王ヶ頭(2034m)-美ヶ原スノーシューハイク-

◆ 山行記録

山行概要

報告
概要
 ちょっと贅沢ですが、美ヶ原高原ホテル泊で、美ヶ原の雪原歩きを楽しんできました。天候に恵まれて360度の大展望を満喫できました。
山行日 2011年3月5日(土)~6日(日)
鹿島槍ヶ岳(2889m)
天気 3/5(土) 快晴、微風、-5℃
3/6(日) 晴れ、強風、-3℃
コース
概要
美ヶ原高原ホテル--王ヶ頭・牛伏山(周回)
装備 12kg(雪山ハイキング装備)
食料 行動食(2),水(1L)
同行者 OAC会員4名(K.M,M.Y,H.F,H.M)
企画 雪原散策と銀嶺展望

行動記録

【3月5日(土) 晴れ、無風、2℃@岡崎;快晴、微風、-5℃@美ヶ原高原ホテル】

岡崎(427) =0:23= K.M宅(450,455) =0:15= 王滝PKG(510,530) =0:05= 豊田松平IC(535) =0:25= 土岐JCT(600) =0:58= 駒ヶ岳SA(658,728) =0:27= 岡谷JCT(755) =0:03= 岡谷IC(758) =0:27= 長和町役場和田庁舎(825) =0:25= 美ヶ原高原ホテル(850,950)TS1 –1:20- 王ヶ頭(1110,1255) –1:18- 美ヶ原高原美術館(1413,1500) =0:20= TS1(1520)

 就寝(20:00)

【3月6日(日) 晴れ、中風、-3℃@美ヶ原高原ホテル;晴れ、強風、-3℃@鹿伏山】
 起床(6:00)

 TS1(852) –0:23- 鹿伏山(915) –0:25- 牛伏山(940,945) –0:05- 美ヶ原高原美術館(950,1040) –0:20- 美ヶ原高原ホテル(1100,1130) =0:23= 長和町役場和田庁舎(1153) =0:03= 和田宿ふれあいの湯(1156,1302) =0:03= そば処「黒耀」(1305,1400) =0:23= 岡谷IC(1423) =1:11= 恵那峡SA(1534,1548) =0:18= 土岐JCT(1606) =0:24= 豊田松平IC(1630) =0:05= 王滝PKG(1635,1640) =0:15= K.M宅(1655) =0:38= 岡崎(1733)

美ヶ原行程図 (GPSの軌跡をプロットしてみました。一部データ抜けあり)
この画像は国土地理院発行の数値地図(地図画像)を使用して編集しました。
【1/2.5万 地形図】 山辺,和田   【1/20万 地勢図】 長野,高山


                            天気図   Yahoo!天気情報 過去の天気より転載 @松本

【衛星画像】

【3/5(土) 晴れ,12.3/-0.6℃,30%,NW4m/s,0.0mm】

【衛星画像】

【3/6(日) 晴れ,13.9/1.3℃,40%,N4m/s,0.0mm】

◆ 山行資料

各種機関 (役場、医療、警察、消防、交通)

長和町役場 0268-68-3111 健保岡谷塩嶺病院 0266-22-3595
和田庁舎 0268-88-2345 美ヶ原高原ホテル 0268-86-2011
上田警察署 0268-22-0110 王ヶ頭ホテル 0263-31-2751
和田駐在所 0268-88-2029 和田宿ふれあいの湯 0268-88-0001
諏訪広域消防本部 0266-21-1190 そば処「黒耀」(旧「とく田」) 0268-88-3166
 市立岡谷病院  0266-23-8000 信州そば漫遊 ←信州そば情報
アプローチメモ
ETC料金[割引] ・豊田IC~岡谷IC(180.8km): ¥5,200 [¥1,000]
コンビニ ・サークルK岡谷インター東店:0266-24-8048
・セブンイレブン今井店:0266-22-7007
・ローソン岡谷小萩三丁目店:0266-27-21651
 ※3店ともR20上にある。R20下諏訪岡谷バイパス上には無いので注意!
駐車場 ・美ヶ原高原ホテル:10台(無料) ※宿泊者のみ
 ※日帰りの場合は手前の山本小屋前に止める。10台(無料)
トイレ ・美ヶ原高原ホテル
・王ヶ頭ホテル
 ※営業中のホテル以外は利用不可
道路情報 ・県道178号(美ヶ原和田線)は通年通行可能
 ※積雪状況によっては4W車+タイヤチェーンが必要となる
長野県の冬の閉鎖道路(冬期閉鎖区間)
・新和田トンネル:¥600

◆ 日誌と写真

行動日誌

【3月5日(土) 快晴、微風、-5℃@美ヶ原高原ホテル】

 降雪、積雪状況によっては美ヶ原高原ホテルまで自力で行けない可能性がある。当日の朝8時、ホテルに最新状況を確認し、自力で行けると判断した。

 岡谷ICを下りてR20バイパス(下諏訪和田線)に入り、R142に合流する。なお、このバイパス上にはコンビニはない。R20本道には3店ある。

 和田宿に着くまで道路上には全く雪はない。県道178号に入り、十割蕎麦「とく田」が店を構えていた辺りを過ぎてから漸く雪道が現れてきた。昨日新たに積もった様子は無く、除雪された雪が融けて凍ったやや堅い雪面となっていた。4WDスタッドレスなので、速度を出し過ぎなければ少し滑る程度でカーブの多いジグザグ道を登って行く。標高1900m地点を過ぎ、なだらかになるとホッとする。

