塩見岳(3047m)


【山行概要】
予定コース
1日目 : 岡崎 == 松川IC == 鳥倉林道 -- 登山口 -- 三伏峠 -- 烏帽子岳 -- 三伏峠小屋(T.S)
2日目 : 三伏峠小屋 -- 本谷山 -- 塩見小屋 -- 塩見岳 -- 三伏峠 -- 登山口 -- 鳥倉林道 == 松川IC == 岡崎
山行実施日 1996年6月15日(土)〜6月16日(日)
〔山中1泊2日〕

塩見岳コース案内
報告書作成日 1996年6月22日
同行者
装備 O:28kg
地図(五万図) 大河原

【行動記録】
日程
行動記録
6/15(土)
小雨のち晴
岡崎(5:25) =(160km)= 松川IC(7:45) =(30km)= 鳥倉林道(9:30,10:00) -- 登山口(10:40,10:50) -- c2230m水場(12:00,12:15) -- c2325m(12:45,12:50) -- 三伏峠(13:40,14:30) -- 烏帽子岳(15:05,15:20) -- 三伏峠小屋(15:45) (T.S)〔無人、素泊〕
6/16(日)
三伏峠小屋(3:55) -- 三伏山(4:05) -- 本谷山(4:45,4:55) -- 塩見小屋(6:15,6:30) -- 塩見岳(7:30,8:10) -- 塩見小屋(8:45,9:10) -- 三伏山(11:10,11:15) -- 三伏峠(11:25,12:25) -- 塩川分岐(12:40) -- c2230m水場(12:55,13:00) -- 登山口(14:10,14:15) -- 鳥倉林道(14:35,14:45) == 松川IC(16:05) == 岡崎(18:07)

【日誌】
【鳥倉林道への入口】
・郵便局を過ぎ小渋橋の手前で,右折「上村」の標識が見えてくる。ここで左斜めに登り加減の脇道に入る。あとは「鳥ヶ池キャンプ場」の標識を頼りに鳥倉林道に入る。
鳥倉林道入口ガイド
<塩見岳(3047m):烏帽子岳より> <前小河内岳(2784m)、荒川三山:烏帽子岳より>

6月15日(土)小雨のち晴
・大鹿村落合までほぼ予定通りにきたが,鳥倉林道への入口で迷う。地元の人に尋ねながら,ようやく本道に出る。
・林道終点ゲートから更に5分ほど走り登山口に着く。(ここまで車で入れる。駐車スペースあり。今回はゲートから40分かけて歩いた。)登山届を書き,小雨の中を登り始める。
・三伏峠まで樹林の中の良く整備された道で,快調に高度を稼ぐ。遅れをだいぶ取り戻し,三伏峠小屋に到着する。
・烏帽子岳まで足を伸ばす。樹林の中は残雪が多く,お花畑も時期が遅れそうだ。烏帽子岳から見る塩見岳はとてつもなく大きい,明日辿る縦走路が延々と続いた先にあるのに。荒川岳も悠然と構えている。南アのスケールの大きさに驚く。

<小河内岳(2803m)、荒川三山:烏帽子岳より>

6月16日(日)晴
・塩見小屋から見上げる塩見岳はそそり立つ岩峰で,威圧感がある。一抹の不安をおぼえる。
・頂上に立つと,文句無しの大展望,遠くは薄雲に霞んでいるが,八ヶ岳,乗鞍岳,中アそして南ア南部の山々が時の経つのを忘れさせる。次の目標,仙丈岳が招いている。

<塩見岳(3047m)を見上げる:塩見小屋より> <塩見岳(3047m)山頂にて>
<仙丈岳(3033m)、甲斐駒ヶ岳(2967m):塩見岳より> <間ノ岳(3189m)、北岳(3192m):塩見岳より>
<左から、烏帽子岳(2726m)、前小河内岳(2784m)、小河内岳(2803m) :三伏峠から烏帽子岳へ>
<荒川三山、左から悪沢岳(3141m)、中岳(3083m)、前岳(3068m):塩見岳より>
<左から、小河内岳(2801m)、手前に前小河内岳(2784m)、中央右が烏帽子岳(2726m)、後方は前茶臼山(2347m)、その間に小日影山(2505m)から大河内に落ちる岩稜が見える。:塩見岳より>