霧ケ峰クロカンスキー

◆ 山行記録

山行概要

山行日 2004年1月17日(土)〜18日(日)
八ヶ岳連峰と富士山 拡大
天気 17日:小雪、弱風
18日:快晴、無風
コース
概要
1/17:強清水---八島ヶ原湿原(往復)
1/18:強清水---車山---蝶々深山(周回)
装備 7kg(雪山ハイキング装備)
食料 行動食(2)
同行者 OAC会員(7人)
企画 ログコテージ泊のスノーハイク

行動記録

【1/17(土)、小雪、弱風】
旧岡崎市民病院PKG(600) === 道の駅「平谷」(740,750) === 飯田IC(850) === 駒ヶ岳SA(925,940) === 諏訪IC(1020) === 強清水「双葉屋」(1115,1125) === ログコテージ「霧ヶ峰」(1130,1230) --- 沢渡(1320) --- 八島ヶ原湿原鎌ヶ池キャンプ場(1400,1420) --- 沢渡(1550) --- ログコテージ「霧ケ峰」(1700)TS1

就寝(2230)
【1/18(日)、快晴、無風】
起床(500)

TS1(700) === 車山肩「コロボックル」PKG(725) --- 車山(835,910) --- 蝶々深山(1020,1035) --- 車山肩「コロボックル」PKG(1130,1140) === ログコテージ「霧ケ峰」(1200,1310) === 温泉「ホテルこわしみず」(1315,1400) === 岡谷IC(1440) === 駒ヶ岳SA(1520,1530) === 飯田IC(1550) === そば「勝縁」(1615,1655) === 旧岡崎市民病院PKG(1905)

霧ケ峰クロカンスキー 行程図
この画像は国土地理院発行の数値地図25000長野を使用して編集しました。

◆ 山行資料

各種機関 (役場、医療、警察、消防、交通)

茅野市役所観光課 0266-72-2101 ログコテージ霧ケ峰 0266-54-0002
茅野市観光案内所 0266-72-2637 霧ケ峰スキー場 0266-53-1664
諏訪警察署 0266-57-0110 手打ちそば 「勝縁」 0265-43-3711
諏訪市消防本部 0266-52-0119 ホテルこわしみず(温泉) 0266-52-1983
諏訪市観光課 0266-52-4141 「双葉屋」(スキーレンタル) 0266-52-0560

◆ 日誌と写真

行動日誌

【1/17(土)、小雪、弱風】
 しばらく前まで”雪が無い”心配をしていたが、土曜日岡崎出発時から”待望の雪”が降り始めた。逆に雪の治部坂峠を越えられるのか心配になった。治部坂峠の下りではガードレールに突っ込んだ車を目撃し、いつもよりスローな走りに徹する。予定より少し遅れながらも無事に霧ヶ峰スキー場に到着した。
 「双葉屋」でクロカンスキーをレンタルする。2日で3000円と値打ちである。ログコテージ「霧ヶ峰」に早いチェックインを済ませ、日帰り装備にて八島ヶ原湿原に向かう。足慣らしのため沢渡までもスキーで歩くことにしたが・・・、帰り道が遠かった。小雪が舞う天候のせいか、ゲート手前に車は一台もなかった。我々だけのようだ。

「霧ケ峰湿原植物群落」案内板

八島ヶ湿原に向かう
 遊歩道に沿って鎌ヶ池キャンプ場までスキーハイキング。真っ白な雪原と化した八島ヶ原湿原は壮観だ。

鎌ヶ池キャンプ場

八島ヶ湿原
 帰り道、物見石方面の斜面に取り付き雪と戯れる。登りに喘ぎ、降りに転ぶ。

クロカンスキーで滑走練習

テレマークターンの練習
 遊び過ぎて疲れた脚には沢渡からログコテージまでの車道は長く感じられた。黙々と歩き続け、霧ヶ峰スキー場に辿り着く。懲りない面々は誰も居ないスキー場で一滑りして、薄暗くなってコテージに帰り着く。