 8:50、美ヶ原高原ホテルに無事到着する。チェックインOKとのことで、荷物を部屋に運び入れる。スノーシューをレンタルし、雪原散歩に出発する。

美ヶ原高原ホテル

北側は一部雪に埋まっている
 快晴!雲一つない。風もなく絶好のスノーハイキング日和である。積雪量も思った以上にあり、純白の大雪原、どこでも歩けそうだ。遮るものの無い360度の大展望を楽しみながら行く。スノーシューの足取りが軽い。

王ヶ頭(2034m)

360度の大展望ゆえ視線はバラバラ

美しの塔

美ヶ原高原の成り立ち 拡大

「美ヶ原高原」案内図 拡大

王ヶ頭(2034m)
 11:10、王ヶ頭に到着、少し早いが昼食にする。3度目の美ヶ原だが、今回が天気、展望とも一番良い。北アルプスから後立山連峰、越後の山々、・・・と遠くまで見えている。

御岳神社

御嶽山を遥拝する

王ヶ頭(2034m)の山頂

王ヶ鼻(2008m) @王ヶ頭

風を避け陽だまりで寛ぐ

王ヶ頭ホテル
 明日は天気が下り坂の予報なので、今日のうちに美ヶ原高原美術館方面まで脚を伸ばす。大雪原を自由に歩き回る。

展望を楽しみながら大雪原を歩く

緩やかな起伏があるのみ

積雪十分で、どこでも歩ける

雪上セーリングを楽しむ人も・・・
 15:20、ホテルに帰着する。夕食前に温泉に入り温まる。夕食はジンギスカン鍋を中心に品数も十分ある。これで山小屋なみの料金なのだからお値打ちである。

 M.Yさんと若者たちは望遠鏡を借りて星見会をしていたようだ。

美ヶ原高原ホテルに戻る

王ヶ頭の夕暮れ

炬燵もストーブもTVも温泉もある

豪華な夕食(ジンギスカン鍋)
【3月6日(日) 晴れ、強風、-3℃@鹿伏山】

 午前中は大丈夫そうな天気、しかし、遠く富士山には既に笠雲が懸かっていた。鹿伏山、牛伏山、高原美術館と周回し、時間いっぱい雪原歩きと展望を満喫し、大満足で帰路に着く。

朝の情景

鹿伏山(1976m)にて

牛伏山(1990m)を目指す

穏やかな雪原散歩が・・・

突如、強風に曝される

軽い雪が風に舞う

雪の情景

雪の情景

牛伏山(1990m)にて

美ヶ原高原美術館(冬期閉鎖中)
【自然観察】
360度の大展望をご堪能さい。

蓼科山(2530m)、八ヶ岳連峰

蓼科山(2530m)

硫黄岳(2760m)、横岳(2829m)

赤岳(2899m)、阿弥陀岳(2805m)、権現岳(2715m)

編笠山(2524m)、富士山(3776m)

霧ヶ峰(1925m)

南アルプス

甲斐駒ヶ岳(2965m)、北岳(3192m)、間ノ岳(3189m)

中央アルプス

伊那前岳(2883m)、宝剣岳(2931m)、木曽駒ヶ岳(2956m)、手前は将棊頭山(2730m)

御嶽山(3063m)

御嶽山(3063m)

乗鞍岳(3025m)

乗鞍岳(3025m)

穂高連峰、南岳(3033m)、・・・、槍ヶ岳(3180m)

明神岳(2931m)、前穂高岳(3090m)、奥穂高岳(3190m)、涸沢岳(3110m)、北穂高岳(3106m)

穂高連峰、南岳(3033m)、中岳(3084m)、大喰岳(3101m)、槍ヶ岳(3180m)

大喰岳(3101m)、槍ヶ岳(3180m)、常念岳(2857m)

鬼岳(2750m)、龍王岳(2872m)、雄山(3003m)、針ノ木岳(2821m)、蓮華岳(2799m)、劒岳(2998m)、・・・
手前は武石峰(1972m)、美ヶ原牧場

雄山(3003m)、大汝山(3015m)、針ノ木岳(2821m)

蓮華岳(2799m)、劒岳(2998m)

後立山連峰

鹿島槍ヶ岳(2889m)

五龍岳(2814m)

鑓ヶ岳(2903m)、杓子岳(2812m)、白馬岳(2932m)

・・・、雨飾山(1963m)、・・・、火打山(2462m)

八方山(1685m)、黒鼻山(1800m)、東山(1849m)、中西山(1740.8m)、雨飾山(1963m)

金山(2245m)、乙妻山(2318m)、高妻山(2352m)

火打山(2462m)

根子岳(2207m)、四阿山(2354m)

黒斑山(2404m)、浅間山(2568m)
【感想】
 日帰りでも十分可能ですが、朝夕の景観と山上の展望温泉が楽しめるお泊りがお奨めです。天候にさえ恵まれれば誰でも安全に雪原歩きが楽しめる山です。
 Topページ「アルプスの恋歌」へは、http://www.lares.dti.ne.jp/~k-hataをURL入力して戻って下さい。