北八ヶ岳スキーハイク

◆ 山行記録

山行概要

山行日 2003年2月8日(土)〜9日(日)
中央アルプス @おとぎり平付近
天気 8日:晴れのち曇り
9日:晴れ
コース概要 2/8 ピラタス横岳スキー場にてゲレンデスキー
2/9 横岳ロープウェイ --- ピラタスパノラマコース --- 麦草峠 --- メルヘン広場(スキーハイキング)
装備 10kg(雪山・日帰り装備)
食料 行動食(1)
同行者 OUWV-OG(1)、MML会員(2)、OAC会員(3)
企画 アルプス展望のスキーハイキング

行動記録

【2/8(土)、晴れのち曇り、1℃@岡崎】
岡崎岩津市民センター(403) === 飯田IC(555) === 駒ヶ岳SA(612,630) === 諏訪IC(700) === ロッジ「満点星」(745,800) === ピラタス横岳ロープウェイ山麓駅(830,1230) === 蕎麦処「登美」(1245,1325) === 縄文の湯(1355,1450) === K山荘(1500)

就寝(2150)
【2/9(日)、晴れ、−2℃@山頂駅】
起床(600)

K山荘(800) === ピラタス横岳ロープウェイ山麓駅(855,920) +++ 山頂駅(927,950) --- 出逢いの辻 --- おとぎり平(1128) --- 旧大石峠(1206,1210) --- 麦草HY(1225,1300) --- メルヘン広場(1350) === ピラタス横岳ロープウェイ山麓駅(1420,1435) === メルヘン広場(1502,1425) === (1525,1532) === 千人風呂「片倉館」(1630,1715) === そば・割烹「八洲(やしま)」(1725,1800) === 諏訪IC(1805) === 飯田IC(1855) === 道の駅「平谷」(1930,1935) === 岡崎岩津市民センター(2050)

北八ヶ岳スキーハイク 行程図
この画像は「北八ヶ岳」パンフレット(北八ヶ岳バックカントリースキークラブ発行)を使用して編集しました。

◆ 山行資料

各種機関 (役場、医療、警察、消防、交通)

茅野市役所観光課 0266-72-2101    
茅野市観光案内所 0266-72-2637 麦草ヒュッテ 090-7426-0036
諏訪警察署 0266-57-0110 ロッジ「満点星」 0266-67-3100
諏訪市消防本部 0266-52-0119 千人風呂「片倉館」 0266-52-0604
立科町観光商工課 0267-59-2311 尖石温泉「縄文の湯」 0266-71-6080
ピラタス蓼科ロープウエイ 0266-67-2009 蕎麦処「登美」 0265-78-2717
アルピコタクシー(茅野) 0266-71-1181 そば・割烹「八洲(やしま)」 0266-52-3339
参考記録
北横岳&XCスキー_010217 北横岳(往復)、縞枯山荘〜パノラマコース〜麦草峠〜雨池〜縞枯山荘(周回)
北八ヶ岳スキーハイク_020202 縞枯山荘〜双子池〜大河原山荘(林道往復)

◆ 日誌と写真

行動日誌

【2/8(土)、晴れのち曇り】
 今回の計画はOUWV−OGのKさんからいただいた拙作HPへの感想メールから始まった。メンバーは私が所属するOAC、MMLから募った。Kさんと私は今回が初対面だし、OACとMMLのメンバーも初対面である。私が唯一の接点なのでドタキャンは許されない。週末に仕事が発生しないよう画策する。初めての”出逢い”だけど、山仲間同士なので不安は無い。
 集合場所の岩津市民センターで、お互いの顔が良く見えない中、初対面の挨拶を交わす。OACのH.Iさんの愛車”エスティマ・ハイブリッド”に6人分の荷物を積み込む。ルーフに取り付けられた大型ボックスが快適な居住性に威力を発揮する。R153は最低気温が−5℃とこの時期としては高いほうだ。路面も乾いており安心して走行できた。諏訪ICで降りR299をロッジ「満点星」に向う。R299からの分岐に小さな案内板がある。鋭角に右折して雪道を登っていく。後は分岐ごとに案内板が出ているので迷うことは無い。数分で「満点星」に到着する。テレマーク用スキーをレンタル(2日間で3,500円也)する。

