霧ヶ峰(1925m) スノーハイク

◆ 山行記録

山行概要

報告概要  02年から初めて7回目の霧ヶ峰となる。実施時期は1月から3月まであるが、今回は十分な積雪を期待して2月中旬とした。しかしながら予想外の少ない雪に存分な雪遊びとは行かなかった。
山行日 2010年2月13(土)~14日(日)
富士山(3776m) @霧ヶ峰
天気 2/13(土) 曇り時々晴れ、中風、-3℃@車山
2/14(日) 晴れ,微風,-10℃@霧ヶ峰
行程概要 2/13(土) コテージ--車山(往復)     
2/14(日) コテージ--八島ヶ原湿原(周回)
装備 11kg(雪山ハイキング装備)
食料 行動食(2),夕食(1),朝食(1)
同行者 OAC会員(8人)
企画 雪原散策と銀嶺展望

行動記録

【2/13(土) 曇り時々晴れ、中風、-3℃@車山】
 王滝渓谷駐車場(543) =1:07= 道の駅「平谷」(650,658) =0:30= 飯田山本IC(728) =0:19= 駒ヶ岳SA(747,810) =0:35= 諏訪IC(845) =0:05= ローソン(850,858) =0:28= ログコテージ「霧ヶ峰」(926,1005) =0:06= 車山肩「コロボックル」駐車場(1011,1045) –0:47- 車山(1132,1255) -0:35- 車山肩「コロボックル」駐車場(1330,1340) =0:10= ログコテージ「霧ケ峰」(1355)TS1

 就寝(20:30)
【2/14(日) 晴れ,微風,-10℃@霧ヶ峰】
 起床(4:30)

 TS1(640) =0:02= 撮影(642,702) =0:15= 八島湿原駐車場(717,730) –0:50[撮影]- ヒュッテ「みさやま」(820,840) –0:10- 御射山(850,925) –0:07- ヒュッテ「みさやま」(932,941) –0:31- 鎌ヶ池キャンプ場(1012,1020) -1:20-八島湿原駐車場(1053,1100) –0:16- TS1(1115,1208) =0:26= 蕎麦「登美」(1234,1313) =0:19= 片倉館(1332,1447) =0:23= 諏訪IC(1514) =1:18= 恵那峡SA(1632,1656) =0:24= 土岐JCT(1720) =0:27= 豊田松平IC(1747) =0:05= 王滝渓谷駐車場(1752)

霧ヶ峰 行程図 (GPSの軌跡をプロットしてみました。一部データ抜けあり)
この画像は国土地理院発行の数値地図を使用して編集しました。


                            天気図   Yahoo!天気情報 過去の天気より転載 @松本

【2/13(土) 曇り,0.6/-2.8℃,ENE1m/s,0.0mm】

【2/14(日) 曇り,2.7/-5.0℃,NW1m/s,0.0mm】


◆ 山行資料

各種機関 (役場、医療、警察、消防、交通)

茅野市役所観光課 0266-72-2101 霧ケ峰スキー場 0266-53-1664
茅野市観光案内所 0266-72-2637 霧ケ峰温泉 0266-52-1983
諏訪警察署 0266-57-0110 千人風呂「片倉館」 0266-52-0604
諏訪市消防本部 0266-52-0119 そば 「登美」 0265-53-2318
諏訪市観光課 0266-52-4141 そば 「更科」 0266-52-1080
ログコテージ霧ケ峰 0266-54-0002 そば「河内屋」 0266-52-1142
アプローチメモ
ETC料金[割引] ・飯田山本~諏訪( 84.7km) ¥2,350 [休割¥1,000]
・諏訪~豊田松平(187.2km) ¥5,350 [休割¥1,000]
コンビニ ・ローソン諏訪普門寺店:0266-57-0273
駐車場 ・車山肩:10台
・沢渡(さわたり):駐車不可(例年は2台可)
・八島湿原:10台
トイレ ・観音橋の上(通年使用可)

◆ 日誌と写真

行動日誌

【2/13(土) 曇り時々晴れ、中風、-3℃@車山】

 周辺スキー場の積雪情報に注目し、週の半ばに降った雨の影響もなしと確信して出かけたのだが、予想外の積雪の少なさに驚いた。今季の積雪は昨年末の大量降雪で1月が最高、以降は暖かい日、雨の影響で減り続けていると言う。これだけ少ないと夏道(遊歩道)以外は歩けない。いや、歩いてはいけない!

