伊吹山(1377m)
 アルプスの恋歌」のトップページへ
◆ 山行記録

山行概要

報告
概要
 入会希望者の”お試し山行”として伊吹山(1377m)を計画しました。天気予報は「15時から雨」と、台風15号の影響で悪い方向に変わりましたが、行動中の危険は無さそうなので決行しました。六合目以上は厚い雲の中で、この時期には珍しく涼しい”伊吹山”になりました。山頂からの展望は皆無でしたが、初秋のお花を楽しむことができました。
山行日 2011年9月16日(金)
ハクサンフウロ
天気 9/16 霧、強風、18℃@伊吹山
コース
概要
上野登山口--一合目--伊吹山[山頂散策]
装備 10kg
同行者 OAC会員2名、”お試し”1名
企画 入会前の”お試し”と自然観察

食事
【共】:共同,【個】:個人,【外】:外食
月/日 朝食 昼食 夕食 飲料
9/16 【外】養老SA
   カツ丼(お奨め)
【個】行動食
   パン、カップ麺
【外】そば「伊吹野」
   おろし蕎麦
【共】1L
【個】1L

行動記録

【9月16日(金) 曇り時々晴れのち雨、中風、23℃@登山口; 霧、強風、18℃@伊吹山】
 自宅(400) =0:20= S.S宅(420) =0:10= 岡崎IC(430) =0:55= 養老SA(525,555) =0:10= 関ヶ原IC(605) =0:10= コンビニFM(615,620) =0:05= PKG「宮崎屋」(625,648) -0:30- 一合目(718,725) -0:25- 二合目(750) -0:35- 三合目(825,833) -0:09- 四合目(842) -0:13- 五合目(855,900) -0:32- 七合目(932,939) -0:19- 八合目(958,1010) -0:20- 九合目(1030) -0:05- 伊吹山(1035,1213) –0:19- 八合目(1232,1236) -0:12- 七合目(1248) -0:33- 五合目(1321,1335) -0:09- 四合目(1344) -0:08- 三合目(1352) -0:23- 二合目(1415) –0:21- 一合目(1436,1448) -0:32- PKG「宮崎屋」(1520,1535) =0:06= 薬草の湯「ジョイ伊吹」(1541,1635) =0:06= 伊吹そば「伊吹野」(1641,1718) =0:17= 関ヶ原IC(1735) =1:10= 岡崎IC(1845) =0:15= S.S宅(1900) =0:35= 自宅(1935)

行程図
この画像は国土地理院発行の数値地図を使用して編集しました。
地形図
1/25,000  虎御前山,美束,長浜,関ヶ原
1/200,000  岐阜

天気図
Yahoo!天気情報 過去の天気より転載 @彦根

【衛星画像】

【9/16(金) 曇り,30.6/24.4℃,58%,ESE5m/s,0.0mm】


◆ 山行資料

各種機関 (役場、医療、警察、消防、交通)

米原市役所(伊吹庁舎) 0749-58-1121 湖国バス(長浜) 0749-62-3201
米原警察署 0749-52-0110 都タクシー(長岡) 0749-55-0011
伊吹警察官駐在所(春照) 0749-58-0178 米原タクシー 0749-52-4723
米原消防署 0749-55-0108 伊吹そば「伊吹野」 0749-58-1712
滋賀県救急医療情報ネット 0749-55-3799 薬草風呂「ジョイいぶき」 0749-58-0105
滝上医院(春照) 0749-58-0010 ピステジャポン伊吹 0749-58-0303
伊吹山ドライブウェイ 0584-43-1155 そば処「幸山」 0584-43-1060

アプローチメモ
ETC料金 ・岡崎~関ヶ原(96.0km):¥2,700 [通勤割引:¥1,350]
コンビニ ・ファミリーマートまつい伊吹店:0749-58-055
・ローソン関ヶ原店:0584-43-2660
前泊
駐車場 ・宮崎屋:¥300
・三ノ宮神社前:¥1,000
温泉 薬草風呂「ジョイいぶき」:¥400 ※ボデーソープ有り、シャンプー&リンス無し
蕎麦 伊吹そば「伊吹野」:おろしそば(大盛)¥1,050 ※平日は17:00まで
・そば処「幸山」:関ヶ原ICのすぐ手前 ※夜営業あり(17:00~20:00)


◆ 日誌と写真

行動日誌

【9月16日(金) 曇り時々晴れのち雨、中風、23℃@登山口; 霧、強風、18℃@伊吹山】
 小生は輪番休日で木金が会社休日、金曜日の山行なのでなかなか応募者が集まらなかった。なんとか会員2名の参加を得て、”お試し山行”のS.Sさんと合計4名となった。

