千早街道  甲津畑から杉峠越え

◆ 山行記録

山行概要

報告概要  OAC恒例のザイル祭の翌日、甲津畑と朝明渓谷を基点として2パーティによるクロス登山(杉峠で合流して車のキーを交換する)を行いました。麓は晴れているものの山添は生憎の天気で、鮮やかな紅葉と鈴鹿の峰々の展望は叶いませんでしたが、落葉を踏みしめて歩く静かな山を楽しめました。
山行日 2007年11月11日(日)
国見山、御在所山方面 @杉峠
天気 曇り時々小雨、微風、10℃@杉峠
コース概要 甲津畑--杉峠--朝明渓谷
装備 9kg(日帰りハイキング装備)
食料 行動食(1)
同行者 OAC会員3人(A.I,K.Y,K.KI)
企画 ザイル祭アフター親睦山行

行動記録

【11/11(日) 曇り時々小雨、微風、10℃@杉峠】
 御在所裏道登山口PKG(730) =1:15= 甲津畑登山口PKG(845,900) –0:38- 桜地蔵尊(938,945) –0:30- 蓮如上人旧跡(1015,1037) –0:56- 杉峠(1133,1220) –0:15- 御池鉱山旧跡(1235,1240) –0:42- コクイ谷出合(1322,1325) –0:14- 上水晶谷出合(1339) –0:29- 根の平峠(1408,1411) –0:37- 通行止ゲート(1448) -0:15- 朝明渓谷登山口PKG(1503,1530) =0:20= 温泉「希望荘」(1550,1725) =0:30= 四日市IC(1755) =0:50= 岡崎IC[¥1,300](1845)

千早街道 行程図 (GPSの軌跡をプロットしてみました。一部データ抜けあり)
この画像は国土地理院発行の数値地図25000を使用して編集しました。


                            天気図   Yahoo!天気情報 過去の天気より転載 @彦根

【11/10(土) 晴れ,18.7/13.4℃,N2m/s,0.0mm】

【11/11(日) 晴れ,16.7/8.4℃,NW6m/s,0.0mm】

◆ 山行資料

各種機関 (役場、医療、警察、消防、交通)

東近江市役所 0748-24-1234 菰野町役場 059-391‐1111
東近江警察署(滋賀県警 0748-24-0110 四日市西警察署(菰野町) 059-366-0110
甲賀警察署 0748-62-4155 菰野町消防署 059-394-3239
八日市休日急患診療所 0748-23-5020 菰野町救急医療情報センター 059-393-1199
東近江敬愛病院(八日市) 0748-22-2222 菰野町観光協会 059-394-0050
日野記念病院(日野町上野田) 0748-53-1201 朝明観光協会事務所 059-393-1786
蕎麦「菊井」(菰野町) 0593-92-3305 湯の山絵野温泉「希望荘 059-392-3181

◆ 日誌と写真

行動日誌

<甲津畑へのアプローチ>

 湯の山温泉から鈴鹿スカイライン(R477)で武平峠を越えて、かもしか荘まで降り、西大路の信号で右に曲がり、開通したばかりの広域農道に入る。

 次の信号交差点は直進し、日野ゴルフクラブの間を抜けて、「甲津畑」の標識で右に曲がる。なお、日野ゴルフクラブ手前の信号を右折しても行けるが、狭道となるので避ける。

※この画像は「地図情報検索サイト:Mapion(マピオン)」を使用して編集しました。
 甲津畑登山口の駐車場(駐車余地)は、甲津畑集落を過ぎて渋川沿いに走り、右手に「通行止」看板のある林道分岐を過ぎて直ぐのところにある。渋川を渡る橋の手前の路側に5~6台は止められるだろう。
 なお、ここには休憩舎、トイレ、給水施設などはないので事前に済ませておく。

甲津畑登山口(岩ヶ谷林道)の駐車余地

林道分岐方面を振り返る
 軽トラが辛うじて通れるような狭い林道が続いている。植林帯の中を歩く。途中、斜面に放置された車両が2台あった。事故なのか投棄なのかは分からないが・・・。

 要所要所には「永源寺地区まちづくり協議会」設置の案内板がある。

杉谷善住坊かくれ岩

杉谷善住坊かくれ岩
 「善住坊かくれ岩」、「桜地蔵尊」と由緒を辿りながら行く。

桜地蔵尊

桜地蔵尊  拡大
 写真では曇り空の寒々とした雰囲気が漂うが、風も吹かず歩いていると少し汗ばむくらいである。

 支流に架かる木橋は最近補修されたようで安全に渡ることができる。概ね道幅の広い登山道であるが、橋の前後で狭く路肩の弱い箇所がある。ここにはトラロープが施されているので心配はない。

鉄橋を渡り渋川右岸へ

落葉の散歩道

小さな流れを越える

木橋は補修が施されている
 植林から自然林に変わると、次第に紅葉・黄葉が目に付くようになる。陽射しがあれば一段と鮮やかさを増すことだろう。

紅葉の散歩道

紅葉の散歩道

紅葉の散歩道

紅葉の散歩道
 登山口から1時間15分で、蓮如上人旧跡という園地に着く。大人数でも一斉に休憩できる広さがある。休憩舎とトイレ(頭かくして・・・)もある。

蓮如上人旧跡

刈り込まれて園地に

休憩舎とトイレ

蓮如上人旧跡  拡大
 次第に峠越えの道らしく、登りを感じるようになる。大木・古木と苔生した道が昔ながらの懐かしさを感じさせてくれる。

オオシデ大木

苔生した道

落葉の絨毯

昔ながらの橋

大木(古木)が

歴史を語る
 最後はジグザグの登りで少し息が弾むが、程なく杉峠に到着する。登山口から2時間半である。縦走路との十字路で憩いの広場という雰囲気の場所である。南に雨乞岳を見上げる。 

杉峠

杉峠

杉峠のスギ

雨乞岳(1237m) @杉峠
 今日の天気では期待薄だが、K.Kさんお奨めの展望広場まで脚を伸ばす。峠から僅か10分足らずで行ける処で、晴れておれば・・・と期待できる展望の好所である。

展望広場(P1121mの手前)

御在所山、雨乞岳方面が眺められるはず
 予定通り朝明渓谷から登って来たパーティと車のキーを交換する。

 御池鉱山旧跡付近の紅葉、神崎川上流から上水晶谷出合の川原歩きを楽しんで、根の平峠から朝明渓谷へと降る。上水晶谷出合付近は緩やかに流れる渓流で、ゆったりと落ち着いた雰囲気が漂う気持ちのよい場所である。

御池鉱山旧跡

御池鉱山旧跡

紅葉・黄葉の林

紅葉・黄葉の林

神崎川上流

紅葉

根の平峠

紅葉の山肌
【感想】
 標高差は少なく急登もないので、歴史と往来した旅人を懐かしみながら歩くには好いコースだと思います。
 Topページ「アルプスの恋歌」へは、http://www.lares.dti.ne.jp/~k-hataをURL入力して戻って下さい。