 9時半、計画通りログコテージ「霧ヶ峰」に到着する。宿泊手続きをして、宿泊用の荷物を運び入れる。

ログコテージ「霧ヶ峰」の管理棟

ログコテージ「霧ヶ峰」の露天風呂
 ログコテージ「霧ヶ峰」に予約しておいたスノーシュー(¥1,000/2日)を積み込み、日帰り装備の軽装で車山肩まで車で移動する。

 車山肩の駐車場は広く除雪され10台程度は駐車できる。

車山肩の駐車場

スノーシューを履いて車山へ
 夏道(遊歩道)に従って登って行く。読図の練習とばかり、新人2人を含む若手4人に順番に先頭を歩いてもらい、現在地を地図で示して次の人と交代させる。

締まった雪で快適に歩ける

展望が無いのが残念・・・
 わずか登り50分ほどで山頂に至る。車山は360度の展望台だが、残念ながら周囲の山は雲に閉ざされている。建物の影で冷たい風を避けながら、新人2人がワーク練習としてぜんざいを作る。ホットなぜんざいで体が温まる。美味しい!

車山山頂のレーダー施設

全員で登頂記念 @車山(1925m)

車山(1925m)山頂の凍る祠

「車山」の標柱も氷柱と化す
 下山時、雲が切れて明日歩く八島ヶ原湿原が俯瞰できた。

時折青空が広がり

明日歩く八島ヶ原湿原が俯瞰できた
 14時、ログコテージ「霧ヶ峰」に戻る。宴会にはまだ早い。まずは、屋外でビーコンの操作訓練を行う。アナログとデジタルの特性の違い、使い勝手を確かめてもらう。

 16時、気象通報を聴いて天気図を付けてもらう。さて、できばえは・・・。放送終了後5分で完成できるよう習熟して貰いたいものだ。

ログコテージ「霧ヶ峰」の宿泊棟

ビーコン操作訓練(特性を確かめる)
 夜は薪ストーブで暖かい部屋で、美味しい料理に満足、美酒と”美声”に酔いしれる。

ちゃんこ鍋&キムチ鍋で満腹に・・・

新人の”美声”にうっとりする!?
【2/14(日) 晴れ,微風,-10℃@霧ヶ峰】

 ビーナスラインの分岐付近で朝の撮影タイムをとる。-10℃の寒さに耐えながらシャッターを切る。

富士山(3776m)

南アルプス

八ヶ岳連峰

穂高連峰
 今回は沢渡(さわたり)駐車場が除雪されておらず使用不可だったため、八島湿原の駐車場に向う。こちらは10台ほどの広さで除雪されていた。計画を八島ヶ原湿原からの周回に変更する。

八島湿原駐車場

八島湿原駐車場
 天気は上々であるが、透明度が低く、精悍な穂高連峰が優しく見える。

乗鞍岳(3025m)

前穂高岳、奥穂高岳、涸沢岳、北穂高岳

朝の八島ヶ湿原と車山(1925m)

こもれびの遊歩道
 霧氷、氷の華など自然美の観賞、撮影に時間が長くなり、蝶々深山までは諦めて、近くの御射山に登ることにする。

彩雲(虹色の雲)

霧氷

氷化した小枝が煌き

氷の華が咲く

ヒュッテ「みさやま」

観音橋上のトイレ
 御射山は比較的積雪が多く、しかも固く締まっていて、スノーシューなしで軽快に歩けた。山頂からは御嶽山から穂高連峰の展望が楽しめた。

御射山(1676m)山頂

全員集合!

中央アルプス

御嶽山(3067m)

乗鞍岳(3025m)

龍王岳、立山、針ノ木岳、剣岳
 ヒュッテ「みさやま」に戻り、鎌ヶ池キャンプ場(トイレ含め施設は利用不可)経由で八島湿原の駐車場に戻る。

タマちゃんの滑り @御射山

鎌ヶ池キャンプ場(冬季閉鎖)

八島ヶ原湿原
 【おまけ】

幸せ一杯の・・・

タマちゃん
【感想】
 車山、八島ヶ湿原は安心して雪遊びが楽しめる初心者にお奨めのスポットです。またログコテージ「霧ヶ峰」は割安で快適に泊まれます。
 Topページ「アルプスの恋歌」へは、http://www.lares.dti.ne.jp/~k-hataをURL入力して戻って下さい。