 岡崎ICから東名高速にはいる。休日と違い流石にトラックが多い。流れは順調で予定通り養老SAに到着する。駐車場は仮眠のトラックがギッシリ、乗用車スペースは空きが多い。いつものようにカツ丼を食べ朝のエネルギーを充填する。

 駐車場はゴンドラ下までの間にたくさんあるが、平日のせいか今朝の客引きは一人だけだった。三ノ宮神社Pを除き、近辺は500円が相場になっているようだ。こちらは、いつもの「宮崎屋」さんに止める。

 伊吹山ゴンドラは休止中で、経営するビステジャポン伊吹によると「伊吹山ゴンドラは7月下旬の営業開始に向けて準備をしておりましたが、諸般の事情により今シーズン夏の営業を断念せざるを得なくなりました。」となっている。

「宮崎屋」駐車場

伊吹山山頂は雲の中

伊吹山ゴンドラ(休止中)の山麓駅舎

伊吹山登山道入口
 入念に準備運動をしてから出発する。伊吹山登山道入口から一合目までは杉の植林帯でまだ薄暗い。前回の”ヒル騒ぎ”の原因はこの区間で休憩(上着を脱ぐ)したことと考えて、今日はノンストップで湿っぽい樹林帯を通り抜ける。

 一合目で”ホッ”と一休み。ちょうど滋賀大学の学生さん(実習?)パーティが出発するところで、記念写真を撮ったり賑やかだった。

一合目の旅館「伊吹高原荘」

一合目のトイレ(右)
 一合目から山頂まで開放的な登山道が続く。ゲレンデ(跡)を登って行く。振り返えれば山麓が広く眺められる。

ゲレンデを登る @一合目~二合目

山麓の眺め @一合目~二合目
 最近雨が降っていないようで、登山道はよく乾いている。二合目に出る手前はササが結構繁茂していた。以前はスキーシーズン前に草刈りをしていたものだが・・・。

 二合目を100mほど過ぎたところは展望が良く風も通るので休憩にお奨めの場所だ。琵琶湖が良く見える。

 三合目の手前からはハクサンフウロなどお花が目につくようになる。三合目の高原近くになるとススキ、オギが競うように群生し、強い風に吹かれて”ウェーブ合戦”している。強い風は汗ばんだ身体に心地よい。

ススキの海と秋の空 @二合目~三合目

心地よい風が吹く @二合目~三合目

三合目のトイレ

左からA.Nさん、”お試し”のS.Sさん、K.Iさん
 三合目から五合目へは2本の道がある。一つは四合目(リフト終点(跡))を経由して行く登山道、もう一つは四合目標識の少し手前から右に分岐する車道(跡)。車道(跡)の方が少し大回りだが歩き易い。

 五合目の売店は平日のため(?)休業、自販機は稼動していた。休憩ベンチの屋根の陽避け(よしず)はなかった。シーズンオフで外されたのか、それとも風で飛ばされたのか? 

売店は休業、自販機は営業中 @五合目

雲の中で見えない山頂に向う @五合目
 六合目から上は雲の中、間隔が少し広がると先頭が見えなくなるほどだ。霧の粒が肌をしっとりと覆う。まだまだ余裕有りとみた先頭のA.Nさんがピッチを上げる。八合目から九合目は石がゴロゴロした道で、山慣れない人には少々歩き辛い。S.Sさんは息を整えながら頑張って登り続ける。

六合目(避難小屋)から先は雲の中

先頭のA.Iさんが見えない

前回”ヒル騒ぎ”のあった八合目

霧が深くなる @八合目~九合目
 予定より1時間ほど早く伊吹山山頂に到着する。小屋の陰で風を避けながら昼食をとる。”お試し”は合格、本人も自信を持てたのでは・・・。

 日本武尊像の前で記念撮影、山頂を少しだけ散策して、早めの下山開始とする。

左からA.Nさん、K.Iさん、”お試し”のS.Sさん

右端は小生 @伊吹山頂の日本武尊像

伊吹山(1377m)の一等三角点

山麓の眺望

高度感のある眺望を楽しみながら・・・

琵琶湖を眺めながら・・・

雨雲を気にしながら・・・

蒸し暑い”下界”へと降りていく
自然観察
「誤り」などご教示いただければ幸いです。 MAIL

ママコノシリヌグイ

イヌタデ

ハクサンフウロ

シオガマギク

ヤマホタルブクロ

ツリガネニンジン

イブキトリカブト

イブキアザミ

オオマムシグサ(果実)

アキノキリンソウ

クサボタン

?-1

ゲンノショウコ

ゲンノショウコ

ススキ

オギ

ワレモコウ

クルマバナ
感想
 伊吹山は高度差が1000mあり、入会希望者の力量を”お試し”するのに丁度良い山です。しかも、終始展望が得られ、お花もたくさんなので、楽しみながら登れるのが一番の魅力です。

 「アルプスの恋歌」のトップページへ