「東海自然歩道絵図」 @東照宮 拡大

東照宮

トイレ @東照宮~本堂
【感想】
 暖かな日和に恵まれ爽やかなハイキングが楽しめました。春霞で南アルプスの銀嶺がぼんやりだったのが残念でした。
 「アルプスの恋歌」のトップページへ