【1/18(日)、快晴、無風】
 5時起床。外に出ると満点星!風も無く静かな夜明けを迎える。ユッタリと朝食を済ませ、スキー道具を積み込んで車山肩にあるコロボックル・ヒュッテのPKGまで走る。既に宿泊客の車で満車なので、隣に除雪して駐車スペースを作る。遊歩道に従って登り始める。緩やかな勾配なので、クロカンスキーでも楽々登れる。

コロボックルPKG(車山肩)

車山 @コロボックルPKG(車山肩)
 高度を上げるにつれ、中央アルプス、御嶽山、乗鞍岳、北アルプス(穂高連峰)、後立山連峰、・・・と大パノラマが展開する。

中央アルプス〜後立山連峰 @車山への登り

中央アルプス @車山への登り  

御嶽山 @車山への登り

穂高連峰 @車山への登り

鹿島槍ヶ岳 @車山への登り
 何度も脚を止めて雄大な景観を楽しむ。

八ヶ岳連峰の展望を楽しむ @車山への登り

八ヶ岳連峰 @車山への登り 拡大

富士山 @車山への登り

車山への登り
 車山肩から焼く1時間で山頂に到着する。快晴無風の山頂で、文字通り360度の大展望を満喫する。昨日訪れた八島ヶ原湿原の彼方には一際真っ白な常念岳が眼を惹く。美ヶ原高原の左手には端正な双耳峰の鹿島槍ヶ岳まで遠望できる。

車山(1925m)山頂

八島ヶ原湿原 @車山

穂高連峰〜鹿島槍ヶ岳 @車山
 十分に展望を楽しんでから、車山スキー場を少し滑って鞍部「車山乗越」に至る。エッジの無いクロカンスキーで急なゲレンデ斜面を滑るのは難しく半数はスキーを担いで降りた。ここからは再びなだらかな雪原が続くのでクロカンスキーで快適に歩き回る。

車山乗越から蝶々深山に向かう

車山スキー場
 蝶々深山へは遊歩道通りの直登では辛く、大きくジグザグを斬りながら登る。登りの辛さは、降り(滑走)の楽しみで帳消し余りある。

蝶々深山(1836m)山頂

北アルプス @蝶々深山

蝶々深山から滑走(Tさん)

蝶々深山から滑走(Oさん)

蝶々深山から滑走(Yさん)

蝶々深山から滑走(Mさん)
 新雪を思い思いに滑る。見返すと幾筋ものシュプールが美しく?刻まれていた。

蝶々深山にシュプールを残し・・・

霧ヶ峰湿原遊歩道を行く
 霧ヶ峰湿原を右手に見ながら大きく迂回した遊歩道に沿ってコロボックル・ヒュッテに向かう。

「霧ヶ峰湿原植物群楽」案内板

車山 @コロボックル
 一汗かいてコテージに戻った我々を待っていたのは”よく冷えた搾りたての牛乳”、オーナーさんの差し入れだった。暖かいコテージの中で”乾杯!”、”美味い!!!”。

洒落たログコテージ「霧ヶ峰」

ログコテージ「霧ヶ峰」の居室
 帰路の楽しみは温泉とお蕎麦。温泉は徒歩で行ける「ホテルこわしみず」を利用する。700円と少々高めだが、すぐにサッパリしたいので割り切る。
 蕎麦はR153に新しく開店(昼神温泉から移転)した「勝縁」で初めていただく。外からは思いも寄らなかった洒落た造りのお店である。蕎麦は3人前しかなく、他の方は「そばがき」をいただいた。蕎麦は洒落たお店の造りに相応しい上品な食感であった。

そばがき @蕎麦「勝縁」

ざるそば @蕎麦「勝縁」
【感想】
 日曜日、快晴無風の好天気に恵まれて、素晴らしいクロカンスキーを楽しむことが出来ました。しかも快適なログコテージ(温泉付)で大満足なツアーとなりました。誰でも手軽に楽しめるお奨めのコースです。
 Topページ「アルプスの恋歌」へは、http://www.lares.dti.ne.jp/~k-hataをURL入力して戻って下さい。