ロッジ「満点星」

テレマークスキーをレンタル
 この時期通行可能な道路が良く分からないので、一旦下ってビーナスラインに入り直す。ピラタス蓼科ロープウェイ山麓駅までは除雪が施されておりチェーン装着は不要である。ジグザグに登るにつれ、中央アルプス、御嶽山が良く見えてくる。
 今日の予定は下のゲレンデでスキー練習。ゲレンデには馴染まない格好の”おじさんスキーヤー?”がテレマークスキーに苦戦する。(;^_^A

ピラタス蓼科ロープウェイ駐車場

ロープウェイ山麓駅
 本日の泊りは三井の森にあるK山荘。OUWV−OGのKさんの別荘である。ここで、また初対面の挨拶をする。気さくなご夫妻とともに温かい部屋できりたんぽ鍋を堪能する。

K山荘の薪ストーブ

きりたんぽ鍋を囲んで

山の話で盛り上がり

お酒が美味しい
【2/9(日)、晴れ】
 新雪が10cm以上積もっているが、青空が広がった絶好のスキー日和である。週末は雨の天気予報を覆し今日も晴天だ。”晴れ男”宣言が効いているのか!?
 山頂駅からピラタスパノラマコースを辿り、麦草峠までアルプス展望のスキーハイキングが始まる。

ロープウェイ山頂駅にて

中央アルプス
 樹林体の中のコースだが時折雪原に出る。新雪で真っ白な雪面が眩しい。雲上に浮かぶ中央アルプス、御嶽山、乗鞍岳、穂高連峰と雄大なパノラマが広がる。陽射しが強く風も無いため春山のようだ。

ピラタスパノラマコース

御嶽山(3067m)
 テレマークスキーが4人、山スキーが2人、ゲレンデ用スキーが1人の編成だが、大きな登り、急な登りがなく、全体的に下っていくコースのためスキーの違いは問題にならない。MMLのH.Iさん、H.Kさんは前回より滑りの腕を上げたようだ。マイスキーを持ったからか、それに昨日のゲレンデ練習の成果か・・・。

アルプス展望に大満足

OUWV-OGのS.Kさん   MMLのH.Iさん
 20年ぶりのスキーに戸惑うOACのT.Oさん、テレマークスキーは初めてと言うOACのN.Yさんも思い思いに楽しんでいる。

OACのT.Oさん

OACのN.Yさん
 2級レベルのOACのH.Iさん、ゲレンデスキーでの参加だが、登りの場面でも遅れをとることは無い。基本ができていると違うものだ。

OACのH.Iさん

MMLのH.Kさん
 ”出逢いの辻”で二手に分かれる。山スキーにシールのOUWV-OGのS.Kさんと私は”おとぎり平”、”旧大石峠”を経て麦草峠に向う。残りのメンバーは”おとぎり平”までの登りを嫌い、R299に出て国道を麦草峠に向う。

おとぎり平付近の見晴らしの良い雪原

茶臼山(2384m) @おとぎり平付近
 ”おとぎり平”までの登りはそんなにきつくはない。シールを付けた我々は爽快な樹林内を散策する。”おとぎり平”を過ぎると広い雪原に出る。振り返ると中央アルプス、御岳山が雪原の彼方に見える。のんびりと過ごしたくなる場所だ。

樹氷も融ける温かさ @おとぎり平付近

スノーシューハイカー @おとぎり平付近
 30分ほど遅れて麦草峠に到着。先着部隊は既に咽を潤していた。いつものように”ぜんざい”を作る。雪の上で食べる温かな”ぜんざい”は旨い!
 あとはメルヘン街道(R299)をメルヘン広場のゲートまで下るだけだ。途中景色の良い場所で写真を撮る。午後の和かな陽射しを浴びながら、7kmの国道滑走を楽しむ。

南アルプス @メルヘン街道

御嶽山(3067m) @メルヘン街道
【感想】
 天候とメンバーに恵まれて、素晴らしいスキーハイキングを楽しめました。本コースは初心者でも安心して楽しめるお勧めのスキーハイキングコースです。パノラマコース内には適所に目印の赤旗が立てられており迷う心配もないと思います。
 Topページ「アルプスの恋歌」へは、http://www.lares.dti.ne.jp/~k-hataをURL入力して戻って下さい。