月山(1979m)  東北巡行-その1

◆ 山行記録

山行概要

山行日 2001年8月11日(土)〜12日(日)
前夜発日帰り(テント泊)

チョウカイフスマ?
天気 曇り時々小雨、微風
コース概要 8合目登山口---月山(往復)
装備 5kg(日帰り装備)
食料 行動食+水(2リットル)
同行者 OAC会員のSYさん、KYさん
企画 植物観察

行動記録

【8/11(土)】 曇り時々雨
月山 行程図
この画像は国土地理院発行の数値地図200000村上を
使用して編集しました。
岡崎 14:00
平谷道の駅 15:30,15:35
飯田IC 16:20
更埴JCT 17:40
上越JCT 18:30
米山SA 18:50,19:15
新潟空港IC 20:15
新発田市 20:40
8合目登山口TS 23:50
【8/12(日)】 曇り時々小雨、20℃
TS 6:10
仏生池小屋 7:25
月山 8:30,8:40
仏生池小屋 9:20
8合目登山口 10:15,10:35
鶴岡駅 11:35

◆ 山行資料

各種機関 (役場、医療、警察、消防、交通)

鶴岡市立荘病院 0235-22-1515 鶴岡協立病院 0235-23-6060
宮原病院 0235-23-3311 鶴岡地区消防事務組合 0235-22-8330

◆ 日誌と写真

行動日誌

【8/11(土)】 曇り時々雨
 岩津市民センターに集合、SYさんの車で鶴岡に向けて出発する。お盆休み初日なのに道中はいたってスムース、ほぼ予定通り月山8合目の駐車場に到着する。雨上がりの空で星は出ていないが、遠くには鶴岡の街の灯かりが見える。大型バスの区画にテントを張り、早速”宴会”をはじめる。MOさん差し入れのお酒をKYさん手配のつまみで美味しくいただく。

【8/12(日)】 曇り時々小雨、20℃
 4:00頃、大型バスが到着、騒音で目を醒ます。テントをたたく雨音が聞こえる。「やはり雨か…。」例年どおりの夏山オープニングに苦笑する。5:10起床。6:10カッパ上下を着用し出発する。レストハウスの右横を上がると、弥陀ヶ原遊歩道の案内板がある分岐に出る。

8合目登山口の駐車場とレストハウス

弥陀ヶ原遊歩道の案内板
 ここは右手にとり、正面にオモワシ山を見ながら、なだらかに続く木道を南下する。やがて遊歩道を左手に分け右手登山道に入る。

レストハウスと駐車場、遠くは鶴岡の街

弥陀ヶ原遊歩道(木道)

オモワシ山を正面に弥陀ヶ原遊を行く

御田ヶ原参篭所
 雨は小康状態なので鬱陶しいカッパを脱ぐ。なだらかな登りが坦々と続く。振り返ると所々で残雪を留めている。遅くまでお花を楽しめる所以であろう。たたみ石付近で漸くお花が目立つようになってきた。ハクサンイチゲ、ハクサンシャジン、ハクサンフウロ、ミヤマアキノキリンソウなど見慣れた花が多い。早朝なのに既に営業中の仏生池小屋を過ぎ、雨に濡れて瑞々しい花を観賞しながら整備された登山道を行く。やがて木道が現れると月山神社は近い。参拝料金は500円。

たたみ石
 
月山神社
 山頂へは神社から少し戻り、神社横を登り直すことになる。神社から5分足らずで1979mの山頂に至る。小広場の山頂には誰も居ない。三角点標石のそばに珍しいチョウカイフスマ?がひっそりと咲いていた。雲に覆われた山頂からは期待した展望も得られず早々に下山する。
 
月山山頂(1979m)三角点

月山山頂(1979m)にて
 登山道から弥陀ヶ原遊歩道に合流したら、直進し遊歩道を周回するコースをとる。ほどなく御田ヶ原参篭所に着く。ここから5分ほどで駐車場に至る。

御田ヶ原参篭所

御田ヶ原参篭所
【出逢ったお花たち】

ハクサンイチゲ

ハクサンイチゲ

ハクサンフウロ

ハクサンフウロ

タテヤマウツボクサ

タテヤマウツボクサ

ハクサンシャジン(葉が輪生)

ハクサンシャジン(葉が輪生)

ミヤマリンドウ
 
エゾシオガマ?
【感想】
 長距離ドライブの翌日山行として、足慣らしに丁度良いコースでした。今回は生憎の天候で展望はサッパリでしたが、手軽にお花が楽しめ”きっと眺めの良い”一般向けのコースです。
 Topページ「アルプスの恋歌」へは、http://www.lares.dti.ne.jp/~k-hataをURL入力して戻って下さい。