伊吹山(1377m)

 「アルプスの恋歌」のトップページへ

◆ 山行記録

山行概要

報告概要  午後からの天候回復に期待して、OAC会員3名と入会希望者2名で伊吹山(1377m)に行きました。霧雨と濃霧の中、目指す山頂も見えない中を登り続けました。雨に濡れたオドリコソウがずっと応援してくれていました。みんなが山頂まで頑張ったご褒美でしょうか、白山(2702m)展望まで叶えてくれました。\(^o^)/
山行日 2011年6月11日(土)
白山(2702m)
天気 6/11(土) 霧雨のち曇り時々晴れ、中風、16℃
コース概要 上野登山口--一合目--伊吹山[山頂散策]
装備 11kg
食料 昼食(1),行動食(1)
同行者 OAC会員3名、”お試し”2名
企画 入会前の”お試し”と会員”歩荷”訓練

行動記録

【6月11日(土) 霧雨のち曇り時々晴れ、微風、20℃@登山口、中風、16℃@伊吹山】
 A.O宅(455) =0:15= 岡崎IC(510) =0:55= 養老SA(605,640) =0:07= 関ヶ原IC(647) =0:13= コンビニFM(700,707) =0:03= PKG「宮崎屋」(710,737) -0:41- 一合目(818,828) -0:23- 二合目(851) -0:32- 三合目(923,938) -0:09- 四合目(947) -0:13- 五合目(1000,1005) -0:42- 七合目(1047) -0:19- 八合目(1106,1125) -0:28- 伊吹山(1153,1350) –0:23- 八合目(1413,1420) -0:14- 七合目(1434) -0:26- 五合目(1500,1513) -0:09- 四合目(1522) -0:08- 三合目(1530,1533) –0:42- 一合目(1615,1628) -0:32- PKG「宮崎屋」(1700,1710) =0:06= 薬草の湯「ジョイ伊吹」(1716,1826) =0:16= 関ヶ原IC(1842) =0:05= 養老SA(1847,1938) =1:02= 岡崎IC(2040) =0:17= A.O宅(2057)

伊吹山 行程図 (GPSの軌跡をプロットしてみました。一部データ抜けあり)
この画像は国土地理院発行の数値地図を使用して編集しました。
【1/12,500地形図】虎御前山,美束,長浜,関ヶ原 【1/200.000地勢図】岐阜


                            天気図   Yahoo!天気情報 過去の天気より転載 @彦根

【衛星画像】

【6/11(土) 晴れ,23.9/20.0℃,72%,WNW4m/s,0.0mm】

◆ 山行資料

各種機関 (役場、医療、警察、消防、交通)

米原市役所(伊吹庁舎) 0749-58-1121 湖国バス(長浜) 0749-62-3201
米原警察署 0749-52-0110 都タクシー(長岡) 0749-55-0011
伊吹警察官駐在所(春照) 0749-58-0178 米原タクシー 0749-52-4723
米原消防署 0749-55-0108 伊吹そば「伊吹野」 0749-58-1712
滋賀県救急医療情報ネット 0749-55-3799 薬草風呂「ジョイいぶき」 0749-58-0105
滝上医院(春照) 0749-58-0010 ピステジャポン伊吹 0749-58-0303
伊吹山ドライブウェイ 0584-43-1155    
アプローチメモ
ETC料金[休日割引] ・岡崎~関ヶ原(96.0km): ¥2,700 [¥1,000]
コンビニ ・ファミリーマートまつい伊吹店:0749-58-055
・ローソン関ヶ原店:0584-43-2660
駐車場 ・宮崎屋:¥300
・三ノ宮神社前:¥500

◆ 日誌と写真

行動日誌

【6月11日(土) 霧雨のち曇り時々晴れ、微風、20℃@登山口、中風、16℃@伊吹山】

 天気予報、天気図の推移から、午後には雨が上がることを期待して山行を決行したが、名古屋付近で雨脚が強くなり心配になる。いつものように、養老SAでカツ丼を食べ朝のエネルギーを充填し気合を入れる。

 駐車場はゴンドラ下までの間にたくさんあるが、雨模様のせいか今日は客引きの姿がない。三ノ宮神社Pを除き、近辺は500円が相場になっているようだ。こちらは、いつもの「宮崎屋」さん(300円)に止める。

 伊吹山ゴンドラは休止中で、経営するビステジャポン伊吹によると「2011年は7月下旬~9月下旬の営業を予定しております。」となっている。

「宮崎屋」駐車場

伊吹山ゴンドラ(休止中)の山麓駅舎
 霧雨が降ったり止んだりで、カッパを着たり脱いだり忙しい。登山口から一合目までの樹林の中で、カッパを脱ぐために休憩したことが、この後八合目での”騒ぎ”の元になるとは・・・。

 濃霧の中を歩く。視界は50mほど、少し離れると最後尾からは先頭が見えなくなる。

五合目(売店休業中)

六合目(避難小屋)
 八合目になって、山麓の雲の中から抜け出す。山頂付近は雲の中、眼下も雲海で、その間だけがぽっかりと晴れ間になっている。

 行動食を食べながら寛いでいると、突然A.Oさんが騒ぎ出す。むず痒さに上着を捲ると、腹に黒いゴムのようなものが吸着していた。すぐに”ヒル”と分かり、引き剥がして靴で踏み潰している。幸い、早期発見のため、吸い口に血が滲んだ程度で済んだ。他のメンバーもヒルが吸着していないか、互いに点検しあい暫し”ヒル騒ぎ”となる。

八合目(このあと”ヒル”騒ぎが・・・)

名古屋方面 @八合目
 足元の悪い九合目付近の急登を登りきる。”お試し”2名も、歩荷組もペースを落とすことなく山頂に到着した。

”お試し”参加のK.Iさん

”お試し”参加のS.Tさん

”歩荷”参加のA.Oさん

”歩荷”参加のH.Fさん
 登山者も観光客もいない閑散とした山頂で時間の許す限り散策を楽しむ。

伊吹山寺(兼緊急避難所)

右端は”歩荷”参加のY.Kさん

山頂散策を楽しむ

駐車場は流石にガラガラ
 三角点の近くにあった建造物(測候所跡)は撤去され殺風景な空き地になっていた。東遊歩道を散策中にS.Tさんが「きじ!」と叫ぶ。保護柵の内側20mほど離れたところに赤いトサカのオスが・・・一羽だけでいた。用心深くこちらを伺っているようだ。

伊吹山三角点

きじ
 伊吹山山頂の撮影スポットで記念撮影、暫し展望を楽しんでいると、なんと!一瞬ではあるが白山が姿を見せてくれたのだ。720mm望遠はチャンスを逃さず雲間に捉えた。

伊吹山(1377m) @折返し点

A.Oさん、K.Iさん、Y.Kさん、S.Tさん、H.Fさん

能郷白山(1617m)

白山(2702m)
【自然観察】
「誤り」などご教示いただければ幸いです。 MAIL

オドリコソウ

イブキガラシ

ウマノアシガタ

ウマノアシガタ

グンナイフウロ

ヒメウツギ

イブキシモツケ

クサフジ

アヤメ

アヤメ

ノアザミ

ノアザミ
【感想】
 悪天候にも拘らず、”お試し”の2名が楽しんで入会意思を示され、それに白山展望まで叶えられ、たいへん満足な山行となりました。
 「アルプスの恋歌」のトップページへ